2012年11月28日

えびす講

こんにちは、サツキです。

11月20日は「えびす講」ということで、
22日の木曜日、大工の林さんが「鯉こく」を作ってくれました。
毎年この時期に、大鍋いっぱいに作ってくれるのです。
朝から休憩室のストーブの上でことこと煮込んだ鯉こくは、
骨までやわらかくて、とってもおいしかったです!
ちょうどこの日の夕方、打合せに来ていただいていたお客様にも、
召し上がっていただきました。

鯉こく

家を作るだけじゃなく、調理師の経験もある林さん、
デキル男って感じでかっこいいです(^^)
ご相伴にあずかっているみんなの写真も撮ったのですが、
みんなすっかりデキ上がってたので、掲載は控えておきます…(笑)

この辺りには、えびす講に鯉料理を食べる風習があります。
(ちょっとだけ調べてみたのですが、この辺りだけみたい?)
えびす講に鯉を食べると、風邪をひかないで健康に過ごせるのだとか。
たしかに、鯉は栄養満点みたいだし、体もあったまります。
でも商売の神様「えびす様」を祀る日なのに、ちょっと不思議ですね~。

おいしい鯉こくで栄養をたくさんつけたので、
今年の冬もスタッフ一同、元気に頑張ります!



2012年11月07日

ドライブの秋

こんにちは、サツキです。
11月も7日になりましたが、今月は「エコドライブ推進月間」だそうです。
皆さんご存知でしたか?

行楽シーズンでドライブの機会の多くなる11月、地球とお財布にやさしい運転を心がけよう、
ということで、環境省などが推進運動をしています。
ひとつひとつは小さなことでも、みんなが実践すれば、後々大きな差となって現れることと思います(^^)

panfu

さて、まずはこのように意識してコントロールするのが大切ですが、
もっと手っ取り早いエコドライブの方法があります。
電気自動車に乗り換えることです。
「簡単に言うなヽ(`Д´)/」と怒られそうですね
私の車もガソリン車なのですが、社長の車が、電気自動車っぽくなりました。
 
 P1070542

トヨタのハイブリッドカー「プリウス」です。
「前からそうだよね?」とお思いの方もいるかも知れませんが、
「ただのプリウス」から、「プリウスPHV」に乗り換えたのです。
「プラグイン・ハイブリッド」というそうで、自宅での充電が可能になり、
ガソリンも使いますが、使用量は以前よりぐーんと少なくなったみたいです。
環境にも以前よりぐーんとやさしくなりました。
 (ちなみに「ただのプリウス」の方は、母が引き継ぎました)

P1070543
車体にもさりげないアピール

自宅で充電…。
なんか大げさな充電設備をこさえなきゃならないのかしら、と思っていたら、そうでもありませんでした。
EVやPHEVの充電用のプラグは、ちょっと特別な形をしていますが、
それに合わせたコンセントさえ付けてしまえばOKみたいです。 

 img_03,34

↑ こういうのかな、と思いましたが、実際に付いたのは、こんなのでした ↓

 P1070536

あんまり「未来」っぽくない…。

既存の電源から線をひっぱり、専用のコンセントを付けました(上部の白いところ)。
そこに充電ケーブルを繋いで、車を充電するというわけです。

P1070539

自宅なのでこんな感じですが、お客様のお宅となればカッコよく施工させていただきますので、
電気自動車をご検討中の皆様はご安心くださいね(^^;) 

 


2012年09月05日

昔の写真

マルコホームのウェブサイトを、また最近、ちまちまと更新しています。

サイト内の「マルコホームについて」というページの中で、
「マルコホームのおはなし」として、丸川屋工務店の創業について触れているのですが、
ここに創業者の写真を載せたいな、と先週思い立って、
創業者の妻(私のおばあちゃんです)に、写真を貸してもらうことにしました。

「人生」という重々しいタイトルのついた、分厚いアルバムをめくっていると、
昭和50年頃の上棟の写真が出てきました。
サイトに載せてないものをこちらで紹介します。

昔の建前1

昔の建前2

今よりずっと頼りないクレーンで資材を持ち上げ、
今よりずっと大勢の大工さんが作業をしていました。
下の写真は、昼食の様子だそうです。

機械も技術も進歩して、作業人数は以前より少なくなりましたが、
大工さんたちが手際よく動き回る様は、今私が見てもかっこいいなーと思います。
いくら機械が進歩しても、家づくりには、やっぱり人の技術が必要なんですよね。

そういえば巷では「ニセ一級建築士さんが何人も見つかった」なんて
ニュースになっていますが、マルコホームの技術屋さんは一級建築士をはじめ、
資格詐称してる人は一人もいませんので、どうぞご安心ください(笑)

それでは最後に、若かりし頃の社長の写真をお楽しみください。

社長