群馬県の高崎はパスタの街といわれています。群馬県は全国有数のパスタの消費量を誇り、たくさんのパスタ屋さんがひしめいていると。自身何度かツーリングでも行ったものでありましたが、古豪新参ひしめくパスタ屋さんの中でシャンゴなる店がルーツの一つに上げられていたのでいつの日かと思っていたのです。
シャンゴ01
 いただいたのは名物ともいえる「シャンゴ風」という店名をまとったもの。
 なんと、パスタの上にトンカツを配し、そこにたっぷりのミートソースがのったもの。そのミートソースも超甘いようで辛味があったりデミグラス的であったりラジバンダリ(死語?)…、複雑な超濃いソースなのです。
 Mサイズ860円は量もたっぷり。
シャンゴ02シャンゴ03
 なんだか名古屋の味噌カツ的でもあっておもしろいです。
シャンゴ04シャンゴ05
 セットでお好みドルチェ一つとアイス、これにコーヒーがついて+480円。

 高崎の本店にお邪魔してみましたが、後期高齢者と思しき方も美味しそうにパスタを頬張っていました。おしゃれなイタメシ屋を装ってはいますが、ファミリーが集う群馬の名店では、上州名物の一つカカア天下が作られる源を見た思いでした。

 えっと…、店名を冠した名物は確かに美味しかったのですが、もう僕的にはこれで十分。それよりオーソドックスなパスタが実に美味しそうで、次はそっちにしたいと思います。