マルキチ薬局のブログ

元気とキレイを応援するマルキチ薬局のブログです。 アロマ、漢方薬、薬、サプリメント、スキンケア、メーク・・・・・ 様々な方法で、美しさと健康を追求します

庭のハーブを使いこなそう〜ハーブソルト〜


岳南朝日新聞に書かせてせていただいておりますコラムをブログをご覧の皆様にもお届けします


★キッチン編★
〜乾燥させて粉にしてみよう〜  
ハーブソルト

 

中学生のころ、サイモンとガーファンクルというアメリカのアーティストが大好きでした。おこずかいをためて生まれて初めて買ったレコードに、「スカボロフェア」という曲がありました。歌詞の中に呪文のように流れる英語を、訳もわからず口ずさんでいました。「Are you going to Scaborough Fair パセリ、セージ、ローズマリー&タイム」こんな歌詞でした。思い返すと、それが私とハーブを繋ぐ最初のきっかけだったように思います。

主婦になりハーブを使うようになって、どんなハーブがどんな料理に合うのだろうかと考える時、とりあえずこれらの4種類を使えば間違いのないことに気が付き、我が家の庭にも一番初めに植えました。パセリとバジルは一年草なので冬には枯れてしまいますが、残りのローズマリーとタイムは今もずっと楽しませてもらっています。

スープを仕込む時に、ハサミを持って庭のローズマリーとセージを一枝、ローレルの葉を一枚切り、それを鍋にいれコトコト煮こむ、そんなひと手間が体にも心にも栄養を与えてくれる気がします。

今回は、庭にハーブを取りに行かなくても手軽に食卓で利用できるように、ハーブを乾燥して粉末にするという方法をご紹介します。

 
2

《ハーブソルト》

用意するもの:お好みの乾燥ハーブ(ローズマリー、バジル、タイム、オレガノなど)、 塩

作り方:ミルサーで乾燥ハーブを粉末にし、塩とざっくり混ぜる。

私流:ミルサーの変わりにすり鉢を使います。手間はかかりますが、ゴリゴリ潰している時にハーブの香りがはじけ、それだけでも幸せになります。私の定番レシピはローズマリー大さじ1、タイム、バジル、オレガノ、ドライガーリック各小さじ1。それらを一種類ずつすり鉢で粉末にします。粉末になったハーブに塩大さじ3、ペッパーパウダーを適量混ぜます。ペッパーパウダーはむせないように気をつけて必ず最後に混ぜてください。

また使用する塩の種類によっても味の違いが楽しめます。岩塩、海の塩など自分好みのハーブソルトを追求してみてください。

使い方:チキン、ビーフ、ポーク、魚などを焼くときの味付けに使えば手軽に美味しい香

草焼きが出来ます。また、パスタ、シチュー、スープ、ピッツァ、などの洋風料理の他、

私はおにぎりや冷ややっこ、天ぷらなどの和食の時にもとても重宝しています。

 


庭のハーブを使いこなそう◆船蓮璽屮凜ネガー・ハーブオイル〜

岳南朝日新聞に書かせてせていただいておりますコラムをブログをご覧の皆様にもお届けします

★キッチン編★

〜漬け込んでみよう〜  
ハーブビネガー・ハーブオイル
 

私達が食物を食べて体に中で血液やホルモンなどを作り出すように、植物は土の中の養分と水分そして太陽の光を受けて、その体の中に多くの成分を作り出しています。

彼らはどんなに過酷な状況でも、生き延びるために必要な成分を一生懸命に作りためています。私達が植物(野菜)を食べるという事は、それらの成分をいただくという事なので、大切に、そして植物に感謝していただかなくてはいけないと常々思います。

今回は、そのありがたい植物の作り出した成分を、油に溶ける(水に溶けない)成分と、水に溶ける(油に溶けない)成分の二つに分けて考えてみます。

油に溶ける成分には、精油(香り)、ビタミンADEなどがあり、水に溶ける成分には、フラボノイド、ポリフェノール、ビタミンBCなどがあります。

昔から、植物をオイル漬けや焼酎漬けにしたり、水で煎じて漢方薬にしたり、鍋でコトコト煮てお料理に使ったりする方法は、植物の成分を油や水の中に溶かして、私達が栄養として上手に取り入れるための知恵なのですね。

 
2017-07-31-17-13-21

《ハーブオイル》油に溶ける成分が楽しめます

用意するもの:オリーブオイル、乾燥させた庭のハーブ(セージ、ローズマリー、タイム、バジルなど)

作り方:オイルに適量のハーブを入れ、毎日振り混ぜます。12週間ほどで香り高いハーブオイルになります。

私流:100ml位のオリーブオイルの瓶にローズマリー、バジル、鷹の爪、乾燥ガーリックを漬け込んでおきます。カラフルで見た目もとても可愛らしく、サラダやパン、スープ、ソテーしたお肉やお魚に直接かけるだけで、オシャレなレストランの味と香りが楽しめます。オリーブオイルの変わりにごま油、乾燥ハーブの変わりに乾燥生姜、乾燥ニンニク、八角、山椒、鷹の爪などを使えば中華風のオイルになります。

 

《ハーブヴィネガー》水に溶ける成分が楽しめます。

用意するもの:酢、摘みたて又は乾燥ハーブ(セージ、ローズマリー、タイムなど)

作り方:ハーブオイルと同じ

私流:酢はワインビネガーやリンゴ酢などその時の気分で選びます。サラダにかけたり、マヨネーズを作ったりとお料理に使うのはもちろんですが、ハーブヴィネガーに蜂蜜を入れ水やお湯で割ったヴィネガードリンクもとても美味しいです。

 

 

庭のハーブを使いこなそう  船蓮璽屮宗璽察璽検

岳南朝日新聞に書かせていただいておりますコラムをブログをご覧の皆様にもお届けします


庭のハーブを使いこなそう ★キッチン編★
混ぜ込んでみよう 〜ハーブチーズ・ハーブソーセージ

  

ハーブを育てた事がありますか?

我が家の、庭ともいえないほどの小さな土に色々なハーブを植えてみた事があります。元来家主はズボラな性格なので手入れもされず、そのほとんどが土に帰ってしまったかわいそうなハーブ達でしたが、その中でもたくましく雑草とともに生き残っているハーブ達がいます。ローズマリー、コモンセージ、タイム、レモンバーム、ラベンダー、ゼラニウムといった西洋のハーブ、そして季節になると勝手に顔を出すスギナ、どくだみ、オオバコなどの日本のハーブ(雑草?)

そんなハーブ達を毎日の生活に取り入れてみませんか?これから数回に分けて庭のハーブの使いこなし方を紹介していきます。

今回はズボラ主婦の私がいつも作っている「簡単ハーブ料理レシピ」です。出来上がりはもちろんですが、お料理をしている最中もハーブのはじける香りに包まれ、とってもいい気分になりますよ。

 image

《ハーブチーズ》《ハーブバター》

用意するもの:クリームチーズまたはバター、庭のハーブ(セージ、ローズマリー、パセリ、タイムなど)

作り方:摘みたてのハーブを出来るだけ細かくみじん切りにし、クリームチーズまたは室温に戻したバターに適量混ぜ、よく練る。

キャンディのようにひと口大の大きさにまるめ、そのままいただいても、バゲットやクラッカーにつけていただいてもとても美味しいですよ。摘みたてハーブの場合は冷蔵庫で 3日ほど、ドライハーブを使用した場合は冷蔵庫で10 日ほど保存できます。

 

《簡単ソーセージ》

用意するもの:ひき肉(お好みの種類でOK 300g、みじん切りにした摘みたてハーブ(セージ、ローズマリー)カップ一杯程度、塩、コショウ少々

作り方:材料全部をボールに入れ、白っぽくなるまで手でよくこねる。それを約10 等分にし、ラップでソーセージの形にきっちり包む。さらにその上からアルミホイルで包む。フライパンに並べ、水をソーセージの高さの半分ほど入れ蓋をして中火で蒸し焼きにする。

私はアルミホイルで包んだ状態で半日ほど冷蔵庫に寝かします。そうする事によりお肉に香りと塩けがなじみ、よりまろやかなお味になります。

そのままいただくのはもちろん、スープに入れても、野菜と炒めてもとても美味しいですよ。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
マルキチ薬局profile
取扱い品目
《OTC医薬品各種》

《漢方薬》

錠剤 ・ 顆粒 ・ 液剤

《サプリメント》

牡蠣エキス
安心して飲める大麦若葉青汁
手間暇かけた天然植物酵素
「クオリ酵華」
 他 


《化粧品》

ディシラ
ベネフィーク
dプログラム


《アロマテラピー》

生活の木
プラナロム
マギーティスランド



《フェイシャルエステ》



《元気とキレイ応援レッスン》


詳細はHPでご確認ください
お気軽にお問い合わせ下さい
QRコード
QRコード