洋風の家 飯村

 建前が終わり、その後の画像です。

1-1-IMG_20180520_212945

  構造材の画像です。

1-2-DSC_0069

  大黒柱が建て前して、「やっぱりいいな」と思いますが
如何でしょうか?

1-2-IMG_20180520_212709

  土台の据えつけです。

1-3-DSC_0063

  骨組の画像です、大きく頼もしい材です。

1-4-DSC_0064

  丸山建設では、長い材を使うのが、特徴です、大手メーカー
では、短く、細い材が使われています。


1-5-DSC_0075

 屋根を進めています。

1-8-IMG_20180525_162525

  サツシの枠の取り付けしています、窓の大きさ、巾の確定
ガラスの等級などを、お客様が決めて頂きます。

1-9-IMG_20180604_141933

  瓦を葺いています、瓦棒に1枚ずつビスで止めます。

1-10-IMG_20180608_145808

  断熱材を入れています。

1-11IMG_20180608_150247

  太陽光の設置を予定しています。


作業場では、木材の加工をしています。


1-4-IMG_20180510_222737

  柱の加工です、

1-5-IMG_20180510_222704

  梁、桁の刻み作業、

1-3-IMG_20180510_222639

  桁の加工、長材が特徴です、

1-2-IMG_20180510_222618

  大きい梁の写真です、

1-1IMG_20180510_222539

  通柱の加工です、

 18日に地鎮祭を行いました、

IMG_20180421_180022

  アゲモノには 運のつくものが縁起が良いと
 されています、

  だいこん、 にんじん、 カンラン、ミカン、リンゴ、 
  いずれも ん がついています、
  現在
 外周のブロック積を行っています。


豊川、八幡に若いご夫婦の家

     「三河材で木の家をつろう」

この度、完成見学会を行いました。

1-1-IMG_20180610_102649

 大勢の方に、見学会して頂きました、ありがとうございます。

1-3-IMG_20180609_095445

  玄関ホールです、収納はお客様のアイデアが多く提案され
ています。

1-4-IMG_20180609_095510

  リビングです」、今回はタナを多く付けています。

1-5-IMG_20180609_100017

  キッチンを撮りました。

1-6-IMG_20180609_100247

  棚が随所に、これもお客様のアイデア。

1-7-IMG_20180609_100136

  この収納も便利だと思います。

1-10-IMG_20180609_095220

  点検口です。

1-11-IMG_20180609_095059

1-13-IMG_20180609_095145

  ロフトにはハシゴをつけました。

1-14-IMG_20180609_095236

   建具には、色々の模様をつけています。

1-15-IMG_20180609_095340

  洗面所です。

1-16-IMG_20180609_095405

  トイレ、棚を付けました。

1-17-IMG_20180609_095349

  ユニットバスです。

1-20-IMG_20180610_113751

  建具の模様は、奥様のアイデアです、業者だけでなく
お客様も楽しみをいれて、家造りをされたと思います。


建前を終えて、金物、筋違を入れています、

1-1-IMG_20180206_125743

  筋違は後日隠れますので、写真に撮っておくことが重要、

1-2-IMG_20180206_125752

  筋違を入れています、

1-3-IMG_20180206_125928

  ホールダウン金物を取り付けしています


1-5-IMG_20180206_125811

 化粧野地板、厚30mm巾24cm(天井板)になります、

2月6日の現場です。

一年を通じ最良の日「節分」に建前を行いました、お蔭で天気良く

建前日和でした、この季節では最高の日、感謝します。以下画像

をご覧ください。

1-DSC_0778

   土台を据えた所です、

2-DSC_0780

  現在では、ボルトの多いこと、昔と大違いです、

3-DSC_0776

  小屋組の画像です、ヒノキと杉全て三河材です、今、全て

三河材を使うのは丸山建設と思います、

4-DSC_0785

  小屋組のボルト締めです、

5-DSC_0787

  角度を変え撮りました、

6-DSC_0790

  小屋組は屋根の下地になり、後々の瓦の葺き方にも影響

します、


7-DSC_0792

  軒の部分を撮りました、野地板厚み30mmの材です、

8-DSC_0784

  野地板は、長さ4m、厚み30mm、巾24cm、この材は

市販されていません、全て丸山建設のコダワリです、

24cmの巾を揃える製材は、殆どありません、コダワッて挽く

から張る事ができます。それが丸山の生きがいです。


この度、豊川市八幡に若いご夫婦の家を作ります

   以上が建前の画像です。

DSCN8564

  作業場で加工中です、高樹齢を仕入れて、三河材の特徴である

長い材を使い大きく、建てた時の満足度をお客様に喜んで頂き

たいです。

DSCN8557

  杉材を長く注文します(利点ツナギが少なく丈夫) 今 H、M

等では、短い材を多くツナギ家造りしていますが、この地域での

お客様は詳しい方は長い材を好みます

DSCN8556

  こうした材を加工しているのは、若い大工で、とっても
真面目で、いつも気持ちの良い青年です

6-DSCN8561

  柱材です、これから墨付けして加工します

5-DSCN8560

  とても良い材です、弊社がコダワリ挽いた材です

1-1-DSC_0691

   現場では基礎工事を進めています

1-1-DSC_0692

  今では、多くの鉄筋を使います

1-2DSC_0687

  防水シートを引きその上に耐圧盤を打ちます

1-3DSC_0695

  鉄筋を組んでいる所です

湖西市 に 洋風の家を新築します

  洋風の家を湖西市に建築します、

IMG_20180411_235139
  
  現在申請中です、



メッセージ