丸磯の「足跡」と「これから」を女子社員・丸磯こまちが紹介します

丸磯建設株式会社の「足跡」と「これから」を女子社員・丸磯こまちが紹介します

丸磯建設(株)は2018年に60周年を迎えました。
その丸磯の「足跡」と「これから」を女子社員・丸磯こまちが紹介します。

【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>

皆様、こんにちは!
前回の切迫した状況の続きです。

焦りながら、車を走らせ、何とかレンタカーを返却する時間の15:00に滑り込みました!
後は、お土産を買って帰るだけです。

ひょっこりふたり
秩父名物みそポテトの顔はめパネルで楽しむこまち達(イラストにイラストではあまりインパクトがありませんね、残念!)

IMG_3770

今日ゲットしたダムカードは8枚です。(ひー、こまちの写真ヘタクソ!)

IMG_3766 (2)

お土産その① お子様に大受けだったとのこと。お子様じゃなくても美味しそう!

IMG_3767 (2)
 
お土産その②これ、とっても美味しかったです!

IMG_3771 (2)

お土産その③ 秩父と言えばお芋、という事でお芋のお土産を選びました。これもなかなか美味しかったです。

ウイスキー ※入荷状況によって品切れの場合がございます。

(買えなかったけど)お土産番外編①イチローズモルトウィスキー
憧れのイチローズモルトでしたが、在庫がなくて残念。

秩父もちロール

(買えなかったけど)お土産番外編②ちちぶ餅ロール
冷凍になってて、食べ損ね、買い損ねてしまいました。ああ、残念!とっても美味しそうでした。最初から知っていたら、往きに買って解凍しながらツアーを巡り、帰りの電車で食べることが出来たのに…(´Д⊂グスン

たんまり、そして時間ぎりぎりまでお土産を買いまくり、こまち達は帰りの15:25発レッドアロー号に滑り込みました!はぁ、セーフ!
レッドアロー号の中で楽しかった思い出を話しているうちに、16:47西武池袋駅に到着!
いってきまーす
皆さん、お疲れ様でした!

<ご参考>

今回、秩父のダムツアーに行くにあたり、同行の先輩方に「どこに行ってみたいか」の意見を聞いていました。
ご参考までにご披露します。

①橋立鍾乳洞(〒369-1872 埼玉県秩父市上影森677)…ここは⑦で報告しました!
料金 200円 所要時間10~15分 
http://www1.plala.or.jp/CUE/cave_hasidate.html


②不二洞鍾乳洞(〒370-1614 群馬県多野郡上野村川和655)
料金 800円 所要時間40分
http://uenomura-tabi.com/top/fjujido/
場所は合角ダムに近く、かなり大きな本格的な鍾乳洞のようです。今回はコースの中に組み込めずあきらめました。

③道の駅(〒369-1901 埼玉県秩父市大滝4277-2)…ここもダムカレー編でご報告済み。
大滝温泉 700円
歴史民俗資料館 200円 60分
http://www.ootakionsen.co.jp/guide/index.html

④滝沢ダムループ橋を一周…滝沢ダム編でご紹介しましたね!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B7%E9%9B%BB%E5%BB%BF%E5%85%AD%E6%9C%A8%E6%A9%8B

⑤阿佐美冷蔵 かき氷 (〒369-1621 埼玉県秩父郡皆野町大字金崎27-1)ああ、行きたかった…憧れのかき氷
https://fun-chichibu.com/988/

⑥お豆ふ処 うめだ屋 (〒368-0046 埼玉県 秩父郡長瀞町長瀞268)ここも行きたかった…
https://www.umedatofu.com/

⑦十割そば専門店 手打ち十割さらしな蕎麦切り みやび庵 えへへ、ここのお蕎麦はこまちのおススメです!
(〒368-0034 埼玉県秩父市日野田町2-6-24)
https://chichibu-soba.jimdo.com/

⑧オーガニック・イタリアン cucina salve(クチーナ サルヴェ)ここも行ってみたいです!
(〒368-0041 埼玉県秩父市番場町17-14)
http://www.salvagest.jp/

⑨ベンチャーウイスキー秩父蒸留所(〒368-0067 埼玉県秩父市みどりが丘49)
残念ながら通常は一般公開していませんが、年に1回「秩父ウイスキー祭り」の時には見学ツアーを開催。
http://whiskymag.jp/chichibu_j/

⑩芝桜のお花畑>羊山公園(〒368-0023 埼玉県秩父市大宮6360)
芝桜には一週間早かったです…残念!2019年は4/12-5/6が「芝桜まつり」でした。
https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1808/

もっともっと、見どころはたくさんあります。
もちろん、秩父と言えば関東一番のパワースポット「三峰神社」を外すわけにはいきません。
また国道140号線を走り、県をこえて山梨県に入ると「ほったらかし温泉」にも行けます。
季節によっても、見どころが変わっていきます。
こまちも秋のダムを見に行きたいなと思っています。
みなさんが行かれるときは、ぜひ、ゆっくりと時間に余裕を持って、楽しんできてくださいね。

こまち達の「秩父3+1ダムツアー」も、いよいよ終わりです。
皆様、お付き合いくださいましてありがとうございました。
次はどのダムに行くのかな?
楽しみにしていてくださいね!

【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑦<秩父観光・橋立鍾乳洞探検>

さあ、お待ちかねの観光編です。
(ボス、ミッションにやっとたどり着きました…)

二瀬ダムから、国道140号線をずっと下って、こまち達は秩父の街へと向かいます。
次にこまち達が目指すのは、「橋立鍾乳洞」です。

橋立鍾乳洞の場所は、本日、一番最初に行った浦山ダムのそばにあります。
行きの道のりの中で、「あ、ここ!」と場所は確認していたので、気持ちに余裕を持って、こまちも運転出来ました。
いろいろと秩父ダムツアーで行きたいところがあったのですが、日帰りand4ダムカードコンプリートという第一目標を果たすためには、なかなか他のお楽しみは難しいという結論に達しました。
その中で辛うじて実現できそうなところという事で、今回は「橋立鍾乳洞」に行ってみることにしました。

浦山ダムへ続く道まで戻って、山の中を走り、「橋立鍾乳洞P」と書いてある看板に従って車を進め、こまち達は無事に駐車場へと辿り着きました。

で、す、が…ここからが想像していなかったくらい、遠かった…
橋立鍾乳洞→と書いてあった看板の道を歩いて行ったのですが…。
途中で道を間違えたんじゃないかと思って何度も確認したくらい、どんどん不安な気持ちになっていきます。
おまけにたっぷりあると思っていた電車までの時間が、少しずつ危険ゾーンに入っていきます。
アップダウンの激しい道を歩き、どうも「ここ」らしいと覗き込んだら。

IMG_3762
切り立った崖の下にある秩父34札所28番石龍山橋立堂 鍾乳洞の入り口はこのすぐ目の前に。

そこに秩父34札所28番石龍山橋立堂はありました。
橋立鍾乳洞はその敷地内にあり、埼玉県の天然記念物に指定されているそうです。
埼玉県の鍾乳洞では観光できる唯一のところでもあるそうです。
秩父の武甲山は石灰で有名ですが、橋立鍾乳洞は武甲山のふもとにあり、その石灰岩が水に溶かされてできたものとのこと。


石龍山橋立堂手前右手にあった素敵なカフェ。もう足がクタクタで鍾乳洞より、こっちが気になる…
このカフェの正体は、世界最高峰のカップオブエクセレンスコーヒーとアイスクリームが絶品の「JURIN'S GEO(ジュリンズジオ)」でした。
https://jurinsgeo.jimdo.com/


とはいえ、初志貫徹!いざ、橋立鍾乳洞へ!

IMG_3763

一休さんが立ってる⁈

橋立鍾乳洞入場券

入場料は一人200円、所要時間は10~15分。
小さい鍾乳洞なんだなぁ…と思いつつ、鍾乳洞の入り口に向かって降りて(!)行きます。
さっきのこまち達の坂道を上った努力は何だったの⁈と、つい叫んでしまいそうになるのを耐えながら歩きます。
そして、もう一つ、微妙に気になることが。
こまち達の頭の上の方から、人が歩いてくる気配がします。
これは一体…。
嫌な予感が、少し、する…。

橋立鍾乳洞の入り口は「人が一人通れるくらい」を具現化したしたもので、クマのプーさんのウサギの穴を彷彿とさせました。
なんとかかんとか鍾乳洞に入り込み、身体をよじりながら、手を使って前に進みました。
そして、嫌な予感は的中します。
途中から、上に向かって梯子がかかっています。
ひたすら梯子。とにかく梯子。周囲を見る余裕もなく、梯子を登り続けます。
こまちは北岳の梯子を登った時を思い出しました。
あの時のショックに勝るとも劣らないなあ…。
やっと光が射して来て、出口に到着しました。
ホッと一息して、ゆっくりと周囲を見回すと、足元から人の声がしてきます。
鍾乳洞の入り口に向かっていた時に感じていた人の気配は、これだったのか。
確かに鍾乳洞内滞在時間は短いです。
途中からはひたすら上ることに専念してしまうので、ゆっくりする余裕がなくなってしまうのです。
苦労した割にはあっけなく終わってしまった洞窟探検でした。
楽しかった、面白かった…というよりは、一度体験してみたら良いかもしれません、という感じです。
どちらかというと、入り口のそばにあった素敵なカフェをお勧めします…。

アップダウンの坂道を歩き、鍾乳洞を登り、こまち達の疲労度はMAXでしたが、
素敵なカフェで休む時間はもう残っておらず(´;ω;`)、ここからは一路、西武秩父駅に戻ります。

【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>に続きます。


【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑥<二瀬ダム>

秩父4ダム巡りツアーも、3つを終わっていよいよ大詰め。
「二瀬(ふたせ)ダム」に向かいます。

滝沢ダムを後にして、また、くるくるとループ橋を下り、国道140号に戻ります。
中津川に沿って、もと来た道を辿りながら、行きのT字路のところまで来たら、今度は荒川に沿って車を走らせます。

「二瀬ダム」は、こまちが三峰神社に行く時にいつも渡っているダムです。
場所もしっかりとわかっているし、本日最後のダムということで、握るハンドルも今までより軽く感じます。

IMG_3760
4つのゲートを持つ二瀬ダム

<二瀬ダム>
ダム諸元
形式  重力式アーチコンクリートダム
河川名:荒川水系荒川
堤  高:95.0m
堤頂長:288.5m
総貯水量:2,690万㎥
ゲート:クレストゲート×4門、コンジットゲート×2門、ハウエルバンガーバルブ×1門
管理者:国土交通省
本体着工/完成年: 1954/1961年

実は二瀬ダムは、4つのダムの中では丸磯がかかわっていないダムなのです。
ブログのタイトルが「秩父3+1」となっているこれが理由です。

4つのダムのうちで一番歴史が古く、型式も「重力式アーチコンクリートダム」と言います。
「重力式アーチコンクリートダム」は、「アーチダム」と「重力式コンクリートダム」の「いいとこどり」なんだそうです。
水の力をダムの両側や底の岩盤に分散させて、かつ、ダムの自重で支える構造なんだそうです。
今回、「秩父の4ダムを巡ります」と丸磯アニキ達に伝えると、「二瀬ダム、いいんだよね…」とお話して下さる丸磯アニキが複数いらっしゃいました。
日本には約3,000のダムがあるとの事ですが、重力式アーチコンクリートダムは日本に12基しかありません。
なんと、水の力で両側の岩盤が伸びたり縮んだりするとのこと。
「こうね、ぐぐぐっと、岩盤が圧されて、伸び縮みするんだよね…」と、ひとりの丸磯アニキはボディランゲージも駆使して、こまち達に説明してくれました。
それだけでも自然の力の凄さ(と、ダム愛)がわかります。
こまちは、ただただびっくりです!
岩盤が伸び縮みするなんて、想像したこともありませんでした。
ただ固いだけでなく、柔軟に対応する岩盤というのも凄い事だと思いましたが、一方、柔軟であればあるほど、そこに構造物を設置しようと考えた時に、その柔軟さを考慮して計画しなければならないですよね。
今までだって簡単に作っているとは思っていませんでしたが、改めて、いろいろな事に思いを巡らせて作られているものなんだと思いました。
工事に携わっている皆さん、すごいです。
もちろん、これはダムだけでなく、トンネルや高速道路等、他の構造物でも一緒なんだと思います。

ピースの窓顔はめパネルでポーズ!

さあ、いよいよ最後のダムカードを貰いに二瀬ダム管理事務所へ!
まずは1枚目。

二瀬ダムカード(ノーマル)(表)Ver.1.1(2012.03)

二瀬ダムの通常バージョン(表)です。
<右上>
F…治水(ダムの下流の町を洪水から守る)
N…不特定用水(既得取水の安定化、河川保全用水の確保)
P…発電(発電用水)
<右下>
G…重力式コンクリートダム
A…アーチダム

二瀬ダムカード(ノーマル)(裏)

二瀬ダムの通常バージョン(裏)です。
次は天皇(現・上皇)陛下御在位30年記念バージョンです。

二瀬ダムカード(御在位30年記念 表)

次は天皇(現・上皇)陛下御在位30年記念バージョンの裏。

二瀬ダムカード(御在位30年記念 裏)

そして、本日、頑張った甲斐があって二瀬ダムオリジナル手作りダムカードです。

二瀬ダムカード(オリジナル 表)

同じく裏面です。

二瀬ダムカード(オリジナル 裏)三枚とも裏面は同じなんですね…

やったー!
これで秩父4ダムカードはコンプリートです。
こまち達が「やったー!やったー!」と喜んでいたら、
「良ければアンケートも書いてって」とアンケート用紙を渡されました。
アンケートには「ダムとダムの効用を一般の方々に広めるにはどうしたら良いか」についての質問が並んでいました。
みんなダムをプロモーションするのに努力しているんだと思いつつ、こまちもそんなにダムについて意識して暮らしていたわけではありません。
回答するのは難しいなぁと、こまちは悩みながら答えていきました。

ダムという存在は、こまちにとってあまりにも非日常的です。
目の当たりにすると大きさも、歴史にも圧倒されるものがありますが、日常的に恩恵を被っている割には、日々の暮らしとはかけ離れています。
こまちは丸磯建設に勤務したから「ダム」という言葉と日々接していますが、勤務する前はテレビのニュースや新聞でしか知らなかったなぁなんて思いました。

アンケートを書き終わって、管理人さんに用紙を渡すと
「お姉さんたち、ダム巡りしてるの?」と、物珍しそうに質問されました。
「私たち、会社が建設にかかわったダムを巡っているんです…でも、実は二瀬ダムはかかわっていないんですけど。浦山、合角、滝沢ダムはうちの会社が建設に深くかかわってます!」(エッヘン<(`^´)>)
「あー、そうなんだー!
私はね、滝沢ダムの建設の時に、水没した地元の代表のひとりだったんですよ。
あの時はいろいろあったけどね~・・・。滝沢ダムの公園は行った?」
「車で上まで上がってしまったので公園には立ってませんけど、走りながら立派な公園があるのは見ました。」
「あれはね、要望を出して作ってもらったんですよ。」
管理人さんは昔のことを思い出しているかのように、しみじみとお話してくれました。
実際に滝沢ダムの建設の時に関わった地元の方と思いがけずお話が出来て、それも滝沢ダムで見た水没の碑に因んだ思い出話を伺うことができ、充実した気分になりました。

さあ、本日の目標「4ダムカードGET!」は達成しました。
そして、予定通り順調に進んだので、帰りの電車の時間まであと1時間あります。
ここからは、本日のサブテーマ(こちらが本流というお話もありますが)「観光」にLet's Go!
こまち達は4ダムカードを胸に、意気揚々と山道を降りて行きました。

【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑦<秩父観光・美味しいものとお土産情報>に続きます。


ギャラリー
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑧<秩父観光・美味しいものとお土産情報>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑦<秩父観光・橋立鍾乳洞探検>
  • 【足跡を追いかけて】秩父3+1ダムツアー⑦<秩父観光・橋立鍾乳洞探検>
プロフィール

丸磯こまち

女子社員から見た丸磯の歴史<足跡>、未来への取組み<これから>を紹介する大役を仰せつかりました。これから丸磯のステキなところをどんどん発信していきます!

QRコード
QRコード