香川県丸亀市のフットサルチーム

香川県丸亀市を中心に活動するMARUNAN FUTSAL CLUB の活動内容を記録するブログです。

かがわフットサルリーグ2011閉幕!!

みなさんこんにちは( -д-)ノ

さて、久しぶりすぎて何から書いていいのかわかりませんが、とりあえず県リーグ終わりました。
まとめると、やはり林がイエローを量産し、まさしはベンチで退場処分をくらいと,なかなかいいものとはいいがたいリーグ戦でした。思うように勝てずに負けまくりました。

去年と何がちがったのか?
真面目に考えたのですが、去年、一昨年までは、メンバーの子どもがポコポコ生まれていました。
そして独身メンバーにも彼女ができた別れたなど、フットサル以外のところでの話題が豊富だったわけですよ。結局、フットサルって想像力なので、遊び心がないと守れても攻めれないのです。それを考えると、個サルって大事なのかなぁと思います。そしてその帰りに、朝の4時位まで土器のジョイフルでフットサル談議をすることもほんとに貴重な時間だったのかな?なんてふと考えたりしてしまいます。

個サルまでいかなくても、練習の中で5VS5のガチのゲームの時間を取る事ってすげぇ大事で、今なかなかそれが出来てないのが去年から成長していない原因なのかなぁと。そしたら、2012年はどうやったら勝てるのかなぁと考えたならば試合の回数増やすしかないんだよね。練習はもちろん大切だけど、試合でだめだったところを練習で修正して、また試合でチャレンジ、また練習の繰り返しが大切。

年明け15日、AQUAさんから試合のお誘いを頂けました。本当にありがたいことです。
現在、会場はまだ、アクアフィールドになるかスポッシュとよはまになるか、AQUAさんが調整してくださっているところです。参加チームは現在確定が、AQUAさん。SALAさん。ジョニーフットサルクラブさん。MARUNANです。

2011年なんだったんだろうねwwってネタにできるくらい、2012年勝ちまくれるようがんばっていきましょう!!

copa de FM Kagawa 2011 決勝大会!!

予選を2位でdevision1に進出したMARUNANです。

対外試合が先月の予選以来ということで、試合勘の鈍りがやや心配されます。
今回は2位通過ということで、1回戦の相手は予選1位チームかシードチーム。
強豪チームなのは間違いありません。

そんな中、たっちゃんが引いたクジは、愛媛県のラクエスさん。
ラクエスさんは、3年連続で愛媛県リーグを制覇しており、しかも1敗もしていないw(゚o゚)w オオー!

もちろんMARUNANよりは何枚も格上で、胸をお借りする相手になりました。
試合がはじまり、早々に1点取られました。
7分ハーフの試合の1点は重い(((( ;゚д゚)))

でも前半のうちに林のボレーで追いつきました。
相変わらずナイスなミートでした。彼は小学校の時からことボールをミートすることにおいては、県内でもトップクラスの選手でした。決して簡単なシュートではなかったと思います。

後半も時間はあっという間に過ぎ、PKかなと思ったところで1点取られてしまいました。
振り切られフリーになり、折り返され押し込められた悔しい失点でした。

チームとして後半は攻めれていなかったしボールも回せてなかった中で明確にPK狙いに走れなかったことがまずダメな点かと思います。

ラクエスさんは、この大会をもってチームは解散ということで、決勝ゴールでもゴール前の混戦での勝ちたいという気持ちの強さが違いました。いったんはふじもっちゃんが体を張ってシュートをブロックした時点でボールは五分五分だったと思うので。

MARUNANとしての救いは、ラクエスさんがこの大会で優勝してくれたことの1点につきます。
素直におめでとうと言えます。
優勝したラクエスさんを相手にしても、特に前半、何回かいい形がつくれていたのは、最近の練習の賜物だと思います。なんとか県リーグまでにいい形を量産できるよう、練習からがんばりましょう。

個人的には練習が土曜日になったことはかなり痛いですが(基本的には土曜出勤多の為)全体的な参加率は上がってきていると思うので、このままがんばっていきましょう。

ラクエスの皆様。
優勝おめでとうございます。
そしてお疲れ様でした。

copa de FM Kagawa 2011 開幕!!

みなさんこんにちは。
今年もFM香川のシーズンが訪れて参りました。

今思えば、MARUNANの最初の試合は今から3年前のこの大会でした。当時はミドルクラスのカテゴリーもありましたが、根拠のない自信でオープンクラスに参加し、3戦全敗に終わりました。そこからまーの滑舌が悪くなりました。

次の年は決勝トーナメントに2位で通過したものの、シードチームにフルボッコにされました。林がグレたのはそこからです。

去年は1位で決勝に進出。1つ勝ちベスト16で負けました。そこから武田のモテ期が到来し、たつろーの嫁が妊娠しました。

さて、今年は少しずつ成績が良くなっている中での大切な大会です。昨シーズン、まーが他の強豪チームに所属しMARUNANにたくさんのお土産を持って来てくれました。今はまだ自分たちのものには出来てないけど、ワクワク感はかなりあります。

そんな中、予選の1試合目、負けました( -д-)ノ
0−1です。7フンハミジカイネ 
あまり負けた感はないですが結果負けてます。しかし、2試合目、3試合目に勝ち、なんとか決勝トーナメントへの参加を決めました。

練習でやっている動きはなかなか見られなかったけど、やろうとしていることは少しだけ見えた場面もありました。あとは繰り返しの練習しかないのでしょうね。がんばりましょうヾ(´ω`=´ω`)ノ

決勝トーナメントへの進出は最低限の目標だったような気がします。決勝トーナメントの1回戦からの戦いこそが去年からの成長がわかる試合になってきます。

短い時間の試合だからこそ何があるかわかりません。格上のチームにも勝てるかもしれません。その可能性を少しでもあげる為に、あと1ヶ月しっかりと練習をして、悔いの残らないように楽しみましょう。


かがわフットサルリーグ 2010 最終節!!

長かった県リーグも、いよいよ最終節になりました。

ここまでを振り返ると、いい試合もあればそうでない試合もありました。長いリーグ戦ですので多少の波はあるでしょうが、安定した試合運びを出来ない弱さというのが目立ったというのが総評だと思います。

結局、何の為に試合をやるのか。アマチュアのスポーツの中で怪我をしないことを前提に、また仕事を優先することを前提に、それでも勝ちたいというのは難しいのか?勝ちたいと思うことは誰にでも出来るけど、大切なのは勝ちたいと思うことではなく、勝つ為に何をしたかということにつきます。そういう点では、僕個人的には全然ダメだし、言い訳しか浮びません。やるからにはもっといいパフォーマンスを安定して披露したいので、口ではなく行動に移したいと思いました。

最終節は、FERIZさんに、0−4で負けました。

でも、最後の最後で、これまでの試合でかなり厳しい事を要求していた佐藤が最高の守備をしたり、最後のところでの自己犠牲がなさすぎると言っていた武田が完璧なスライディングでシュートを止めたり、悪いことばかりではなかった。
負けてもそこは素直に喜べたので、何もない試合ではなかったです。

試合後、たっちゃんが、もう1度しっかりと練習をし、ボールをつなぐための練習を取り入れるとの話をしました。とてもいいことだと思いました。


今年の県リーグは参加チームが去年よりも増えました。
でも、その中での最終順位は3位!

これは、喜んでもいいところなのではないでしょうか。
Jリーグだったら、来年ACLに出られます。
J2だったら次節はJ1です。
プロ野球ならクライマックスシリーズに進出です。
オリンピックならメダルがもらえます。

3位と4位との差は、全然違います。


そして、得点王は今年もMARUNANから出ました!!
豊おめでとう!
そしてありがとう。
豊の攻撃力が、チームの柱なのは言うまでもありません。
これからもチームをゴールで引っ張っていってください。


少しはなしは変わるけど、僕らが試合やってたとなりでやってた試合、1点の重みがすごかったよね?あんな熱い試合を自分達もやりたいし、やれるはずなので、これからもやれる限りはフットサルやりましょうよ。


せっかく集まって、チーム作って、まだ何かを残せてない気がします。
何かを残して、次のステージに進みましょうや。


かがわフットサルリーグ 第12節!!5

長かった県リーグもあと2節。今日の相手は香川大学フットサル部FRONTIERさんです。


開始そうそう、裏を取られ失点してはしまいましたが、それまでの守備は最近にはない位よかったです。失点の場面はシュートで終われなかったこと、簡単に裏を取られたことが原因ですが、やはり試合の流れをつかむ為にもあの1対1はゴレイロとして止めたかったです。その後、僕のフィードがそのまま入り同点に追いつきましたが驚くほど誰も祝福してくれず、完全に気が動転しました。

その後、豊が2点取るのですが、ここ数試合の守備が機能していない時のMARUNANの失点のようなゴールだったので心が痛むようなゴールでした。もちろん決めた豊の技術・メンタルによるファインゴールなのですが、何かを学ばされるような得点でした。


結局、後半は点が動かずに前半の得点のまま試合終了となりましたが、後半は疲れながらもよくみんなで守れたと思います。ずっと攻められていたような感覚でプレーしていましたが、最後のところで全員が体を張れたのが勝因でしょう。


再来週の最終戦、勝っても負けてもと言わずに絶対勝ちましょう。やっぱり勝つことに意味がありますよ。
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ