盛り上がりました~~~

「大人のリアル砂金採りツアー」無事終了!!
愛知、岐阜、宮城 と遠くからも参加していただきました!

数日前の台風君のため、川で出来るのか心配でしたが、なんとかリアル砂金採り出来ました!!

とは言え、当日も一関は微妙な天気・・心配しながらも現地に到着すると、晴れとまでは行きませんが、晴れに近い曇り。世の中では薄曇りと言うらしい。

タイスケ通りの 10:30 まずは、住田町教育委員会の佐々木喜之さんの座学からスタート!住田町の砂金や黄金文化について学びました。

真面目に聞いてます。
DSC_0081



次は、資料館見学。座学のおさらいてきな部分でもあり、当時の産金道具(当時は幅広いです)を見学、超アナログレトロな道具たちを見ました。


ここからは実践に向けてのトレーニング。トロ箱を使っての練習。トロ箱といいますが、厳密に言うと住田町は、「三甲」製の「タフブネ」サイズは140 当社は、「リス興業」製の「プラ舟」サイズは、140と220 を使っております。ちなみに天平ろまん館も「プラ舟」です。
って、そんなことはどうでも良い・・・すいません。

模範演技
DSC_0082
いざ練習
DSC_0085
本気です!

DSC_0084

皆さん、砂金入りの砂の入ったパン皿を使い練習。大体の方は砂金を取り出すことが出来ました!!

お昼を食べて、いよいよ本番!!

バスや自家用車で、現場へ移動し、住田枠合わせ総勢50名のリアル砂金採りスタート!はい!異様な光景です・・・


大雨の影響で濁りはないものの水は多め、良い状態ではないものの、地元を知り尽くした佐々木喜之さん、開始から間もなく砂金ゲット!流石です。これがないと説得力がありません!とりあえず安心。

なかなかの光景
DSC_0086
捜索中
DSC_0088
砂金は水の中にあるとは限りません!
DSC_0089
時間たち、飽き気味の人も・・・
DSC_0090

1時間半くらい皆さん真剣に砂金採りしました!しかし、残念なことに、前にも書いた通り水位の関係で良いポイントで出来なかったこともあり採れたのは数名でした・・・リベンジが必要です!!

気仙産金物語 の関係で岩手県庁の方も3名ほど視察?遊び?にいらしてくださり感謝感謝!大船渡からも民間の方が視察に来てくださり感謝感謝!

岐阜と愛知から参加してくださった方々!
出張金山号の前でパシャリ!
DSC_0092


IBCテレビも取材に来て下さり当日のニュースエコーで放送していただきました。

その放送はこちら
http://news.ibc.co.jp/item_30905.html

今回ツアーとしては初めての企画でした。課題は多くあるものの次回もっと楽しめるツアーとしてまた開催したいと思います。