いやぁどうも海原です。 
友人から強奪したアニメ『黒愛』を見てなかなか疲労している模様。

ていうか、一番のサプライズはエンディングテーマを金松由花が歌ってた事だネ!!「うまい!」って訳でもないけど、バカにできない歌唱力だなーとは思った。今後とも頑張ってください。プッシュプッシュ。



で、映像作品を見る目ってのが久しぶりに戻ってきたので、ちょっと変わったこと考えてみたんですよ。いやね、オイラ、異常なほどminori『ef-the first tale』のデモムービーが好きで無茶苦茶見てるんだけど、何がそこまでオイラを夢中にさせるのかなぁあのムービーは、と思って。
ちなみにこんなヤツですが。以前にもこのブログで紹介した事があったと思うんだけどね。でもyoutube、画質も音質も悪いよ…。テックジャイアンで掲載された綺麗なヤツを未だにパソコン内に保存してあります。


で、とりあえず好きな要因を思いつける限りでは、3つの要因が思いついたなぁと思った。

.好函璽蝓疾
画像の豪華さ
1覗の持つテンポ感

,漏笋斑噂磴箆辰世韻鼻▲┘蹈欧離妊皀燹璽咫爾砲魯灰譴しっかりしてる物は意外と少ないと思う。
『ef』のデモムービーだと、一番最初にキャラ2人が喋ってるのもあってコレはちょっと導入として反則的だと思うけど(後のムービーに否が応でも期待せざるを得なくなる)、けど屋上の女の子(…キャラの名前さえ知らんというw)が飛ばした紙飛行機を色々な人が追いかけたり眺めたりしたりして、一つの物事に複数人が絡んでいる描写から、何かのドラマの発生を期待させるものがあるわけで。あとは墓場にたたずむ男が、火災時の妹(?)を回想しているシーンとか、いかにも思わせぶりだと思うんですな。
で、エロゲのデモムービーって、全体的には案外コレ出来てないと思う。どうしても作品内の素材を切り貼りしてキャラクター紹介とかそういった事に終始したりとか。作品内のCGを使用しても思わせぶりにさせてるというよりは、とりあえず切り貼りして音楽に乗せましたって感じが強いと思うんです。CG表示の順番とかに明確な意志があるとは、必ずしも思えないものが多いと思う。それって映像作品としての質にはマイナスになるかなーとか何とか思う。


△呂發Δ覆鵑、新海誠の真骨頂である空の綺麗さを代表とした、映像としてのクオリティなんだけど、それだけでもなくってですね…
例えば…サビに入ったときに、ビルの屋上からグワァァアアアって4分の3周くらいカメラ視点が回転するシーンとかあるじゃないですか。これって、普通のエロゲメーカーではコストの問題もあって再現が出来ない。つまり「サビに盛り上がる表現を使用できた」という事は、やっぱりこのムービーにとってプラスだったんだろうと思う。
『ef』のムービーでもサビ以外のメロは、動きとしては弱いショットが割と支配的だと思うんだけど、サビに向かうにつれて音楽は盛り上がっていくじゃないですか。で、それに合わせて例えば墓場だとか、火災の回想だとか、ややショッキングな映像を合わせて、鑑賞者のテンションを上げる。で、サビでこうグワァアアアアってカメラ視点を回転させる。と。
まぁ要するに前述の通り「サビに盛り上がる表現を使用できた」というか、他メーカーのムービーってCGの切り貼りがベースだと思うんだけど、『ef』の場合、アニメーションをベースとした強みがモロに出たかなぁと思ったり。他メーカーのムービーだと、CGの切り貼りがベースになってて、じゃあいざサビに入ったときにどれだけ「サビ以外」と「サビ」をハッキリと区別させる事が出来るか、というと非常に難しいモノだと思う。出来ない事は無いと思うけどね。


は…コレも案外エロゲのデモムービーには出来てないものがあったりとかすると思う。けど、出来てたからと言ってプラスになるか、ならないかは難しいところ。
『ef』のデモムービーって無茶苦茶テンポが良い。キャラの大まかな動きや場面転換は、ほとんどバックの音楽のテンポに完全に合わされて展開される。「遠い空、窓の向こう…」の部分では2小節ごとに場面が展開され(普通にパッと画面を変えたり、あるいはディゾルブを使用したり)、曲がサビに向かうにつれて場面の展開は着実にテンポアップしていく。で、サビに入ったところで4小節分、思いっきり見せ付ける。あるいは、曲中の「キラキラキラ…」ってSEのところでムービーでの海面も「キラキラ…」させたりとか。ニクい事やってくれるなぁとか思う訳ですよ。
で、他メーカーのデモムービーも色々と見てみたけど、結構コレは出来てるところが多いかなぁ。でもあまりエクスタシーを感じなかったなー。まぁ´△箸料蠑荼果ってこともあるしなー。



みたいな事考えて『ef』のムービーまだ見てます。

あーーーーええなぁぁゲームはやってないけどなーーー。