新城市の中宇里のS様

Dscn4226
イメージです。

9月24日
完成しました、撮ってきましたので掲載します。
1-DSCN7830
 外部を撮りました、和の家として弊社の得意とする所です。

3-DSCN77964-DSCN7792
 玄関の框「ケヤキ」を使用しています。       玄関の正面に変形ガラスを設けました。

5-DSCN77936-1DSCN7797
 吹き抜けの部分に格子状の手摺りです。      下駄箱です、全て無垢材です。

7-DSCN77958-DSCN7811
 和室の入り口です。                   床の間です。
9-DSCN781310-DSCN7804
 和室の天井、格天井を一部に設けました。    二間続の部屋です。

11-DSCN779912-DSCN7800
  リビングよりキッチンを撮りました。         キッチンの棚、家具職人の作です。

13-DSCN780214-DSCN7805
 キッチンです。                      トイレの手洗い鉢です。

15-DSCN780616-DSCN7808
 トイレはヒノキ一色です。                洗面所もヒノキ一色です。

17-DSCN780718-DSCN7809
 洗面はタカラの商品を使いました。・         ユニットバスもタカラの商品です。

19-DSCN781020-DSCN7815
 階段はケヤキ使用です。               二階ホールと吹き抜け部分を撮りました。

21-DSCN781822-DSCN7820
 二階の洗面です。                    トイレです、やはりヒノキ使用です。

23-DSCN782124-DSCN7823
 物入れです、板張りです。         建具にご注目して下さい、建具の中に柄入り
                          の模様を入れました。

25-DSCN782426-DSCN7825
 二階の洋間です。                    押入れの建具です。
 
9月12日の現場です。
1-1DSCN0008
 犬走りが出来ました、左官工事もはこどり近く終わります、建具も製作
中です、手続きで長引きましたが近く完成します。

DSCN0009DSCN0010
 リビングです。                       キッチンの棚です、

DSCN0011DSCN0012
  和室、続き間です                   床の間の部屋です。

DSCN0013DSCN0014
  中廊下です。                      階段です、ケヤキで作りました。

DSCN0016DSCN0017
  二階ホールです、手すりが格子調で造り     二階の洋間です。各部屋、壁は左官職人。
ました。

8月26日の現場です。
1-DSCN9698
 外観がほぼ形になりました、樋もかかりこれから美装屋さんが入ります。
まだ左官仕事、玄関を中心に石貼り等がありますがーー

2-1DSCN97052-2DSCN9399
 和室を撮りました、長押も入り左官工事      ここまで来ますと建具の寸法取りに入ります。
も一部中塗しています。
2-DSCN97003-DSCN9703
 和室の天井はご覧の通リです、鴨居にかかっ   洗面、トイレを撮りました。
ている材は敷居です、本当に最後の仕事です
敷居がはまれば大工は終わりです。

3-DSCN97084-DSCN9710
 二階の洋間です、後は珪藻塗です。        押入れ内部です。

5-DSCN9575Dscn9576
 キッチンの棚です。                  リビングも珪藻塗を塗れば仕上げです。

7月23日の現場です。
1-
 天井は無垢の板、杉の幅広材で張りました。数年後に全体の色が
統一されその良さが判るのも無垢の特色です。

DSCN8971DSCN8972
 座敷は格式えを重んじての格天井です。     二間続きの部屋なので統一にしました。
                                材料が異なる為、同じといってもそれぞれの
                                味は異なります。

DSCN8974DSCN8975
 中廊下の天井です。                  玄関の土間部分の天井です。

7月14日の現場です。
1-DSCN8935
 外壁が張れました。

3-DSCN89384-DSCN8941
 玄関ホールの天井です。               洋間の腰板、天井の状況です。

5-DSCN89426-DSCN8943
 腰壁も高く、鴨居の高さ迄張っています。     階段室です。

7-DSCN8944
 ユニットバスです。

6月12日の現場です。
1-DSCN8403
 ヒノキの床を張っています、ご覧の様にとてもキレイな板です。

2-DSCN84023-DSCN8405
 この部屋も同様に良い板です。

4-DSCN84075-DSCN8408
 一階の部屋は4m材の良いものを張ります。   二階の断熱材です。

6-DSCN8406DSCN8404
 二階は2mの材です、節もあります。

6月5日の現場です。

1-DSCN8309
 現場では外壁下地も終えました、お客様のお好みの板張も出来ました
どの様な色をご希望なのかこれからの打ち合わせです。

2-DSCN83123-DSCN8313
 玄関の板張です。                    内部の状況です、断熱材も入荷しています。

4-DSCN83145-DSCN8315
 床組ですがネタの太いのが特徴です。

6-DSCN83167-DSCN8317
 断熱材を入れています。

8-DSCN83189-DSCN8319
  二階の様子を撮りました。             ブログをご覧の方地松の組んだ建物は今後 
                                見られないかも?


5月15日の現場です。
1-DSCN7996
 中間検査の準備をしています。

2-DSCN79953-DSCN7997
 外壁にダイライトを打っています。耐震性が     二階の床にはプラスターボードを張り
あります。                          防火対策です。

4-DSCN79985-DSCN7999
金物の取り付けです。                  筋違金物です。

7-DSCN80018-DSCN8003
 ダイライトの張った所です。              張の注意と厚みの文字が印刷されています。

5月3日の現場です。

1-1DSCN7764
 今朝の撮りたての画像です、雨に邪魔されて少し遅れていましたが屋根に
フエルトを早く引きたいです。

 1-2DSCN77651-3DSCN7766
  屋根仕舞いは検査を受けます。           軒の野地です。     

1-DSCN77463-DSCN7748
 この画像は少し前に撮ったものです。

4-DSCN77475-DSCN7750
 窓枠を付けて入ます。

4月23日の現場です。
1-DSCN0107
 野地仕舞いです、建前を終えて、雨が降り気になりましたが今日は天候
も良く屋根の仕事が出来て嬉しい限りです。

4-DSCN01095-DSCN0110
 写真では判りぬくいですが、破風板のヒノキが    野地板ですがこの材も幸いにもキレイな
とてもキレイです。                     材が調達できました。


 4月20日本日建前です。大安の吉日、しかも日曜日少し天気が心配ですが
朝から元気よく建てています。

1-DSCN9960
大黒柱がやはり目につきます、お客様もお喜びの様子です。

2-DSCN99623-DSCN9964
三河材で構造材に松を使用しています。       桧の柱材三河材です。
松材はこのS様で最後になるかも知れません
地松材は松枯れで材が調達できない時代に
なりました。
4-DSCN99665-DSCN9965
この松材です(野物)ご覧の方もこの写真が     赤味のタルキ材です。
最後になると思います。
6-DSCN99637-DSCN9968
 広い所で組、上にあげます。              断熱材を用意しています。

8-DSCN00209-DSCN0021
 梁の組んでいます。

11-DSCN002912-DSCN0030


12-DSCN003013-DSCN0035
 地松の組んでいます。                 大黒柱は家の象徴一本有ると無いでは大きな
                                違いです。            

14-DSCN003615-DSCN0038
火打ち梁です、現在金物を使う工務店もいます   土台の締結にはホールダウンです。
が弊社では木の火打ち梁を使います。
 何故かといいますと金物はボルトの穴に余裕
があります、だから木には精密な技術で家の丈
夫差が示されます。

16-DSCN004017-DSCN0044
 棟木も納まりました。                  タルキを打っています。  

18-DSCN004919-DSCN0051
 皆さん記念撮影です。                 上棟式です。

20-DSCN0054
 餅投げで記念すべき大安吉日を皆さんで
お楽しみの瞬間です。



3月4日地鎮祭を行いました。
P1020289
 大安吉日朝から天候が良く、目出度く地鎮祭を行いました。
                                      平成25年掲載