2008年12月29日

あまりにも久し振りの更新」

いやぁ・・・・あまりに久し振り過ぎて、何を書いていいのやら(笑)

とりあえず、大きな会社に移りました(笑

何をしていいのやら・・・・・おいおい、色々更新しようと思いますです。

marusukekun at 02:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) なんとなく 

2008年02月11日

新しい店舗が決定!・・・・・・したらしい

またまた久しぶりの更新です。
うちの会社の新規店舗が決定したらしいです。

社長のblogを見てみたら書いてありました(笑)

あ、いや、新しい店舗をやることも場所も知ってはいたのですが詳細はほとんど何も知らなかったので・・・・。
鍵渡しの日が15日だってことを今知って驚きました。
ま、いつもこの会社はこんな感じなので慣れちゃってます。
良い意味でフットワークの軽い社長のワンマン会社です。

とにかく楽しみだなぁ。
今回あまり私の出番はないのですが、やはり新しい店舗はワクワクしますね。
各店舗の人員の配置換えもあるし、春の予感です。

実際は経理処理が増えて、私は仕事が増えるだけなんですけどね(笑)

123
※画像は何の関係もありません

marusukekun at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月30日

ひっそり密かに更新w

本当に久しぶりにひっそり更新してみますw
ちょっと前から、前述の牟田君の会社へ入社しまして統括部長としていわゆる使いっぱしりをしているこの頃です。
近頃はこの会社も久留米ではぼちぼち有名になりまして、ひとえに私の実力だと思っておりますw
最近思うことと言えば、久留米・筑後の飲食業界も変動が激しく、若い人がテキトーな店を作っては潰し作っては潰し・・・・相変わらずだなぁと。
それに「○○屋」なる店舗プロデュースグループが高額な報酬をとって、某雑誌と共同して経営の判らない料理人達をだまくらかし、読者をだまくらかしなんだか儲かってるらしい昨今、一体久留米はこの先どうなるんでしょうか。
ま、結局は真面目にお客様の事を考え、かつ利益を取れるように真面目に仕事をすることが私の役割なのかなと。
世間一般では、私のいる会社はめちゃめちゃ儲かってて、やっかみの対象になってるらしいですしw
さぁ、今期決算も終了!明日は税理士さんとバトルだぁ!


marusukekun at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月16日

ムーンシャイナ

2bdbc9f3.jpgまたまた久しぶりの更新です。
何気に昔の同級生のblogを見ていたら、月の土地についての記事がありました。
実は私、土地を持ってますです(笑)

毎年、嫁さんへのクリスマスプレゼントは月の土地だったりして(^^;
いやね、正直私ってあまりロマンチックでもないし、ロマンチックが似合うような男でもないし・・・。でも、ふとある時「月の土地」の事を知ってからずっと「彼女」にプレゼントしたいと思ってたんですよね。
ま、ベタですが・・・・そのプレゼントをした後でプロポーズなんぞをした訳で。

人って普段、様々な主義主張があり様々な人生経験とそれに裏打ちされた人格があると思うのです。でも、なんだかこんなミーハーは月の土地なんて物を見てしまうと、そんなもの関係なく「あの頃の自分」を思い出した気分になるものではないでしょうか?
ま、いい歳こいて左的な事を言うのは嫌でもあるんですがね(笑)

なんだか、自分でも歳を感じる昨今。初めて、あなたの記事で心が動いた気がします。くだらなかった私からの今更ながらのメッセージ。・・・ってことで。



marusukekun at 02:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) なんとなく | なんとなく

2005年12月23日

ラッキーマン

今日は全国的に大雪みたいで、久留米も久しぶりに積もりました。
久留米ってアマノジャクな土地なんでこんな時だけ大丈夫だったりするのですが。

そういえば、日曜日も全国的に雪で久留米も大雪だって言われてました。
開放区(ソウルメイトイレブン)の牟田君がなにやら六本木ヒルズのパーティに招待されたそうで、
「ああ、明日は雪だから飛行機飛ばないよ。これで牟田君の強運も尽きたかな?
なんて笑い話をしてたんだけど、ちゃっかり晴れて彼は行って来たみたいです。
日曜のお昼に「飛行機飛びそう?」ってメールで送ったら「横浜中華街旨いっす」という返事が帰ってきました。

で、牟田君が帰って来たってんで土産話を聞こうと(いや・・・単に土産が欲しかった)店に行ったらいきなり雪が降ってきて
「あ、牟田君が帰ってきてもう用事がないから、これは積もるね」
なんて話をしてたら店にいる1時間の間にほんとに積もってしまった。

いやね、商売で成功するとか人をひきつける魅力があるって人は理屈抜きで強運の持ち主だと思うんですね。一種の才能です。
神様がうんちゃらとか、そういうのは信じないんですが時間が見方するってのはあるのかな。
ま、知ってる人は知ってると思うけど、私自身が最強の「不運の持ち主」なんで羨ましかったり、妬ましかったり・・・・むきー!(笑)

あ、そういえば・・・・牟田君、言いつけ通りblogを作ったみたいですね。
ふふ・・・・黙ってても見つけちゃったよ(にやり)

・・・・てか、報告しろよ!!!(笑)

牟田和裕blog
HEROROAD迷走中




クリックして貰えると私だけが喜びますw

marusukekun at 02:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月25日

HEROロード迷走中!

HEROロード迷走中!あまりに久しぶりのblog更新。皆様いかがお過ごしでしょうか?w
この一年間、結婚やコンサルとしての地位固めであまりに忙しくてblog更新をしておりませんでしたが、なんとかゆとりが(あくまでも時間のゆとり)出来たのでこれからはちょくちょく更新したいと思う次第でございますですはい。

さて、私は相変わらず飲食業というか「飲食業をやってる人」のコンサルというかプロデュースというか大きなお世話というか・・・・そういった仕事をやっております。久留米という田舎ということもあるでしょうが、基本的に飲食業を営もうという人達っていうのは「料理」や「店舗設計」には詳しいのですが、こと「経営」「金の借り方」「自分もしくは自分の店の打ち出し方」に関してはかなり素人だという事が多いと思う。
私はそういった人を見ると「もったいないなぁ」と思ってしまうのです。
だからこそ私がお手伝い出来るところはフルに手伝いたいと思ってこの仕事をやってるのですが、世間では「コンサル」「プロデュース」といった類の仕事をやってる人間って軽蔑の対象だったりするんですよね・・・・。
「偉そうな事いうなら自分でやれよ」
「自分じゃできないくせに」
「責任のないところで美味しいとこだけもって行く」
こういった声をよく聞きます。いや、実際こういう自称コンサルが多いんですけどね。
私は違うとはいいません。それは人が判断することですから。

でもね。コンサルやプロデュースといった仕事を批判して他人に耳を貸さない飲食業の人達に大して売上も上げてないし、お客様に喜んで貰えてない店の経営者が多いってのも事実
そんな人達を見返しながら、そしてそんな人達が少しでも耳を貸すように持って行くのが私の仕事だと思っておる次第。
ま、この先このblogではそんな仕事のことや好きな酒なんかをグダグダと書いていこうかなと新たなる所信表明をしたい次第です。

って訳でとりあえず、今私が一番力を入れている「牟田和裕」君の著書を紹介。
HEROロード迷走中!
若干24歳。久留米市で「俺たちの絆」「俺たちの空」という店を友達と立ち上げ、その後「開放区」「武々」という2店舗を同時に立ち上げ独立。出版社に勝手に押しかけw、自費出版でなく出版社に自伝を出させるという荒業をやってのける奴です。
コンサルをやらせて貰っている私の思考の斜め45度から色々な事をやってしまう、とにかく有望な若者です。是非、本を買って店に行ってやって下さいませ。

あぁ・・・・なんか今日は仕事モードが抜けない。
次からはもっと普通に書こうっと。


クリックして貰えると私だけが喜びますw

marusukekun at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年09月22日

パリに地下社会?

Yahooニュースを見ていたらこんな記事があった。

パリの地下に秘密社会? 古代トンネルにバー付き映画館
パリ中心部の下を迷路のように走っているといわれるトンネルで、何者かがつくった秘密の映画館が発見され、パリ市警察は、文字通りの“地下社会”が数年前からできているのではないかとみて調べている。

黄金の7人これは凄い。さすがパリジャン。
記事によると画家や写真家などの芸術家集団が作ったのだろうとのこと、粋だ!

パリの地下トンネルと言えば実際にあった事件で、トンネルから横穴を掘って銀行の金庫の中身をかっさらって行った強盗団がいて、その犯人は今でも逃亡中だという。さすがルパンを生んだ国だ。
ちなみにそれを元に作られたのが「黄金の7人」って映画なんだけど、最近では「オーシャンズ11」の方が知られてるのかも?

しかし、別の側面もあるだろう。私も一時期パリに住んでたのだけど、確かに現在のパリは「芸術」とは程遠い。
街に溢れかえる観光客の群れ。似合わないブランド物を身につけた日本人、集団で大声でねり歩く韓国人、どこに行くにもTシャツにポーチのアメリカ人
現在のパリは芸術家にとっては苦痛なだけなのかもしれない。
そんな彼等が作り上げた楽園が「地下社会」だったのだろう。

デリカテッセン地下社会で思い出したのだけど、デリカテッセンという映画にも地下社会が出てくる。地下というよりも「地底」なのだが。

舞台はやっぱりパリ。核戦争後の肉屋兼下宿屋で、そこの主人は下宿人を「デリカ」の食材にしてるという・・・・。
文章だけ見るとホラーみたいだけど、シュールかつブラックなコメディです。
地下にゴミを捨てる配管みたいなのがあって、その奥には「地底人」が住んでいるのだけど、その「地底人」がどうみてもスキューバダイビングの恰好だったんで一人で爆笑した記憶があります。
監督はあの「アメリ」や「ロスト・チルドレン」のジャン=ピエール・ジュネ

この記事を見てなんとなくもう一度見たくなったのだけど、こんなマニアックなのレンタルではないだろうし・・・・また出費が増えそうです。

続・黄金の七人 レインボー作戦
デリカテッセン
アメリ
ロスト・チルドレン

【他のblogへ遊びに行く】

marusukekun at 02:23|PermalinkComments(1)TrackBack(1) 音楽・映画 

2004年09月21日

一心同体少女隊

syojyotai
最近、有名人がblogを作る事が多いようだ。特にlivedoorはプロレス関係の人達のblogが増えてきた。

プロレス関係の人達のblogの紹介は後々していくとして、8月29日の雑感で元少女隊の安原麗子さんのHPを紹介したけど、blogもはじめたらしい。
あくまで「お知らせ用」で本格的な日記・雑感ではないのが少し残念だ。日記とかだったらめっさトラックバック送るのに(笑)

そういえば、11月にベストアルバム「ゴールデン☆ベスト」が発売になるらしい。きっと私は買ってしまう(笑)
面白いのが本人はこのアルバムの発売を知らず、掲示板でファンに教えられて初めて知ったみたい。

うーん・・・・そういうもんなのだろうか?
なんか何かを垣間見れたみたいで面白かった(笑)
それにしてもリンクとか宣伝とかしないで40000アクセス。羨ましい限りです。

【他のblogへ遊びに行く】

marusukekun at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 音楽・映画 

2004年09月20日

ミーンジーンさんの腎臓移植

コンフィデンシャルでお馴染みだった"Mean Jean" オークランドさんが腎臓の移植手術をして失敗したらしい。引き続き腎臓提供者募集中だとか。

実は私も3年前に腎臓移植を受けております。なのでなんだか他人事には思えないのです。私の場合、父親からの生体腎移植でしたのでワリと簡単に成功しましたが。
オークランドさんの場合、提供者募集ってことは身内とは型が合わなかったんでしょうか。現在は腎臓移植は生体から行われるのが普通なのだが・・・・。ま、色々と事情はあると思うのだけど。

でも、ちょいと腑に落ちないのが「腎臓移植失敗」というところです。私は経験者なんで色々と勉強した(というかさせられた)のですが、移植手術の中で「腎臓」の移植は最も簡単な部類に入るのです。
成功率は「90%以上」
移植した腎臓が長持ちするかどうかの「定着率」も他の臓器に比べて高く、「融通の利く臓器」として有名なはずなのですが・・・。

そこで思い出したのがジミー鈴木氏のblogにあったアメリカの医療事情の記事。
ま、これは金銭的なところでの話題なんで関係ないのかもしれないが、日本人が思うよりもアメリカの医療水準って低いのではないだろうか?

医療費の問題はあるけど、医療水準が高い日本に住めるということは幸せであると実感した次第です。
とにかくオークランドさんの回復をお祈りしております。

【他のblogへ遊びに行く】

marusukekun at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) WWE・プロレス 

2004年09月19日

最高無責任者

根来泰周いやね、そんなに野球って好きな訳ではないんですよ。
昔は野球で好きな番組が潰れると怒りまくってましたし。

ただ福岡って土地柄、ダイエーが勝つと嬉しいですが。
東京や大阪、その他の土地の人達が知らない「王さんの超毒舌巨人批判」が見れるのは福岡だけですし(笑)
いやぁ王さんの毒舌ぶりは他の土地の人にも見せてあげたい・・・・中央のTV局やマスコミは封印してるみたいですが。

いかんいかん。本題に戻して。
ほんとこの根来泰周ってのはなんなんでしょう?
法曹界出身者って聞いたから「確率変動」を少しは期待したんだけど、所詮天下りのお飾り野郎にとっては「ちぇ、楽したかっただけなのに。めんどくせ」というだけのものだったみたいですね。

という訳で日経新聞より
消費者機構日本の新会長に根来氏

ああ?お前に消費者を守れる訳がないだろうが!

何の世界にしろ「それを好きでもなんでもない人間」だけが関わっているのって不幸ですね。
好きでないのであれば最高の経営と運営を。
最高の経営と運営が出来ないのならば愛情を。


野球に限らず、全てのものに言えるのではないでしょうか?

【他のblogへ遊びに行く】

marusukekun at 02:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) なんとなく