昨年末、元宮大工のI様が、沢山,家を見たがココ程、材料のいいのは
  初めてと、奥様と一諸にご来場されていて、その場でご注文されました。
 弊社では、他社との違いとしてヒノキはヒノキでも高樹齢の材を使っています、どうして判るか?
①赤味の部分が多い事です、木材の赤味と通称シラタとありますがシラタは外皮に近い部分
  赤味は中心に近い部分です。
②肝心なのは年輪です、年輪が1mm~2mmならば最高ですが3mm迄ならば許される範囲だ
 と思いますが全てそうは行かない場合が有りますが、基本的に素材屋さんにお願いしています。
③新月伐採にもコダワっています。そうした業者さんは皆無に近いそうです。
④弊社の材が良い評価を受けていますのは①と②と③にコダワリが有るからです。
 I様のように宮大工さんならば材を一目瞭然にして判ります。
    
   5月8日
 長い間、ご迷惑おかけ致しました、全てを知り尽くしています宮大工のお客様に担当した
山本君、判家君も大工として造作工事は特に1本1本、1枚1枚心込めて張って取り付け
したと思います。お客様も任したでノンと何度もおっしゃって頂き私共に気を配って頂き感
謝で一杯です、この現場の最後に左官の杉野君が急に倒れて、奥様の適切、迅速な手配
により一命を保つ事ができました。誠にありがとうございます。
 その為に工期も長引く事になりましたが寛大なるお気持ちで完成を迎える事が出来まし
事に感謝申しあげます。  入り母屋の家、 しかも全て三河材の家で家造りは他社では
マネの出来ない事と思います。
      完成写真を掲載します。
Dscn7907
 南面完成写真です。

Dscn7909
 玄関廻りです。

 5月4日連休の最中ですが、現場では、蒲郡、豊橋の牟呂の現場は美装屋さん期限に
間に合うよう頑張っています。家の外廻りを整備してキレイになり建具も取り付け完成し
ました。

1-1-DSCN7807
  和室です、天井も弊社の得意な所です、床の間、仏壇、神棚とこの
部屋が和の象徴する所で、この部屋なくして、入り母屋の家に是非欲しい
部屋です。

1-Dscn77942-1-Dscn7798
南面です。外部はもう一度撮り直しします。     北東から撮りました。

2-Dscn77963-1Dscn7850
 北西面より撮りました。                玄関框と式台全てケヤキ材です。

3-3DSCN78493-4DSCN7822
 玄関ホールです。                    衝立です、お客様が元々有ました貴重なお宝。

4-2Dscn78335-DSCN7800
 下駄箱です。                       玄関ホールです。

7-Dscn78038-Dscn7804
  階段です、ケヤキ材です。             居間です、この棚も弊社の家具職人の作です。

10-Dscn781311-DSCN7805
 リビングのテレビ台と部屋の入り口の建具が   和室二間続き、千本格子の建具です。
如何?ですか。

12-1Dscn781214-DSCN7808
 和室との堺の建具板戸ですが、この様な建具   雪見障子です。
は今後作る事が出来ないかも?

15-DSCN780916-DSCN7830
  二間続きの和室建具にご注目?         お客様のご自慢の衝立?
                                  
                    後半もあります(5月5日)6日に掲載します。

17-DSCN783118-DSCN7824
  二間続きの天井です。                キッチンです。

19-DSCN782520-1Dscn7815
 リビングの飾り棚です。                 トイレ弊社の得意なトイレ、床、壁、天井と
                                香りに対してヒノキの香りが勝る事でいつも
                                清潔、長くキレイに保てます。

20-Dscn781720-DSCN7826
 トイレの入り口の建具です。              キッチンの天井です。

22-1Dscn782022-DSCN7818
 洗面所の収納です。          

23-DSCN781924-DSCN7836
 ユニットバスです。                   階段です。ケヤキを沢山使ってこれからはこの
                                様な階段は出来ないかも?

25-Dscn783927-Dscn7840
 二階ホールです。                    洋間です。

28-Dscn784129-DSCN7846
 洋間の収納です。                   押入れの建具、杉の材です。

30-1Dscn784330-Dscn7842
 押入れです。                          5月6日掲載

 4月11日の現場です、現場は進んでいますが建具工事が沢山あり今製作中です
建具の製作する所をみて手の込んだ建具です、手間がかかるのも当然かなーと思う
建具です、取です、左官工事も終わりました掲載します、ご覧下さい。

s-10103071-DSCN9814
  建具が早く着けば素晴らしいくなります。

s-10103072-DSCN9815s-10103073-DSCN9816
 玄関脇の丸窓です。

s-10103074-DSCN9817s-10103075-DSCN9818
 トイレの入り口です。                   リビングの天井です。

s-10103076-DSCN9819s-10103077-DSCN9820
キッチンです。                       二階ホールの洗面です。

s-10103078-DSCN9821s-10103079-DSCN9822
 二階のトイレです。

s-101030710-DSCN9823s-101030711-DSCN9824
東の釜屋部分です。                    ホールの天井です。

2月26日最近の現場です。
1-1-DSCN7555
 大工の仕事が終わりました、これより左官仕事が忙しいです。

1-1Dscn75542-DSCN7561
 玄関廻りです、ヒノキの羽目板張です。      玄関ホールの天井です。

4-Dscn75565-DSCN7558
 天井も色々な形状があります。

6-Dscn75577-DSCN8058
  この部屋は左官工事が進んでいます。      玄関ホールにも長押がついていますが沢山
                                の家を作って来ましたが初めてです。

8-Dscn805910-DSCN8061
 収納は家具職人の作品です、これからもまだ沢山の家具を註文されています。

11月25日の現場です。
DSCN7000DSCN7407
 霧除けです。                       長押を取り付けしています。

DSCN7409DSCN7411
 今迄に長押の多い家は今回初めてです、     この部屋も長押があります。

DSCN7412DSCN7416
 土壁下地、縄巻小貫です。              天井も無垢材です、この部屋も長押つきです。

DSCN7413DSCN7414
 断熱材です。

  11月27日の現場です。
1-DSCN69901-1DSCN6997
 玄関に霧除けが、左官工事で仕上げる事が    玄関土間の天井です、施主様もご満悦です。
最近少ないですが建材でなく左官工事の様に
手間をかけるのも部分的には価値感が上がり
ます。

2-DSCN69913-DSCN6992
 ホールの天井です。                  二間続きの天井です。

4-DSCN69935-DSCN6995
 角度を変え撮りました。                土壁の下地です、縄巻で土のツキが良くなる
                               よう工夫しています。

10月31日の現場です。
1-1DSCN65601-DSCN6561
 今回撮りましたのは現在霧除けの取り付け    南より撮りました。
前回と違うのは、玄間と2階の霧除けの取り
付けです。

3-DSCN65574-DSCN6555
 倉庫はほぼ完成しています。            断熱材を入れ終えました。梁の大きさは、最近
                               の建物にしては珍しいですね?

10月5日の現場です。
1-DSCN60772-DSCN6079
 屋根瓦を葺いています、棟瓦ものり家の風格がでて来ました。

3-DSCN60804-DSCN6081
 西北面から撮りました。                内部造作の準備をしています、敷居、鴨居等
                              を作っています。

5-DSCN60866-DSCN6089
 床のネタ材です、通常の二倍の大きさのネタ   断熱材を取り付けしています。
です。 

7-DSCN60918-DSCN6094
 断熱材、後日内部が見えないので、現段階で   二階の剛性床材です、28mm合板の下には
写真を沢山撮っています。               不燃材のPBを貼ります。

9月10日の現場です。
1-DSCN55382-DSCN5542
 現場では瓦葺き職人が、弊社にはこのY君が専門に来て頂き瓦を葺いてくれます、すでに25年
以上になるかと思いますが、お客様に受けが良く、現場で合っても話は少ないですけれど目と目で
合わせるだけで安心な職人です、こうした方が実際には減ってきたのが実情です。

3-DSCN55334-DSCN5523
 換気孔です、風通しが良くなるように南から北に通しています。
右の写真ですが大黒柱が目につきます、ケヤキの材で、玄関に入った所に立ち、これからここが
皆さんの注目されるでしょう。

5-DSCN55246-DSCN5526
 構造材が今の段階で全て見えます、柱の良さは良いものばかりです、弊社ではこの様な柱が沢
山確保していています、全てのお客様に喜んで頂くよう「おもてなし」ができます用努力しています。
この写真で筋違の状況がわかります、将来エアコン等つける時に参考になります。

7-DSCN55288-DSCN5530
 貫が入っています、大貫でこれに縄巻をした材を打ちつけ土壁を塗ります。
断熱材も購入しています。

9-DSCN553510-DSCN5543
 屋根の先ですが、こうした建物が減り、大工の腕が段々と生かされる機会が無くなり残念な風潮
です。工務店そのものがHM寄りの建物が多くなり、伝統的な木造の良さを生かさした建物が多く
なることが望まれます。

11-DSCN554512-DSCN5539
 サッシの取り付けにシート貼りして雨漏りを防ぎます、サッシ全部にこの作業をします、この作業
も検査対象になります、「写真では見にくいのですみません」この作業の上に通気桟を打ち外壁
を貼ります。

8月20日の現場です。
屋根仕舞いが終わり瓦の打ち合わせに行きました、現場は外部の面材を打ちアルミサッシ
の下地を入れています。
1-Dscn53053-DSCN5308
 敷地はとても広く、畑には野菜が多くつくられています。大きい家ですので遠く離れないと画面
がうまく撮れません。この様な現場はめずらしいです。
 外部の面材を打っています。耐震等級をアゲルのには、構造用合板と共に利用します。
4-DSCN53105-DSCN5312
 良い形になってきまして、お客様もお喜びです。
6-DSCN53137-DSCN5314
 大黒柱が目に入ります、多くの方が見学に来るようです(現場の大工の話)この建物は最近
では見られないと思いますので興味の有る方に良い見本になると思います。
7-DSCN53148-DSCN5318
 面材と筋違の写真です。               2階の骨組みです。

野地仕舞いです(8月2日の現場)
1倉庫DSCN50192-倉庫1DSCN5017
 この2枚の写真倉庫です、倉庫も全て三河材です。
DSCN5013DSCN5014
 破風板これが木造入り母屋の家には重要です、丸山建設の破風板は色々とな建物を見て参考
にし自らが考案したもの、大きくなく、ホソク無く、この破風板を採用してから、十二単衣風の破風
は弊社の家には欠かせないものとなりました(入り母屋、和風の場合)
DSCN5015DSCN5016
 軒先の化粧野地板を貼りました。入り母屋の隅木の反りもチョイ反りが好みで、お客様にも説明
し重厚差でなく入り母屋の家でも、品の良さを売りにして行きます、これから瓦等もお客様とご相談
の上決めて行きます。
 7月30日~31日の日を選び建前です、猛暑のなかですがお蔭様で無事に終える事
が出来ました。
1-DSCN4943
  50坪を超す家は建前を2日間かけて建前を行います、なるべく雨仕舞い
を行いたいからです。この写真は2日目のものです。
2-DSCN4948
 南面からの写真です、大きな家です、それに負けない材で、ボリューム
の面で入り母屋の家にふさわしくなりました。
3-DSCN4955
 大黒柱です、やはり1本ありますと家に重厚差が出ます。
5-DSCN49796-DSCN4974
 柱の大きさ38cmあります。            土台の大きさ135mmです。

7-DSCN49808-1-DSCN4963
 この通柱ですが210mmあります。        2階の梁です地松を使っています。
8-2-DSCN49618-4-DSCN4969
 ココまで来た梁ですが、設楽の山奥から皆さんの手で伐採し、運搬、製材、大工の加工と
この様になりますと、ずーと見てきた私には今迄の苦労が実ったと喜びもひとしおです。
8-5-DSCN49708-6-DSCN4972
 基礎の換気孔ですが風の通りを考え全て通りよくなっています。
9-DSCN498910-DSCN4994
 軒先ですが反りと段を重ねて完成が楽しみ。   そろそろ上棟祭の準備です。11-DSCN499912-DSCN5000
 記念撮影です。
13-DSCN500414-DSCN4995
 大勢の方が、餅拾いに来られて賑わいが有り、皆さん大喜びでした。
7月26日の現場です、建前は31日です、柱は25日の大安に建てました。
7-DSCN48508-DSCN4853
 日曜日に大安でない場合は直前の大安を選び  看板です。
柱を建てます。
6-DSCN48515-DSCN4849
 土台を据え付け、下端にはアリ断シートを     土台は135mm角芯付き材です。
貼って有ります、白蟻剤も塗ってあります。
4-DSCN48473-DSCN4845
 材の運搬です。
2-DSCN48411-DSCN4840
 大黒柱の運搬です。

7月19日の現場です。
12
 基礎は完成しています、25日の大安には土台を据え付け柱をたてます。

倉庫倉庫1
 倉庫の部分の基礎です。

 7月15日作業場の状況です。建前の柱を建てる日(大安)を25日に予定しています、長く期間
が過ぎて、いよいよ建前をします。
8-DSCN47899-DSCN4784
 大貫工法です、貫も大きく仕上がり27mmのものを用意しています、この貫をクサビで締める
れば丈夫な家になります。
11-DSCN478512-DSCN4782
 柱もキレイナ材で、お客様も作業場で材を見に来られて満足しています、元宮大工で目は確か
で材の見方は御手の門です。
13-DSCN478114-DSCN4779
 柱も後削れば仕上がりです、
17-DSCN477818-DSCN4788
 母屋等の加工です、高樹齢の材を用意しました材の木口を見れば赤く見えます、これが樹齢の
材の良しアシを決めます。

7月10日の作業場の状況です。
23
 この材の長さですが10m30cmと右が11m60cmです、長材は強くしかもヒノキで丈夫なこと
間違い無く造り手として満足行く材で楽しんでいます。
45
 左は前の材ですが、柱の加工です、節も無く赤味が多くてお客様も喜んで頂けるように気配り
しています。
6-17
 通柱の加工と、右は管柱の加工です、見えない所は節有りです、建前は20過ぎを予定して
います。

6月16日の作業場です。
1大黒の大きさ
 玄関に入って目に入るところに大黒柱を設けています。
2大黒の大きさ
 380mmあります、長さ6m最近では一番大きな柱です。
3土台
 ヒノキの土台です、赤味が多くとっても良い材です。
 ヒノキは白蟻が嫌う成分が有り、土台としてクリに次ぐ良い
 材です。
4梁
 梁材は地松を使用しています、径は480mm有りますとても
大きい材です。
8木廻し
 梁や胴差、大きな材は木回しを使います、プレカットに依頼
すればこの用な道具はいらないでしょうが、木へのコダワリ
だとこうした木まわしの道具が必要です。
2-2柱
 管柱は135mmのヒノキ材です。
6月13日作業場で加工を始めました。
DSCN4214DSCN4215
 梁は野物です(松材)                 松の皮むきから始まります。
DSCN4218DSCN4219
 通柱です、木取りから始め(直角)ます。     ヒノキの梁と胴差です。
6月5日作業場に製材した材が届きました。
12
 昨年伐採されたヒノキ(葉枯らし)です今回製材で挽き右の写真が作業場に届きました。
葉枯らしとは
 伐採した時には木に枝がついていますよねーこの枝で水分を抜きとり木の水分が少しずつ抜けて
枯れて行きます。しかも伐採時期が秋口の新月伐採です、この時期に伐られた材は水分が少なく
最高な材です。其処までこだわって頂く業者さんは少なく私がお付き合いしている原木屋さんは特
にそこにコダワリを持ちお仕事しています。ありがとうございます。
 そこに木に詳しい人が弊社のコダワリと木の家づくりにコダワリの人達が弊社にご注文して頂く
のです。私共のHPやブログは当たり前のことを書いています、宣伝めいたことは極力控えています
ご判断はお客様です。
23
 この長材は上記のコダワリによって届いた材です。右は挽いた材をプレイナー(自動カンナで削っ
た材)掛けした材です。
45
 上記の太い材の側で採った材です、これらが有効にそつなく挽き、お客様にお値打ちな材が届け
られます、それが弊社のお値打ちな家づくりです、他社には絶対に負けません、あくまでお客様の
為に努力しています。

4月13日製材所に松の木が届きました。
DSCN3210DSCN3620
 この左の画像は先日掲載しましたが、この度製材所に届きました、随分長く太い材
です、この太いのは、中桁に使いますが早く建前が待ち度しいです。
プレカットの時代ですが、こうした材が三河の材で採れるのが嬉しい限りです、今迄は
松が無いという事で他県から購入したものが地元三河材なので地産地消の意味でも
本当の三河材の家になります。こうした材も提供して頂く山主さんに感謝です。

4月2日地鎮祭を行いました。
43

21

4

ヒノキの材を(27日)が製材に届きました。
DSCN3242DSCN3243
長くてとっても良い材です、29日より製材で挽きます、材の製品が楽しみです。
4月1日松の梁を準備しています。
DSCN3210DSCN3211
ヒノキの材に松の梁材プレカットの時代ですが、地元の材にコダワリは頑固に伝え
ようとしています、キットお客様に喜んで頂くと思います。