丸目四燈観聴録

撮影を生業としています。 ちょこまかとした撮影などに関する 小道具やアクセサリー、裏話などなど 備忘録を兼ねて書いてみます(^_^)

築地よ、さらば。

いや、別に築地の事は書かないンですけどね(^_^;)
今日から豊洲へ移転したとのニュースを観たので
タイトル見た時にいつ頃の記事だったか思い出せる
かな?と着けてみただけっす(^_^;)
お魚がお好きな方ごめんなさい(>_<)

只今銀一さんがステディカムのゴールドワークショップ
を行っている頃ですが、あのギャレット・ブラウンさん
も来日されたようで、行こうかな?どーしよっかな?
なんて思っておりましたが、CINEGEARで
お会い出来て夢も叶ったし特段聴いてみたい事も無いし
お仕事頂いたので不参加でした。
が、大阪の後輩さんは参加されると話されていましたね。
ツイッターで講話の内容を知ると「やっぱ
行けば良かったかも〜?!」な感じでした!

で、今回は自分がペーペー、この世界に入った時に大変
お世話になっていた会社さんからのご依頼で、久しぶりに
中継でのステディカムのお仕事でした。
もうギンバルの普及で、ステディカムを担ぐ事も
滅多に無い事ですし、内容もサッカーとの事で
できるかな?って不安も強く、
辞退させて頂こうかなァ?とも思いましたが、
もうお一人のオペレーターさんがお世話になった
大先輩さんでしたので、こりゃあ自分が歳のせいに
なんて出来ないや!(>_<) とお受けする事に、、、

当日はフォーカスプラーを着ける事も無く、素の
カメラのみ、でしたしサッカー中継だったので
連続で45分も担いでいられるのか?!と、
直前まで滅多に無い緊張をしておりました(>_<)

しかし「昔取った杵柄」とは良く言ったモノで、
何とか自分でもアディッショナルタイムまで
担ぎ通せたのにはホッと胸を撫で下ろしつつ、
リグも降ろす事が出来ました( ´ ▽ ` )

帰り道に大好きな上海料理のお店に立寄り、
美味しく夕飯に舌鼓を打てたと言うお話でした(๑´ڡ`๑)
IMG_6184
IMG_6198
IMG_6207


チャンチャン♪

クリクリ出来ない〜(´-ω-`)

よくよく考えてみれば直接メーカーさんのサイトから
購入すれば良かったのに、何故だか米Amazonで購入(^_^;)

今頃かよ!?かも知れませんが、ググッてみると
国内ではまだ購入して使われている方の記事が
見つけられず、メーカーさんや、海の向うの方々の
レビュー動画などを見て買っちゃう事にしました(^_^;)
国内での価格だと数万円なんて事になってますが、
本体自体は¥10,000-以下でしたし、送料や税金入れても
¥12,000-チョイで購入出来ました(о´∀`о)

先達てと或るお仕事で、夜の動物をα7Siiで撮影する機会を
頂いたのですが、(恐らく件のSpeed Boosterだったかと)
使わせて頂いたレンズがいつものEF大三元だったので、
これまたササッと絞りを送れず、心中では「ムキーッ!!!
ヽ( ̄皿 ̄;)ノ」とイライラしながら撮影しておりました。

流石に夜にこの可変NDを着けては撮影しませんが、
そんな事からボチボチとEマウントカメラを使う事も
増えて来ているので(自分のお仕事の場合、そんなに
新しいカメラが出て来ても、直ぐに使う機会が有りません)
個人的に使い易いフルマニュアルレンズを安価に揃えられ
そうなので、今更になりますがキヤノンさんのFDレンズを
ボチボチと入手し始めました。

EF大三元のようにF2.8とは行きませんが、α7Siiの感度の
高さに感動しちゃったので、夜間オープンや室内では
その高感度性能に頼る気持ちで、レンズの少々の暗さには
目を瞑る事にした次第です。

一応可変NDはGH2でも使うつもりで、シュナイダーの物を
購入しているのですが、やはりレンズ毎に交換するのは
ナカナカにタメですし、、かと言ってレンズ総てに可変ND
を着けておける程裕福でも有りません、、、

昼間の時にも使えれば便利なンだけれどなァ〜(´-ω-`)と
思いながら、Speed Boosterを始めイロイロなマウント
アダプターを調べていた時に見つけた此方の製品が
便利そうだったのと、Speed Boosterよりも安価でしたので
購入に至りました。

今朝方届いてから手持ちのレンズに装着してみると、、、!

ナ、ナ、なんと!
絞りが開放で固定されてしまうでは有りませんか!?
ヽ( ̄д ̄;)ノ

コリャやられちゃったかなァ、、、Σ(゚д゚lll)
なんて思いながら、出かけまして、、、

先ほど帰宅してから明日の準備を終えて、
夕飯も済ませて、、、

イザっ!!!

と気持ちを新たにして取り付けてみると、、、

お!インストール???

なるほどナルホド!
レンズをアダプターに取り付ける時にはインストールの
位置へリングを廻しておき、取り付け終えたら絞りを
動かせるようにリングを、絞りが作動しているような
イラストの位置へズラしてみると、、、!

IMG_5408


IMG_5410


♪( ´θ`)ノ やりましたぞ!遂に自分はやりましたぞ!!!
絞りがクリクリ動くようになりました!( ´ ▽ ` )

これで日中の屋外でも任意の絞りに調整した後に、
滑らかに可変NDを使って撮影する事が出来ます!(*´◒`*)
それも、、、!!!!!!
レンズを幾ら交換してもマウント側に可変NDが着いている
ので、レンズ前面でイチイチ交換しなくとも良い!!!

アァ、神様!
なんと人間に豊かな想像力と、それを実行出来る智慧を
授けて下さった事でしょう!(*´◒`*)



ワタクシ目にも豊かな現金を与え給えて、個人でもα7Siiと
、それを自在に操れる周辺機器も含めて購入出来るように
思し召して欲しうございます!(๑´ڡ`๑)




然し最初から箱の中に取説のペラでも入れておいて欲しい
ものですねェ(^_^;)

IMG_5412


FDレンズをEマウントで使える、可変ND内蔵型マウント
アダプターの、Fotodiox社 VIZELEX NDスロットルの
ご紹介でした( ´ ▽ ` )

Rで無い方のEX1

てなカメラを今日は使わせて頂きました!
撮照録ヒトリ部隊なので、Dさんには
モニターとBOLT Rxをセットした小型のバッグを
持って頂き、クライアントさん達と覗き込んで頂く
スタイルでケーブルの敷設をせずに済むスタイルで
モニタリングして頂きました!
コレは本当に楽です!ストレスフリーです!
これぞワイヤレスの醍醐味です!

モニターの電源とRxの電源はL90AをIDXのVマウント
変換経由で、随分前にヤフオクで入手しておいた
アントンヴァウアーの電源プレートからD-tapで
賄っています。

EX1のモニターやVFでは全くフォーカスが見られない
ので、いつもの通りEVFを設置。
BOLT Txの電源と共に後部に設置したVマウントから
電源を賄っています。
Txの取付位置は、EX1Rならばトップグリップの
後方の1/4吋に設置しますが、Rで無い為グリップアームに
取付てみました。
取り敢えずは問題無く飛んでいます。
流石のBOLT !(最初期機種では有る物の)

IMG_4510


本当ならばカメラの電源も賄いたいところですが、
専用ケーブルを持っていないので、素直に専用
バッテリーでカメラは駆動されています。

安価なF&V製のバッテリープレートですか、
取り敢えずは問題無く使えていますので、
アップグレードは先送りされています(>_<)

IMG_4504


取り敢えずは大抵の小型なカムコーダーには
対応出来ているので良しとしています(๑´ڡ`๑)


プロフィール

marume410

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ