丸磯の「足跡」と「これから」を女子社員・丸磯こまちが紹介します

丸磯建設株式会社の「足跡」と「これから」を女子社員・丸磯こまちが紹介します

丸磯建設(株)は2018年に60周年を迎えました。
その丸磯の「足跡」と「これから」を女子社員・丸磯こまちが紹介します。

【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>

IMG_3724



西武秩父駅に到着!
想像以上に綺麗で趣のある駅です。
直結して「祭りの湯」という温泉施設もありましたが、今日はそこまで寄れるかな?







時間通りにレッドアロー号は西武秩父駅に到着しました。
10:00西武秩父駅前からレンタカーを借りてスタート!
折しも、秩父は花盛りの季節です。
桜はもちろん水仙や梅、レンギョウ等、ちょうど冬の終わりから春にかけての花が移り変わる季節のため、咲毀れる野の花々。
お天気も良く、暑くもなく、寒くもなく、まさにドライブ日和です。
4月下旬~5月の連休の時期になると羊山公園の芝桜が盛りを迎える時期になりますが、今回はまだ4月の初めだったためか、落ち着いた静かな秩父が私たちを迎えてくれました。

まず、ダムツアーの最初は「浦山ダム」を目指します!

西武秩父の駅から市街地を抜けて、15分程走ると浦山ダム入り口のふもとにでます。
三峰口に向かう道路から、左にそれて浦山ダムに向かって車は山道を登ります。
途中、右側に「時間があったら寄りたい!」と考えていた<橋立鍾乳洞>の看板を見つけ、
そこからまだ上に登っていきます。
一瞬間違えたか…と思った途端に、目の前がパッと開け浦山ダムと水資源機構の建物が現れました。

浦山ダム(チラシ吹きだし)
上記、赤枠のあたりに出ます。(写真は浦山ダム配布資料より)

<浦山ダム>
諸元 重力式コンクリートダム
ダム高さ:156m(国内第6位)
ダム堤長:372m
ダム体積:157万㎥
管理開始:1999年4月
施工方法:RCD工法・ベルトコンベア運搬
工事費:約1840億円(1999年当時)
管理者:(独)水資源機構 荒川ダム総合管理事務所
丸磯建設の60年史では、「1991年浦山ダム建設工事」と記載されています。

IMG_3733

いつも建物がたくさんある都会で生活していると、目の前に大きく広がる空間自体がとても新鮮です。
ダムは大きく、山も広がり、湖面も静かにゆったりとしています。
心地よい風が吹き、のどかに小鳥の鳴き声も響きます。
「とっても、気持ちいい!」
「ダム、いいかも!」
「気持ちがのびのびとしてくる!」
こまちを初めとして、一緒に来た仲間たちもみんな、実際のダムを目の当たりにして、そのスケールの大きさと広がりに感動。思い思いにダムの堤を歩きました。
そして、こまちは…

IMG_3731
駐車場から見た<防災資料館うららぴあ>

防災資料館うららぴあから、カレーの良い匂いがしてきました。
本来はダムカードをもらいに行くべきところですが、つい、カレーの匂いにつられて
<防災資料館うららぴあ>に行ってしまいました…

浦山ダムカレー(チラシ)
浦山ダム配布資料より

<浦山ダムカレー>
諸元 ダムタイプ:重力式ライスダム
ダムカレー高さ:約35mm(ハムカツ部まで)
ダムカレー堤長:約180mm(堤体白米部分)
ダムカレー重量:約200g(堤体白米部分)
提供開始:2014年10月(暫定提供9月)
料理方法:ハンドメイド【注文生産のため値にはバラツキがあります】
お値段:約750円(税込価格)
管理者:荒川商工会 さくら湖食堂

(<防災資料館うららぴあ>資料より…とても力が入っていることが感じられます!)

浦山ダムカレー詳細(チラシ)

これが、あの噂に聞くダムカレー…本物のダム同様、とても魅力的です。
でも、さすがにまだお昼には早く、おやつには重すぎる…ここは涙を呑んで、ダムカレーの誘惑を振り切りました。そのかわり、浦山ダムのスタンプをもらいました。
浦山ダム(スタンプ)
しっかり、浦山ダムカレーのスタンプが!

IMG_3734
すみません!こまちの写真の下手クソ加減が全開です…

IMG_3735
浦山ダム水環境改善事業(清水バイパス)の説明


IMG_3736
浦山ダムの概要

浦山ダムは4つの目的を持つ「多目的ダム」というダムだそうです。

①洪水調節:ダム地点の計画高水量毎秒1,000㎥のうち890㎥をダムで調節し、ダム下流域の洪水被害の軽減をはかっているそうです。

②水道用水:埼玉県(毎秒2,696㎥)、東京都(毎秒1,170㎥)、秩父市(毎秒0.237㎥)、の水道用水として、新たに毎秒4.1㎥の取水を可能にします(…とはいっても、あまりにも規模が大きすぎて、こまちには想像もつきません!)

③既得取水の安定化・河川環境の保全:
河川に必要な流量が不足している時にダムから水を補給する事によって、荒川沿岸の既得取水の安定化を図るそうです。また、水枯れをなくし、河野自然環境を守るとのこと。

④発電:ダムからの放流水を利用して、最大出力5,000KWの発電を行うそうです!

とはいえ、後日、こまちの部署のダム・マスター部長から
「ダムは計画自体が長いから、実際に出来上がって稼働し始める頃には下流の町の状況が違ったりする…という事が往々にしてあるんだよね。」と聞きました。
そうかあ。
計画から実際に生活に役立つようになるまで、長い年月とたくさんの人手がかかっていて、その重みや大きさがダムの雄大さに繋がっているのかもしれないなぁなんて、こまちは思いました。

そして、お待ちかねの浦山ダムのダムカードです!
管理事務所にて、配布されています。

浦山ダムカード(20周年)表
現在、配布されている通常型の表

浦山ダムカード(天皇陛下御在位三十周年記念)裏
通常型の裏

浦山ダムカード(天皇陛下御在位三十周年記念)表
天皇陛下(現・上皇様)御在位30周年記念バージョン:表

浦山ダムカード(20周年)裏
同バージョン:裏

管理人さんに「次はどこに行くの?」と聞かれ、
「合角ダムです!」と答えると…
「うーん、二瀬ダム回った方が近いと思うけど…」とアドバイスを受けました。
ですが、今回こまち達は「丸磯が工事に携わったダム」を訪ねて歩くので、
管理人さんのアドバイスは有難くいただくだけにして、今度は合角ダムへGO!

果たして、合角ダムでは何が待っているのでしょうか?!
少し浦山ダムカレーに後ろ髪をひかれながら、こまち達は車を出発させました…

【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー③<合角ダム!>に続きます。

【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー①<出発!>

みなさん、こんにちは!

今回、こまちは丸磯仲間と「秩父」に行ってきました!
秩父…といえば、<丸磯アニキ>の皆さんの脳裏にも胸にも、たくさんの思い出が蘇ると思います。
そうです!
丸磯が携わった秩父の3つのダム①「浦山ダム」、②「合角ダム」、③「滝沢ダム」を巡るツアーをしてきました。
ツアーのお目当ては丸磯のダムと美しい自然…とグルメ、そして憧れの「ダムカード」!
丸磯の3つのダムと二瀬ダムを併せた4つのダムを巡り、
ダムカードを4枚揃えると、二瀬ダム特製(お手製)金のダムカードがもらえます。
また今回は天皇陛下御在位三十周年記念という事で、特別ダムカードも配布されているとの情報が…。こまちのコレクター心に火がついて、栄えある「足跡を追いかけて」第一回目は「秩父」にGO!ということになりました。

秩父4ダムロマン

【こまち達の秩父3+1ダムツアープラン(予定)】

決行日:2019年4月7日(日) 天候:晴れ(午後:一時的に「狐の嫁入り」有り)

①西武池袋駅8:30出発の「レッドアローちちぶ7号」にて、西武秩父駅へ

②西武秩父駅9:52到着、駅前からレンタカーにて移動

③10:20頃 浦山ダム

④11:00頃 合角ダム~移動中にランチ

⑤13:00頃 滝沢ダム 

⑥13:30頃 二瀬ダム

⑦14:00頃 橋立鍾乳洞

⑧15:00西武秩父駅到着 レンタカー返却

⑨15:25発 「レッドアローちちぶ32号」にて帰路へ

⑩16:47西武池袋駅到着

IMG_3719





























こまちの乗った従来型レッドアロー号です!
レッドアロー号の新型車両Laviewは休日の運行時間が限られていて、今回のスケジュールとは合いませんでした、残念!…皆さんが行く時には、確認してみてくださいね。
いざ!ダムツアーへ出発です!

【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>に続きます。







【Our awesome team】The First Lady Engineer of Maruiso Construction Co., Ltd

大事なヘルメット


The First Lady Engineer of Maruiso Construction Co., Ltd

CAD – Engineer

Thiri Aung

Born in Myanmar, she came to Japan in October 2016 and since then, she has been working as a temporary employee in Maruiso Construction Co., Ltd till October, 2018 and engaged in ICT work as a permanent employee from November, 2018.

 

<Question & Answer>

Q. As you are the first lady engineer in our company, may I know the current feeling?

A. As an engineer, I am enjoying everyday making drawings, doing GNSS survey on site and occasionally going training.

 

Q. What was the impression of coming Maruiso Construction Co., Ltd?

A. The impression was that the latest technology called ICT(i-construction) is used in Maruiso Construction Co., Ltd.

 

Q. What is an impression event when you came to company?

A. There is no discrimination to foreigners, I can feel like a family and I can be answered kindly even if I aska question many times about work.

Q. Did you have any troubles during work?

A. Although I can speak ordinary conversation well, the technical term was difficult for me.

Originally, since I have no experience in earth work, the drawings were difficult to understand.

 

Q. When is the most enjoyable time at work?

A. By the time I was encouraged by my superior that `You can do it, if you are Thiri` when I am doing my best to create a 3D drawing and a drawing what I saw on a computer can be seen on the actual site.

 

Q. What would you like to do in your near future?

A. I would like to be more skillful in 3D CAD Software and ICT (i-construction) and I would like to use my experience efficiently in our mother country as a Maruiso`s employee.

 

<A word from Superior>
She is doing her best earnestly with understanding the Japanese language well and excellent adaptability and she is also passing the days happily with the lady employees in the company.

Also, as a mood maker in the department, she can make us energetic because we see her trying hard.

I want her to be doing well as a representative lady engineer of Maruiso Construction Co., Ltd.




ギャラリー
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー②<浦山ダム!>
プロフィール

丸磯こまち

女子社員から見た丸磯の歴史<足跡>、未来への取組み<これから>を紹介する大役を仰せつかりました。これから丸磯のステキなところをどんどん発信していきます!