玄米/ゲンマイ/げんまい
食物繊維、糖質、ビタミン類、ミネラル類、タンパク質、必須アミノ酸
【生活習慣病予防、便秘改善、整腸作用、美肌効果、老化防止、疲労回復、ガン予防、ダイエット】
玄米
ゲンマイ(玄米)は、
稲から収穫(脱穀)された籾(もみ)つき玄米から、
籾殻(もみがら)を取り除いた精白されていない状態の米を指します。
 
玄米は、果皮、種皮、糠粉層、胚芽、胚乳と
5つの部分からなっており、
私たちが食べている白米は胚乳の部分です。

米は精米の度合いにより玄米(籾殻を除いたもの)
胚芽米(糠を除き胚芽を80%以上残したもの)
白米(糠と胚芽を完全に除いたもの)に分けられます。
栄養成分の殆どは、外皮、ぬか、胚芽にあるので
玄米に近いほど栄養価が高いことになります。


玄米2
玄米は白米に比べて、ビタミンB1が約5倍、
ビタミンEと食物繊維が約6倍も含まれています。
またタンパク質や必須アミノ酸、ミネラルがバランスよく含まれおり、
味は白米より劣りますが、栄養価の高いヘルシーな食材です。
 
最近人気のある「発芽玄米」は、玄米が0.5から1mm芽を出したもので
発芽させることで酵素が一斉に活性化し、
玄米の成分たんぱく質、ミネラル、食物繊維などが増えます。


以上の画像は「maruk.jp」で高解像度画像をお買い求めいただけます。
「生鮮の素」Vol.3 「ヘルシー素材図鑑」1 「食材の旅」1、5、7、10 「販売促進の素」食販促A、B  「食彩感」1