フィッシングカヤック展示受注会開催中!バスルアー入荷情報!

2019年06月02日

ダイワ バスキャラバンに参戦してきました!

わ先日ですがダイワ主催のバスキャラバンに参加させていただきました。

日時5/24(金)
場所 遠賀川仲間市役所付近

概要としては今季新製品スティーズCT、ブラックレーベルの実釣
商品の特徴を実際使用して理解するのが目的。

DSC_1635

先ずは今季発売のルアーの簡単な説明
ブラックレーベルの特徴の説明。
今季発売のモデルにはSGとLGの2タイプがあり

高弾性モデルのSG
主にワームの釣りなど感度や操作性を重視したモデル。

中弾性のモデルのLG
クランクなど巻物に向いているモデル。

両モデル釣れるラインスラッグ(糸の弛み)を出しやすくしてあるとの事。
実際使い比べると
キャストはしっかり曲がるLGがやはり楽に投げれる印象
感度的な物はラバージグをズル引いて試したがより明確に手元にきたのはSG

クランクベイトを投げ比べてラインスラッグの出方の違いを意識してみると
SGはタイトに真っ直ぐ引っ張っている感覚
LGはラインの弛みがしっかり出ている感じ。

1558787087702

個人的なイメージはLGはグラスロッドに近い感覚で岩などに当たってもスタックしにくく
クランクが跳ねすぎない。でもスピナーベイトを巻いた際は岩などをかわし難く逆にスラックが出にくい。

スピナーベイト、チャターなんかは高弾性のSGが逆に障害物などがかわし易く使い易い

店頭で触ったイメージと実際使った印象ではガラッと違う
使ってみないと分からないなと改めて実感。


一通りロッドの説明が終わり
実釣を交えて使ってみる事に

DSC_1638

今回は三宅プロのボートにお世話になりました。

実釣で驚いたことはリールで
スティーズCT700Hをメインに使ったが
14ポンドラインでネコリグがストレスなく使えたこと
30パイスプールの恩恵か小型のプラグ、リグの使用感が抜群だった。

ネコリグなどベイトで使う際今まではベイトフィネス専用機で使う事がメインだったが
もう少し太いラインで使いかったりタックルを持ちかえずにジグに変更したりなどワンタックルで
カバーできる範囲が広がっていた。
総重量が4g程度あれば十分扱える印象。20g位までを軽快に扱うには持って来いだと思います。
三宅プロも太いラインでライトリグが使えるのが琵琶湖で使っている感じ一番利点と感じるとの事でした。


ロッドも先に使ったLG、SGと同じリグで使い分けてみたが
MLでリグの使用感は大きく変わった。
SGだとボトムを感知しながら明確にイメージしやすく動かした分動く感じ
LGだとスタックしたリグを上手くほぐしやすく感度では劣るが舐めるように岩かわしてこれました。

1558787107232

水深4m程のかけ上がりをダウンヒルで落して
一本キャッチできました。
その他にもアタリはあったがフッキング出来ず・・・

ライトリグをメインに使用したが風が吹いてもほぼバックラッシュ等の
トラブルも無く短時間だったがストレスなく使用する事ができた。
ネコストレート3.75インチに1.3gシンカーくらいまではキャストから操作可能でした。
このリールでここまで使う事はめったにないと思うが参考までに。
シャッド、タイニークランク、ミノーは凄く使い易いイメージです。

1558787111099

三宅プロ実釣ではお世話になりました。
いつか琵琶湖に遊びに行きたいです。

1559127704260

このような機会を作ってくれた
ダイワスタッフの皆様ありがとうございました。


もっと突っ込んだ事は当日行った

伊万里店 椋露地
糸島店 中村
佐賀店 三ヶ島

までお尋ねください。




marukin_saga_b at 13:26│ スタッフ釣行レポート | オススメ・一押し商品
フィッシングカヤック展示受注会開催中!バスルアー入荷情報!