October 18, 2021

ベスパ P200E

ベスパ
イマイのベスパを作りました。スケールは1/12です。

古典にして完成形のスタイル
キットは「スーパーベスパ」という様々なデコレーションの追加されたモデルでしたが、シンプルなP200Eとして製作しました。

ダラダラと製作中
このキットは以前、松田優作の出演していたドラマ「探偵物語」の「工藤ちゃんフィギュア」を製作したときに、クラブ会員の方から「一緒に展示すると面白いから」といただいたものです。その節は有難うございました。しかし、いただいたのは20年くらい前でして、長らく放置して本当に申し訳ございませんでした。

左サイドカバー内にはスペアタイア
エンジンは2気筒・198cc。イマイのキットはメッキパーツが多用されていて、接着の際には削るのがちょっとだけ面倒ですが、製作は簡単でした。ホイールやエンジンなど実車ではメッキされていないところも多いのですが、デフォルメされたフィギュアと一緒に飾るには、キラキラしている方がトイ的に面白いだろうと思い、そのまま使いました。

メッキパーツでキラキラ
イマイの「スーパーベスパ」はフロントキャリアのパーツが付いています。これは「探偵物語」のベスパにも付いているので、気分で取り付けられるようにカウルの着脱の穴はそのままとしています。

工藤ちゃんとベスパ
ベスパはスクーターとしてのスタイルが完成されていて、カッコいいですね。前作ったヤマハビーノも強く影響を受けているのを感じます。ベスパに似てるほどカッコよく、離れるほどこれじゃない感が強まります。ベスパはスクーター愛好者にとって「永遠の理想形」です。SHiGE
  

Posted by marutake_shige at 13:31Comments(0)模型製作 

October 10, 2021

2021年IFV展示会開催のお知らせ

IFV展示会2021
【2021年展示会開催のお知らせ】

日時:2021年11月27日(土)11:00〜17:00
         28日(日) 9:00〜16:00

場所:伊勢市生涯学習センター・いせトピア 3F研修室1・2
(516-8520 三重県伊勢市黒瀬町562-12)

展示会テーマ: 「働くもの」 

入場無料です。
手洗いやマスク着用など感染対策へのご協力をお願いします。  

Posted by marutake_shige at 00:57Comments(0)伊勢フライングビーナス 

October 04, 2021

IFV2021年10月例会

2ヶ月ぶりの例会となり、多くの作品が集まりました。

アルエット轡悒螢灰廛拭
民間ヘリコプター
こうとくさんの作品。同じ機体を3つのスケールで作ったとのこと。

スケール3種のアルエット
左から、エレール1/40、フジミ1/50、エレール1/72。

最も大きなエレール1/40。聞き慣れないスケールですが、そういう時代のキットです。
エレール1/40
キットは素朴な出来なので、かなり手を入れてます。

フジミ1/50
フジミ1/50
フジミがこんなマニアックなキットを出していたんですね。

エレール1/72
エレール1/72

残念ながら例会に持ち込む際に前脚が折れてしまいました。展示会では直っているでしょう。
1/72なので1/40のだいたい半分の大きさですが、写真で見るとスケールの違いが分かりません。


オスプレイ
オスプレイ
テラチチさんの作品。イタレリ 1/48

オスプレイ
1/48だと大きなキットで、オスプレイが輸送機であることがよく分かります。
会員のイタレリ48オスプレイの予想評価は低くて、皆さん「こんなに良いとは思わなかった」そうです。アンタらどんだけイタレリ舐めてるのかと。

OV-1B モホーク
モホーク
ナカゼコさんの作品。ローデン1/48。

モホーク偵察仕様
ローデンのキットは箱絵がカッコよくて製作意欲を掻き立てられるのですが、プラがフニャフニャしていて作るのがたいへんだったそうです。
機体の面舵側下部にある黒い筒状のものは偵察用のカメラポッドです。

ミラージュF1
ミラージュF1
楠木会長の作品、エッシー1/48。

コクピット周辺
細部まで作り込まれています。

武装はフランス製マートラ
フランス機もいいですね。アメリカ機とは違うセンスの良さというか、スマートさを感じます。

ミラージュF1


ファントムFG1 
ブリティッシュファントム
落合さんの作品、ブリティッシュファントム。フジミ1/72

ファントム
ブリティッシュファントムはエンジンが英国製ロールスロイスになってます。
ただ平坦なノズルはフジミ的解釈というか金型の都合だと思われます。

海軍所属の空母艦載機です


戦艦長門
戦艦長門
原田さんの作品、フジミ1/700

小さいスケールは作るのがたいへん
手すりとか張り線とかたいへんそうです。

小さいスケールは見るのもたいへん
1/700のディティールはあまりにも微細で、私の眼ではよく見えません。
製作はたいへんですが、キレイに撮影してネットで大きな画像を見せ合う時代だからこそ、頑張って作る甲斐も出てくる気がします。

戦艦長門


ポルシェ911SC
ポルシェ
楠木会長の作品。スケールは1/24。

ポルシェ
タミヤのRSR934からの改造です。

後部にエンジンがあります


73式大型トラック 
73式大型トラック
岡田さんの作品。レジンキット 1/35
精密な仕上がりです。同じアイテムのプラキットがアオシマから発売され、急遽製作したとのこと。

精密なディティール
充分に精密な仕上がりで、環境を選んで撮影すれば実物と見分けつかないと思います。しかしアオシマのプラキットはもっと精密になっているそうで、次はそちらを製作するそうです。

ファッションモデルガール
飲食店従業員(基本給+歩合制)
阪口さんの作品。ハセガワ1/24。
良い顔に塗れていて、ちゃんと美人さんなのが良いですね。
フィギュア塗装は、乗り物系とは違った、美術の絵を書いているような楽しみがあります。

それでは展示会に向け製作を頑張って、来月も元気に例会やっていきましょう。SHiGE
  

Posted by marutake_shige at 23:33Comments(0)伊勢フライングビーナス 

August 04, 2021

IFV2021年8月例会

比較的ゆったりしたコクピット

週末土曜日は伊勢フライングビーナスの例会でした。

P-40 ウォーホーク 
胴体下に52ガロン燃料タンク

松月さんの新作、本日完成とのこと。レベル 1/32
古いキットですが、あちこち手を入れられて素晴らしい仕上がりになりました。
いつもながら全くスキのない仕上がりです。

機種にアリソンV-1710-39液冷V型12気筒エンジン(1,150馬力)

タミヤニュース掲載の記事「第二次大戦機の真相と深層」を毎号楽しみにしているのですが、そこで3回にわたってこのP-40が紹介されました(2021年1月号Vol.620〜3月号Vol.622)。これは筆者ご自身による実機取材に基づいた記事で、P-40に対しての興味がニワカに高まっていたので、良いタイミングで松月さんの新作を拝見できました。

風防前方に予備照門と照星

風防前方に取り付けられた照門と照星。P-40には光像式照準器が装備されていましたが、当時は信頼性が低かったので伝統的は照準具も取り付けられました。開戦初期を戦ったP-40らしい装備です。

生産性と整備性を重視

P-40は戦闘機としての性能はそこそこでしたが、「頑丈で信頼性が高くて、取り扱いやすい」のと、合理的な設計で生産性が高かったので、「必要とされる時に、必要とされる場所に、必要とされる数を揃えられた」とのこと。これは兵器として最も求められる絶対条件で、P-40は「傑作機」ではなかったかもしれませんが、「必要不可欠な戦闘機」でした。そのため各タイプ合わせて14,000機が生産され17カ国が運用して、開戦初期の苦しい戦局を支えた殊勲機となりました。


重巡洋艦 高雄型4隻
高雄級重巡洋艦4隻

村井さんの作品。アオシマ1/700。
上から、高雄、愛宕、鳥海、摩耶だそうです。

左:愛宕、右:高雄
左:愛宕、右:高雄
よ〜く見ると微妙に違っていて、全く同一ではないことが分かります。しかしどっちが高雄でどっちが愛宕かは、よほど強い関心を持って調べないと分かりません。

上:高雄、下:愛宕
上:高雄、下:愛宕

左:摩耶、右:鳥海
左:摩耶、右:鳥海

上:鳥海、下:摩耶
上:鳥海、下:摩耶
細部はピットロードのエッチングでディティールアップ。


戦艦大和 
戦艦大和
原田さんの作品 フジミ1/700
菊水作戦時の最終状態です。

戦艦大和


九五式軽戦車
九五式軽戦車
ナカセコさんの作品。ファインモールド1/35
フィギュアもファインモールド製です。

73式大型トラック 
73式大型トラック
岡田さん製作中の自衛隊の汎用トラックです。
プラキットではなくレジンキットで、スケールは1/35です。
完成まであと少しです。

ハリウッドセレブガール
ハリウッドセレブガール

ナカセコさんの作品。キットはハセガワ、1/24。
地元伊勢市出身の模型界の人間国宝・辻村さん原型による人気フィギュアシリーズです。

ハリウッドセレブガール
ハリウッドのセレブさんはとても細身ですね。スリムなスタイルが世界中の女性の憧れです。

ケンメリスカイライン
ケンメリ
寺尾クン製作中。デアゴスティーニの大型モデルで、スケールはなんと1/8。博物館の展示品のような大型サイズです。
全100冊で完成だそうで、現在40号あたり。因みに1冊あたり2,000円ですので、完成までにかかる費用は…まぁセコい話はやめましょう。

ニッサン直列6気筒エンジン
直列6気筒エンジンはダイキャスト製で重量感があります。
クランクシャフトを回すと内部のピストンが上下するそうです。

まだまだ製作もお金もたいへんですが、ここまで来たら最後までガンバってください。完成して初めて、見えてくるなにかもあるでしょう。SHiGE
  

Posted by marutake_shige at 11:39Comments(1)伊勢フライングビーナス 

July 05, 2021

IFV2021年7月例会

週末土曜日は伊勢フライングビーナスの例会でした。

SBD-1

アメリカ海軍 SBDドーントレス 3種
村井さんの作品、スケールはすべて1/48。

SBD-1 ドーントレス
SBD-1
キットはアキュレイト。
WW2開戦時において、ドーントレスは世界最高の急降下爆撃機で、アメリカにとって最も苦しい時期を戦い、形勢を逆転させました。

SBD-3 ドーントレス
SBD-3
キットはハセガワ。
SBD-3
急降下爆撃機らしく穴の空いた大きなダイブブレーキが特徴です。

SBD-5 ドーントレス
SBD-5
キットはアキュレイト。

SBD-5
この作品だけウェザリングが施されていてリアル志向に仕上げられています。作品実物を見ると光沢仕上げの他2機よりも地味ですが、画像でみるとリアルでかっこいいですね。

SBD-5


カナディア CL415 消防飛行艇
機体側面のデカール貼りが難所
阪口さんの作品。エレール、1/72

CL415
水面に着水して機体下面のスクープから水を取り込み、火災現場に散布する消防飛行艇です。

まっすぐで長い主翼が特徴

機体側面に大きなマーキングがあって、デカールがどうしても合わずたいへんだったそうです。
カナダの飛行艇です


A-10AN-AW 複座攻撃機 
複座型A-10
福田くんの作品。ホビーボス、1/72。
A-10攻撃機の複座バージョンです。初めてみました。

多数の兵装を搭載可能
地上攻撃って複雑な計算と精密なナビゲーションが必要に思いますが、A-10とか海軍のA-4スカイホーク、A-7コルセアとか単座ですよね。難しい計算はコンピュータがやってくれるのでしょうが、複座にすることでパイロットの負担は大幅に軽減されるでしょう。

二式水戦
二式水戦
福田くん作品、ハセガワ1/72。

二式水戦


SF3D・ラプター
ラプター
これも福田くんの作品、海洋堂1/35。

マクラーレン・セナ
マクラーレン・セナ
原田さん今月の作品、タミヤ1/24。
タミヤの新製品で、塗装や組み立てへの配慮があちこち感じられる、たいへん良いキットだそうです。

デッケルFP1 万能フライス盤
デッケルFP1 万能フライス盤
落合さんの作品、ファインモールド1/12。
今年の展示会テーマである「働くキカイ」のための作品。ユニークな工作機械のキットです。

***
小クラブ展示会は、去年は中止になってしまいましたが、今年はぜひとも開催したいと考えております。
11月開催を目指して調整中です。詳細決まりましたらまたご報告します。

***
前回ご好評いただきました親子模型教室を、再度8月に開催することになりました。
開催日は8月21日(土)で、会場はいせトピアです。
今回は午前・午後ともミニ四駆教室で、各クラス6組。
対象は、伊勢市内在住の小中学生とその親です。
参加ご希望の方はいせトピアまでお問い合わせください。SHiGE
  

Posted by marutake_shige at 00:45Comments(0)伊勢フライングビーナス 

June 08, 2021

IFV2021年6月例会と親子模型教室

週末土曜日は伊勢フライングビーナスの例会でした。

ホーカーテンペスト
ホーカーテンペスト
村井さんの作品。1/32スケールの大きな作品です。
作品が大きいので大袈裟なウェザリングなしでも細部まで見栄えして、しかもリアルです。
ホーカーテンペスト
主翼上の水滴形のでっぱりは機関砲に給弾する仕組みのカバーです。武装は20ミリ機関砲4門と強力。

機種の特徴的なラジエターインテイク。
プロペラ下にラジエター吸気口
エンジンは2400馬力もあり、レシプロでは殆ど限界の最高時速700kmhを発揮して、ドイツのV1ロケット迎撃に活躍しました。

ホーカーテンペスト
こうやって見ると主翼も尾翼も微妙な曲線と曲面で作られていて、凝ったデザインなのが分かります。

ルノーアルピーヌ
ルノーアルピーヌ
会長の作品。スケールは1/24。
ハッチは開閉可能
後部のエンジン用ハッチは自作金属パーツで開閉します。
カーモデルの可動パーツ化は極小の部品をキレイに作らねばならないのでタイヘンです。

フォード・エスコート
エスコート
会長の作品 1/24
エスコート
スポンサーに英国のタブロイド紙「デイリーミラー」が見えるので、イギリスのチームの車かなと。
今年は青いクルマを作っていくそうです。

陸上自衛隊 軽装甲機動車
軽装甲機動車
タミヤ 1/35
控えめながら低在適所なウェザリングにセンスを感じます。

空母 蒼龍
空母蒼龍
原田さんの作品。フジミ1/700

スマートな船体
艦船モデルは単品展示の場合やっぱりフルハルの方がいいですね。
水面下がどうなっているのか気になりますからね。

零戦、九九艦爆、九七艦攻
蒼龍は正規空母としてはやや小さめながらデザインは完成していて、その後の日本空母に大きな影響を与えています。

木製甲板
艦載機のプロペラとキャノピーはエッチング、脚は真鍮線とプラ材で自作。キャノピーは透明パーツよりもエッチングのほうがシャープに見えて良いそうです。九九艦爆は脚カバーが特徴なので、脚部のディティールアップは頑張りどころです。

******
【親子模型教室】
親子模型教室
5月22日に開催しました「親子模型教室」は、おかげさまでご好評をいただきました。
多くの方に参加希望をいただきましたが、密を避けるため参加枠を増やせなかなったので、参加していただけなかった方も多くいたとのこと。そこで8月21日に2回めを開催することになりました。たぶん前回と同じような内容になると思われますが(午前がミニ四駆/午後がガンプラ)、詳細決まりましたらまた広報します。

【会場の様子】
コース設営中
ミニ四駆のコース作り。説明書が無かったので意外にタイヘンでした。大きなコースで予選して、ループのあるコースで決勝レースと考えておりましたが、ループのコースは「上級モデル向け」で、教室で組んでもらったミニ四駆ではループを登れないという事態が発生してしまいました。

予選用コース
予選コース

決勝用の予定だったループ付きコース
ループ付き決勝コースのはずでしたが…

午前のミニ四駆教室ではタミヤの「ジルボルフ」を作っていただきました。ジルボルフ

ジルボルフはMA(ミッドシップエアロ)シャーシという種類で、モーターのシャフトが前後両方ともギアをつけられる長さになっていて、シャーシ中央にモーターを配置して前後の車輪を直接回転させるのが特徴です。

これを小クラブ員の指導のもとステップを追って製作していただいて、最後にマーキングのシールを貼って完成です。たぶん最も難しいのはこのシール貼りで、やや大きめのシールをボディの曲面に合わせて貼るのですが、子どもたちは注意深く丁寧に貼っていって、どのミニ四駆も綺麗に仕上げてくれました。

製作風景


午後はガンプラ工作教室
親子模型教室

バンダイの色プラのガンダムを作っていただきました。子どもたちは真剣に黙々と作業に集中していました。

組み立てが終わったらガンダムマーカーで墨入れして、よりリアルな仕上げを目指します。墨入れすることでディティールがはっきりして見栄えが良くなっていくのと、自分のオリジナリティを発揮できるのが楽しいようで、塗装に取り掛かってから一気に子どもたちの目が活き活きしてきたのが印象的でした。

子供向けの作品を中心に
賑やかしにクラブ員の作品を展示しました。

賑やかしのクラブ展示

【ミニ四駆走行会の様子】

やっぱり自分で作ったミニ四駆を走らせると楽しいですね。
見ていてほんとうに飽きないです。
SHiGE

  

Posted by marutake_shige at 00:52Comments(0)伊勢フライングビーナス 

May 02, 2021

IFV2021年5月例会

昨日は伊勢フライングビーナス例会でした。
レジンフィギュアモデラーズの女性フィギュア
中世古さんの作品。

スケールはちょっと大きめ1/20。表情がいいですね。












メルセデス・ベンツ-セーフティカー
メルセデス・ベンツ

これも中世古さんの作品。フジミ 1/24
セーフティカー

真面目で手堅い仕上がりの作品。明るいシルバー塗装がキレイに決まりました。

運転席が後ろよりでロングノーズの車体
どこか懐かしさを感じさせるスマートなスタイルです。

バンダイのロボット4体
バンダイロボット軍団
今月は原田さんがいっぱいロボットを作ってきてくれました。

鋼鉄ジーグ
鋼鉄ジーグ
アニメのオリジナルに最も近いだけでなく、プロポーションも最高です。

これでほぼ素組みです
力強さと機敏さを感じさせるデザイン。今だからこそカッコよさが際立っている気がします。

マッハドリル装備
マッハドリルつき

UFOロボ グレンダイザー
ゆけゆけディークフリード
こちらは昔のアニメとはプロポーションもディティールも大幅に異なっています。
頭が小さくなってモデル体型になっているほか、腰がくびれてボディビルダーのようになり、足も長くなって今風にカッコよくなっています。
体の各部分は細かくタイル状に分割されていて、ディティールが大幅に増え精密感が高まりました。またタイルの隙間があることで、ちゃんと動きそうな気にさせてくれます。

マジンカイザー
マジンカイザー
最初はグレートマジンガーの現代風解釈かなと思ったのですが、マジンカイザーというテレビ放映されていない別のロボットなのだそうです。

ブレストバーンは透明パーツ
大きな翼が特徴あります。

ゲッタードラゴン
ゲッタードラゴン
ゲッターロボの後発アニメの主人公ロボなのだそうですが、これも知りませんでした。すいません。
これらのキットはほぼ素組みで完成されており、塗装した箇所もごく僅かとのこと。バンダイの色プラ恐るべしです。

ミニ四駆 ホンダe
ホンダe
タミヤのミニ四駆です。ktさんの作品。
愛嬌あるスタイルで愛嬌を振りまきながらコースで元気よく走りまわります。

電動自動車のミニ四駆

今月5月22日に小クラブ主催で親子模型教室を開催します。
密を避けるため参加人数を少なくしての開催ですが、お陰様で多数の参加希望をいただき、既に満席となりました。
模型教室では午前にミニ四駆、午後はガンプラの製作を行います。
予想以上にたくさんのご希望をいただいたので、夏にまた模型教室を開催できないか現在調整中です。SHiGE
  

Posted by marutake_shige at 01:19Comments(0)伊勢フライングビーナス 

March 11, 2021

IFV2021年3月例会

先週末6日は伊勢フライングビーナス例会でした。
E-2C ホークアイ

E-2C ホークアイ “航空自衛隊”
E-2C ホークアイ

落合さんの作品。ハセガワ1/72
特徴的な尾翼

E-2Cも長く使われてますね。アメリカのは海軍運用で空母にも搭載可能です。日本では航空自衛隊が運用。
E-2C ホークアイ
真面目で手堅い仕上がりです。

ヤンマー トラクター YT5113A
赤いトラクター
農家のフェラーリこと、ヤンマーの最新トラクターです。
原田さんの作品 ハセガワ1/35
風に逆らう〜
キャビンは閉鎖式。風のある日に田をおこしてもホコリまみれにならず、また炎天下でもエアコンで快適です。
俺の気持ちを〜
農耕機は一般に高価ですが、特にこのトラクターは大型で最新型ということもあってたいへん高価(どの仕様でも1千万円以上)です。
知っているのか〜
かなり手広く、大規模に経営している農家さんでないと買えない、農家の憧れのトラクターが模型で手軽に手に入るようになりました。
赤いトラクター〜♫


ヤンマー コンバイン YH6115
ヤンマーコンバイン
こちらは農家のランボルギーニこと、ヤンマーの最新コンバインです。
やはり原田さんの作品。ハセガワ1/35
運転席は冷暖房完備
これももちろん運転席キャビンは閉鎖式&冷暖房完備。
お百姓さんが汗水流して働く時代は過去のものになりつつあります。

特徴的なモミ排出オーガは可動します。
モミ排出オーガ装備
これあるとモミを直接トラックに放出できて楽なんですよね〜。

足回りは組やすさを重視して、最小限のパーツで再現。ここはほとんど見えないですし、転輪や履帯を別パーツにすると一気に組み立ての難易度が上がるので、これで十分です。
必要にして十分な足回り


今回、ksinさんが撮影用のLED照明を持ってきてくれて、それで撮影しました。
これはDIME(ダイム)という雑誌の付録なのだそうです。
ダイム付録の撮影用照明

これを使えば暗い場所でも・・・
暗くて作品の魅力が伝わりません

鮮やかに撮影できました。スゴイです。
目の前が明るくなりました

例会会場での撮影は天井の屋内蛍光灯だけなのであんまり良い環境ではないのですが、この照明があると見る方向から光を当てられて明るく鮮明に撮影できます。
LEDで消費電力が少なく、USB電源で使えるのも今どきで便利です。

黒いミニ四駆
ミニ四駆
テラ父さんの作品。タミヤ

くまモン運転中
くまモンが運転してます。

4輪駆動で元気に走ります
ちょっと先の話ですが、5月22日(土)に「親子プラモ教室」を予定しています。教室で作るプラモは子供たちに人気のあるものをと言うことで、午前がミニ四駆、午後はガンプラを作ってもらうことになりました。会場はいせトピアです。また詳細決まりましたらお知らせします。SHiGE
  

Posted by marutake_shige at 13:26Comments(0)伊勢フライングビーナス 

February 10, 2021

IFV2021年2月例会

先週末は伊勢フライングビーナス例会でした。
皆さん家に籠もって製作に励んでおられるようで、沢山の作品が集まりました。

ブリストル・ボーファイター TF.Mk.X 
ブリストル・ボーファイター TF.Mk.X
テラチチさんの作品 タミヤ1/48
魚雷にロケット弾と重武装です

真面目で正統派の仕上がりです。
手堅い仕上がり


E-2C ホークアイ
E-2Cホークアイ製作中
落合さん製作中。ハセガワ 1/72

ストームタイガー 
ストームタイガー
タミヤ 1/48
ヨンパチなので3色迷彩は明るめ

重量感ある車体後部


マーダーI
マーダーI製作中
登さん製作中 タミヤ 1/35
タミヤの新製品。たいへん良くできてます。
車体の小ささが分かります
自走砲ですが、車体がとても小さくて移動はたいへんそうです(斜面で傾くと転びそう)。装甲も薄いので待ち伏せ専門という感じですが、車高はそれなりに高いのですぐ見つかりそう。一発目はずしたらアウトな気がしますが、搭載する7.5cmPAK40は強力な対戦車砲です。

ランチア・デルタ
ランチア・デルタ
会長の作品。キットはハセガワかな。1/24
クルマ雑誌に掲載決定!
ランチア・デルタ
昭和の走り屋の憧れのクルマです。

ランチア・デルタ

車内インテリア
ロールバーに4点式シートベルト、キッチリやってます。

トヨタ2000GT
トヨタ2000GT
寺尾君の作品 1/32
トヨタ史上最も美しいクルマだと思います
スーパーカーって感じします。
トヨタ2000GT


スカイライン ケンメリ
まだ始まったばかりです
寺尾くんデアゴスティーニに挑戦中。すごく大きいです。
ホイールとエンジンのフタは金属製、完成まで2年くらいかかるとのこと。楽しみにしてます。

消防車〜はしご車とポンプ車
消防車
原田さんの作品。アオシマ 1/72
はたらくクルマ
はしごは伸びますがとても繊細で、慎重に伸ばさないとすぐ折れそうとのこと。またジャッキも再現されていて(やろうと思えば)開けるそうです。遊べるオモチャではなく、精密なディスプレイモデルです。

イデオン
イデオン
コウトクさんの作品。アオシマ
電飾で光ります!

光が左右に動くのがナイトライダー的というかギャラクティカのサイロンみたいでカッコいいです。
電気を供給するスタンド
自作したスタンド兼電池ボックス

コロナに負けず、来月も例会やっていきましょう。SHiGE
  

Posted by marutake_shige at 17:19Comments(0)伊勢フライングビーナス 

January 11, 2021

IFV2021年1月例会

先週末は今年最初の伊勢フライングビーナス例会でした。

ランボルギーニ・アヴェンタドール
アヴェンタドール
原田さんの作品、アオシマ1/24
なんでも作る原田さんですが、ここのところ1/24のカーモデル&フィギュアを製作されてます。
今月はスーパーカーです。

ガンダム
無塗装でここまで色分けされてます
オカダさんの作品 バンダイ1/144
多色成形の色プラで、無塗装でここまでできます。
塗装なしでアニメの雰囲気が出るのは、初心者だけでなく「ガンダムは欲しいが塗料を集めるほど投資したくない」というライトユーザーにも有難いキットです。またロボットは関節など可動部分が多いですから、塗装だとどうしても剥げてしまいますが、プラに色がついているとその心配もありません。

少年剣士
暴れん坊少年
こちらもオカダさんの作品。
アニメの登場人物でしょうか。スケールは1/12くらいです。
こちらは多色多層成形のキットで、眼や口なども無塗装でこの状態です。
緑と黒の市松模様のマントのみ塗装されたパーツが入っているそうです。
まだ製作中なのだそうですが、どこが製作途中かわかりません。
ポーズがダイナミックで漫画/アニメの決めポーズ場面のようです。
喰らえ!必殺技!


カーチス P40 ウォーホーク
カーチスP40ウォーホーク
マツヅキさん製作中、レベル1/32
軽く作るつもりがドハマりしてしまったとのこと。
液冷エンジン
コクピットやエンジンなど、機内インテリアが完成したところです。
キットにはもともとエンジンパーツが含まれていたそうで、配線やパイピングを追加しています。
完成したコクピット内部
完成したコクピット周辺

機体下面の脚収納庫は全くディティールがなく、自作したとのこと。
ディティールアップされた脚収納部
日本機を製作されることの多いマツヅキさんですが、アメリカ機をどう仕上げられるのか、完成が楽しみです。
引き続き、製作頑張ってください。

【1月恒例のキット交換会】
今年もたくさんの貴重キットが交換されました。
キット交換会
私の場合、「交換会で譲り受けたキットは3年以内には必ず完成させる、させないのであればもらわない」という自己ルールがあり、今年は物欲に負けることなく1個も手を出しませんでした。これで自分のストック消化に専念できます、と思ったらそうではなく、昔譲り受けたキットがまだ手元にありました。早急になんとかします、したいと思います、多分できると・・・。SHiGE
  

Posted by marutake_shige at 17:10Comments(0)伊勢フライングビーナス