新城市杉山のF様平屋建てを新築

  12月11日、完成しました。

12-DSCN9049
   12月13日~14日見学会を開催します。

DSCN9123
    夜(窓の外から)の画像です。

1-1-Dscn9109
  玄関ポーチは石張り、建具はヒノキの無垢材。

1-2--DSCN9044
  内部は床は豆砂利洗い出しです。

1-2-Dscn9082
  玄関框はケヤキ、ホールの床は松材です、巾広で、お客様
に大変お喜びです。(松材は弊社が数年前に購入した乾燥材
です


1-3-Dscn9106
  ホール、キッチンが左、正面にトイレ、右に洗面所と床は
松材の色が、明るさがあり、杉の建具と色合いが木造りの良さ
を強調しています。

1-4-DSCN9045
   キッチンの床は杉の柾板を使いとても良い色に仕上がり
ました。

1-4-Dscn9104
  ホールより、玄関クロークの建具です。

1-5-Dscn9074
  トイレです、床、壁、天井、全てヒノキ材です、クロスと違い
長持ちします、弊社では、(お客様が喜ばれる家をつくるのがモッ
ト―です
)トイレの消臭材としてヒノキを多く採用します。
 
1-7-Dscn9070
  リビングにストーブを設置しました、壁床は石を張りました。

1-8-Dscn9068
  キッチンは幅広のものを採用しました(お客様が選びました
バックの棚は弊社の家具職人が造りました。

1-8-Dscn9084
  吹き抜けになっています、煙突がありますので、そこから
二階の吹き抜けに温もりが伝わります。

1-9-Dscn9087
  和室です、床の間に丸窓を設け、明るさ、障子の温もりと
和風の家の良さを強調しています。

1-10-Dscn9088
  和室の天井といえば、竿縁天井です、この材を張るのには
数年前から準備して、充分乾燥してから使います。

1-12-DSCN9031
   主賓室です、入り口の向こうにはクローゼット多くの収納も
出来ます。

1-14-DSCN9029
  階段室、ヒノキの良い材を使いました。

1-15-DSCN9034
  二階部分の収納部屋です、小屋を表しとしています。キッチン
が上から眺めることができます。

1-15-Dscn9062
  二階の部屋からの窓です。

19-DSCN9186
    キッチンに吹き抜けがあります。

20-DSCN9187
  エアコンを囲んで見ました、南側の一番良い所ですので
少し気になる所です。
  この上に少し物が置けます。


11月1日の現場です。
1-1DSCN8379
 外壁の吹き付けも終わり、樋も取り付けし、外部は犬走りに
かかります。

1-2-DSCN83831-3-DSCN8380
 リビングの天井です、お客様大変お喜び  ウッドデッキを後日取り付けします。
です。

1-4-DSCN83811-5-DSCN8384
  廊下の天井です。                和室の天井、伝統的な竿縁天井です。

1-6-DSCN83851-7-DSCN8387
 杉の天井、無垢材です。             二階の物置部屋です。

10月9日の現場です、撮りました画像を掲載します。
1-1-DSCN8132
 玄関ホールの天井です、船の底の様な天井を舟底天井といい
ます。通常のものは水平が多いですが、一段と高級感を表すた
時に使います。
1-3-DSCN81361-4-DSCN8137
 和室の天井、竿縁天井と名付けられて   天井板は無垢材を使用しています、ここ
います。和風の家にはこの天井がかかせ  迄には製材、乾燥、加工、現場の大工は
ない天井です。                   現場で張るだけですが、板が本物で長く
                             失敗は許されません。
1-5-DSCN81341-6-DSCN8138
 寝室の天井、一枚のクロスが主流の時代 玄関のポーチの天井、格天井と言います。
ですが、中央に板張して、両サイドは珪藻
塗です。
 昨日の現場の状況でした。

10月2日の現場です。
1-1DSCN7969
 外壁の吹付けが終わりました、サイデイングの上にジョリパット
の吹き付けです。落着きの有る壁に仕上がりました。

3--DSCN79733-DSCN7977
 南面の一部に飾りの部分を設けました。   土壁を塗っています、左官職人、弊社
                            に来て25年一懸命勤めてくれます。
                            土壁塗りの職人が現在不足していますが
                            弊社では二人います。

4-DSCN79655-DSCN7967
 土壁の下地です。

  8月24日の現場内の状況を掲載します。
現場では、老夫妻とお話ししますが、裏山、前には田がありとても、
いい環境の家に長年お暮しの様子で、お話しをしてもお人柄の良さ
が解ります。

1-DSCN9694
 玄関ポーチ上を撮りました、瓦は一文字葺きと和の家のコダワリ
を強調してい、ます。

3-DSCN96864-DSCN9688
 ネタを撮りました。                 断熱材を入れています。

5-DSCN96896-DSCN9692
 場所を変えて撮りました。            小屋裏の収納部屋です。

近く中間検査を受けます。
1-DSCN9549
 屋根が葺けました、一文字瓦葺きです、軒先が直線にした部分
がとても落着き感と品の良さが特徴です。

3-DSCN95504-DSCN9551
  筋違金物です、土台部分です。       筋違金物桁の部分です。

5-DSCN95526-DSCN9553
 桁と火打ち梁、筋違部分です。        ホールダウン金物です。

8-DSCN95669-DSCN9570
 小屋組の写真です。               外壁下地の通気層を設けています。
これで中間検査を受けます。

7月28日の現場です。
1-2-DSCN9265
 外部の下地、防湿シートを張って通気胴縁です。

3-DSCN92664-DSCN9267
 構造材、ヒノキを沢山使っています。     小屋組です。

5-DSCN92686-DSCN9270
 乾燥した小屋組、急に材を依頼しても    床組の前です。
すぐには揃えません。長年業者さんとの
信頼関係です。
7-DSCN92738-DSCN9271
 ネタ材はヒノキの大きな材を使用して    床板は杉材の柾板を使います、時間が
います。                       かかる材ですが、仕上がり楽しみです。

内部の造作工事に入ります。
1-1DSCN8953
 屋根の瓦を葺きます、最近この瓦を葺くお客様が減って来ま
した。家の造りの変化が40数年関わってきましたが瓦の色も
 赤瓦、青緑、昔から使われている写真の様な瓦、一時使われ
た「カラーベスト」今では殆ど使われません。メーカーではこの
瓦が多く使った家が多く「家は短期間で考えるものではありま
せん」家を見れば、その時の時代が解ります。
 又最近では平瓦が多く、又ガルバー「鉄板」の家も多くなりました。

2-DSCN89513-DSCN8954
 外壁には免材を使います、耐震等他の   小庭に明かりが差し込む様工夫して
も良く弊社では良く使いもす。         います。

4-DSCN89565-DSCN8957
 これから床貼りに入ります。          床組の根太は特別に大きく自信もって
                            使っています。


 建前が終わり、破風板の取り付けです。
DSCN8687
 ご注文はヒノキで家を造りたい、そんな思いを丸山は実現
します。


DSCN8688DSCN8690
 ご覧の様にキレイな材です。          瓦が一文字で葺きます、和の家を追及
                            します。

6月29日建前です、朝から天候に恵まれ良い建前日和です。
1-DSCN8686
 ヒノキの構造材、大勢の方が見学にきまして材料の良さに
ビックリしてお褒めの言葉が連発の一日でした。

3-DSCN86194-DSCN8622
 柱建て桁、梁を組み合わせていきます。  

5-DSCN86596-DSCN8661
 新城市の中央ですが裏山に竹林や      大黒柱が建ちました。
広葉樹が多く又高台でとてものどかな所。

7-DSCN86668-DSCN8667
 屋根のタルキを打っている所です。      隅木です、寄棟造りです。

9-DSCN867510-DSCN8678
 上棟式です。                   大勢の方が餅投げに参加して一生懸命
                            に拾っています。
6月23日の現場です。
1-DSCN8554
  基礎が完成しました。

2-DSCN85533-DSCN8497
 基礎が出来て整地をしています。      型枠工事です。

4-DSCN84955-DSCN8494
  べたが終わり型枠です。           全体の状況です。

6月18日の作業場の状況です。

1-DSCN8466
 梁の加工を終えました。

2-DSCN84683-DSCN8463
 柱材の削りを終えました。           役物の柱「キレイナ所」の削りです。

4-DSCN84675-DSCN8469
 筋違の加工です。                土台の加工です、ヒノキの色の良さが
                            素晴らしいです。

6月12の現場の状況です。

DSCN8422
 鉄筋を組んでいます、一昔に比べ鉄筋の量、太さが多く丈夫な
基礎になります。

2-DSCN8421DSCN8420
 鉄筋を組むのに今では、いい道具ができ  防湿シートの上にスペンサーブロックを
スピーデイに仕事は進みます。         置きコンクリートを打ちます。

6月9日作業場にお客様をご案内しました。

1-DSCN8391
  建前を今月22日に予定をしています。その前に作業場の様子を見学
して頂きました。林務関係にお勤めした事がありまして、木へ興味がお
ありで一生懸命ご覧になって頂きました。

2-DSCN84013-DSCN8392
 この材を見て家にいる両親が見たらさぞかし   大工作業もこの様に目で見るのは初めてと
ビックリするに(気にいって頂き感謝)         お喜び一杯です。

4-DSCN8389DSCN8390
  ヒノキの長材は使う方もいいですがお客様    6月22日が楽しみです。
にとってもとても嬉しい事だと思います。

この度地鎮祭を行いました。
5月24日(大安)朝から天候も良く地鎮祭も気持良く行われました。

1-DSCN8127
 さーこれから工事が始まります。

2-DSCN81343-DSCN8136
 お客様がまずお神酒で心込めてー          私もお神酒でお祈りしました。