2017年10月21日

【第89話 栗おこわ】秋の味覚!

こんにちは、管理人です。
秋ですねー(前回も言った)

秋はおいしいものがたくさんで嬉しいですね!
というわけで今回はこちら。

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 6』小学館

image
白ごまで失礼します……

今回はバタバタしていたので工程写真は省略。
砂糖と塩入りのすりごまは初めてでしたが、あまじょっぱいのが新鮮でおいしかったです。
醤油を垂らすのも美味。

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 6』小学館

image

 ナスとピーマンのみそ炒めも作りました。
 ナスとピーマンを油で炒めて、酒で緩めたみそ、砂糖、醤油で味付け。

旬のものをゆっくり食べると、それだけで気持ちが豊かになりますね!
それではまた。 


maruta_fun at 07:30|PermalinkComments(0)料理 

2017年10月01日

【第177話 ウチの味】お砂糖は控えめに

こんばんは、管理人です。
9月にもう一回更新しようと思ってたのにもう10月です。
すっかり秋になりましたねー。

さてさて、今回はカメラの設定をミスっていつもより小さい画像ですが気にしない。
わざわざ拡大して見る方もおらんやろ。

秋なのでこちらを作りましたよ。

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 12』小学館

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 12』小学館

※秋はぼた餅ではなくおはぎです念のため。

私の家はあまり年中行事に料理を作るようなことがなかったのですが、小さい頃に一度だけ祖母がぼた餅かおはぎを作るのを手伝った記憶があります。
懐かしいなーと思いながら、本の手順に従って作っていきます。

image
柔らかくなるまで煮た小豆。圧力鍋使用ですが……砂糖を入れて

image
その間に炊けたごはんをすりこぎでトントン。

image
いい感じに水分が飛んできた小豆。少し柔らかいかな?くらいで火を止めて塩。


image
バットに移して冷まします。

image
ぼた餅なので丸く、大きく……ついたごはんを丸めて

image
 完成ー!

作中ではお砂糖を入れすぎてしまった「ウチの味」ですが、私のウチではお砂糖控えめです。
普通は小豆と同量程度の砂糖を入れますが、ウチは半分~7割くらい。
その分日持ちしないのでさっさと食べきるか即冷凍。
お家それぞれの味があるでしょうから、今回はまとめなしで。
うんと甘いのもあっさりなのも自由自在なのが手作りの良さですね。
それではまた。 


maruta_fun at 20:37|PermalinkComments(0)料理 

2017年09月02日

【第65話 茶飯】読書の秋にはまだ早いけど

9月になっても暑いのはもう言うまでもないみんな知ってるうん。

みなさまお元気ですか、管理人です。私は暑くて死にそうです。

本日の更新はこちら。

image
(c)高尾じんぐ『くーねるまるた 5』小学館

こちらに出てきた絵本、以前病院の待合室で出会った本でした。

image
作・絵: ジュディス・カー
訳: 晴海 耕平
出版社: 童話館出版

作中でマルタさんが言っているように、物語が進むとちょっと怪しい雰囲気で段々不安になります。
正直、この虎がこの女の子食べちゃうんじゃないの?!って……
ハラハラしていると素敵なラストが待っているので、自分のすさんだ心を省みてちょっと落ち込みます(笑)
それはさておき、たまには家族とゆっくり外で食事でもしようか、そんな気分になる作品です。
海外の絵本はカラフルでそこもまた素敵ですよ~。 

それではまた。早く秋になーれっ! 


maruta_fun at 07:00|PermalinkComments(0)書籍 

2017年08月19日

【第152話 梅雨のスイカ】焼いちゃった

夏ですね!
 
夏といえばスイカ。
 
image

スイカといえば

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 11』小学館
 
これです。

食に対して好奇心旺盛な管理人は、こういうちょっと変わったものほど作ってみたくなります。
伊達に高校生の頃「お前いつも普通じゃないもの飲んでるよね」って言われてません。あの頃買った飲み物は大抵外れだったよ畜生。

話を戻して。

image

せっかくなので色々試してみることにしましたよ。
故に3分割。
いくらチャレンジャーとはいえうまいかまずいかわからないものを大量に作る勇気はない。

image

左から何もつけないもの、小麦粉をつけたもの、片栗粉をつけたもの、を用意しました。

image

少々油をひいたフライパンで、焼きます。

なんというか不思議な光景……。

image

少し焦げ目がつくくらい、と。

焼けました。中火で5分くらいでしょうか。

image
いざ食わん!!

まずはプレーンから。

image

表面は柔らかくなってますが、中はまだシャリシャリと歯ごたえが残っています。でも熱々。
確かに甘みは増しています。うん、アリだね。
が、バナナとかりんごとかいろいろ焼いて食べたことあるので、このくらいでは驚きはしません。 

image

次は小麦粉。
醤油を垂らして……。

……。

うまいなこれ。

えー、肉っぽいかと言われると小麦粉が油で焦げて醤油かけたところがそうかもしれない。
いや、普通に食えるなこれ。

image

んで、片栗粉。

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 11』小学館
 
小麦粉との違いは表面にもちっとした膜が張るかどうかの差くらいですかね。その差がより肉っぽいかと。
一度薄く片栗粉はたいて、スイカから水分出てきたところにもう一度片栗粉つけて、もう少し油多めで焼いたらより肉っぽくなるかも。

食べたことないですが、サボテンのステーキってこんな感じですかね?

いやしかし予想外にいけました。
スイカって野菜だもんね、焼いてもいけるよ、うん。

今回は簡単なので特にまとめなしで。

暑い日が続きますがみなさま体にはお気をつけて。それではまた。 


maruta_fun at 13:00|PermalinkComments(0)料理 

2017年08月06日

【第86話 秋の匂い】真夏ですけど

こんにちは、管理人です。

またもや諸用で水天宮の近くに行ったので、こちらの舞台を訪ねてきました。

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 10』小学館

image

甘酒横丁の有名なたい焼屋さん、柳屋さんです。

店先で職人さんが一つひとつ手焼きしている姿が見られます。
たい焼きは一つ150円。

image
一つから買えます。

image

薄くぱりっとした、甘味のない皮。あんこはしっぽまでぎっしり詰まっています。
あんこはさっぱりした甘さで、ぺろりと食べられてしまいました。

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 10』小学館

すぐ近くにあるのがこちらのお茶屋さん、森乃園さん。

image

日差しが強い……

image
(C)高尾じんぐ『くーねるまるた 10』小学館

image

お店の外までお茶のいい香りがします。
撮影を快く許可してくださったお店の方、ありがとうございます!

あまりの暑さにこの二件くらいで草々に退散してきたのですが……
甘酒横丁は他にもたくさんの魅力的なお店が。
今度はマルタさんのように、涼しくなった秋にお出かけしたいと思います。

▼今回訪問した舞台はこちら!▼

柳屋
大正5年創業(!)
営業時間は12:30からのようなのでお気を付けください。日祝お休み。

森乃園
お茶の販売だけでなく甘味処もあります。
すぐ近くに二号店も。通販もやっているそうです。
http://morinoen.jp/

maruta_fun at 00:17|PermalinkComments(0)舞台