近くの川でいろいろ狙おう♪植松の釣り日記(IN底物)

2022年08月03日

ダイワNEWソルティガ15の実釣会に参加してきました!

少し前になりますが

ダイワさんのご厚意で
今年発売になったベイトリール
ソルティガ15シリーズの実釣会に参加させていただきました。

レポート遅くなり申し訳ないです。


当日お世話になった船は
糸島 芥屋漁港出船の  IZANAGI(イザナギ)
田中船長にお世話になりました。

DSC_6532


7月はキャスティングで30㎏オーバー連打でお客様の間でも良く話に上がっています。
自身も初乗船となりました。

でも今回は両軸タイプのソルティガの実釣会なのでジギングがメイン!

昼前より時化る予報の為
近場メインでの実釣となります。


1659521147397


簡単にミーティング
今回はテスターの清水一成さんが講師役で教えてくださいました。

DSC_6536

ロッド、リールともにソルティガ
ロッドはソルティガTG 55-4
リールはソルティガ15H-SJ

リールはスペック的にはジガー2000クラスと一緒だが
コンパクトで手のひらにすっぽり収まる感じで非常に握りやすくなっています。
またSJモデルはハンドルも85-95のカーボンハンドル標準装備となっており
状況に応じて変更が可能。また感度向上にも一役買っているとの事でした。

ノーマルモデルはアルミハンドル軸となっています。
SJは15000円ほど高くはなりますがノーマルにカスタムハンドルを付けると考えればお買い得に
なるのかなと思います。


1659521161864

先ずは思い思いにシャクってみる
前日まで久米島でスローをやっていたので何とか形にはなっているのかな(笑)
ロッドもオールソリッドで短いが短いがゆえに細かいアクションは付けやすい。
リールも剛性感強くハイピッチにしたりインパクト強くしてみたりしたがブレは小さく
シャクリやすかった。

1659521244584


清水さんのシャクリは奇麗です。
アクションの繋ぎがスムーズで見てたら釣れそうだなとおもったら

1659521165588


水深40m前後の漁礁周りで
イサキをキャッチされていました。
フォールのアタリをしっかりとらえていらっしゃいました。

でもこの日は青物のご機嫌悪く
ベイトの反応はスコブル良くても本体の反応は厳しい感じ

清水さんからは実釣面の構え方から
ソルティガとジガーの比較や
拘った点など教えていただきました。


魚からのコンタクトは全くなく触りもない
潮の変わり目などはタックルの感度がいい為。状況把握する事が容易である。

渋い状況でスローに反応がない
となるとハイピッチでスピードを上げていった方が効果的な場面があるので
ガンガンスピードを上げてみる。

すると着底からの10アクション目で

1659521199060

何か食った

1659521230433


正体はネリゴ
サイズが小さいのでゴリゴリ巻いてあっという間にランディング

DSC_6542

まだまだ物足りないです。
このタックルで10㎏近い魚掛けてみたい。
面白いくらい曲がるだろうな~

結局船中青物はこの一本のみ

案の定
昼前から時化てきて正午頃納竿となった

1659521266229


陸に上がってからは
内部構造の説明

DSC_6547

船では馴染みがある亜鉛をパーツとして使用してパーツの電蝕を小さくする事が可能に
ダイワでの呼称はアノードプロテクションと言います。

簡単に交換も可能なのでたまにチェックして腐食している場合は交換してください。

DSC_6546

ナロースプールタイプもカスタムスプールでラインナップされています。

DSC_6545

清水さんのこだわりが詰まったダイワのハイエンドベイトリールに仕上がっています。

DSC_6548

リールに

DSC_6549

ロッド
ラインナップも充実しています。

なんでオールソリッドで55という短さにしたかなども聞いてきたので
聞きたい方は佐賀店 三ヶ島まで聞いてみて下さい。
個人的にはオォーとなる話でした。

1659521256495

当日一緒だった他店のスタッフ。
この様な機会を設けていただいたダイワスタッフ
時化の中案内いただいたイザナギ 田中船長

お疲れさまでした。


DSC_6552

最後に清水さんと
清水さん色々教えていただき。
ありがとうございました。




店頭に実物もありますので
是非ソルティガi手に取ってみてください


宜しくお願いします。






marukin_saga_b at 19:45│ 最新釣果情報・イベント情報 | 新製品情報
近くの川でいろいろ狙おう♪植松の釣り日記(IN底物)