豊川市一宮に和風の家

6月17日の現場です。

DSCN8512

   玄関ホールです。床はケヤキ材、壁は珪藻土塗です。

DSCN8514DSCN8515

  ホールより畳コーナー入り口と玄関クローク。   

DSCN8517DSCN8518

  クロークの中です。                   ホールより和室入り口の建具です。

DSCN8519DSCN8520

  ホールより玄関戸を見る。               畳コーナーの天井です。

DSCN8527DSCN8528

  キッチンです。                      洗面所です。

DSCN8533DSCN8534

  2階のトイレです。                   2階ホールです。

DSCN8537DSCN8539

  洋室、小屋表しです。                 納戸です。

5月19日の現場です。

1-1-DSCN8343

   タタミコーナーです。

1-3-DSCN83471-4-DSCN8345

  キッチンの棚です。                   トイレです。

1-5-DSCN83411-6-DSCN8349

  左官工事、外部犬走りを進めています。     部屋の壁も塗ました。

1-7-DSCN83551-8-DSCN8356

   左官工事が進めて、今建具を製作中。     東面です。

4月26日の現場です。

1-1-DSCN8072

  最近は、外に柱を見せる家は殆どなくなりました、この住宅地のなか
でも、他社は一戸とも有りません。

1-2-DSCN80751-2-DSCN8076

   リビングの天井です。        

1-2-DSCN80851-3-DSCN8073

   軒を深くした家、こうした光景も見られなく    天井も、長押も全てムク材です。
なりました。

1-3-DSCN80821-4-DSCN9804

  二階ホール、手すりも着きました。          ベランダです。

1-5-DSCN80831-6-DSCN8077

  二階天井の表し部分です。              洗面、トイレは全てヒノキ材です。

4月16日の現場です。

1-1-DSCN8009

  玄関ホールの天井です。格天井と廻りを板張になっています。

1-2-DSCN80101-3-DSCN8011

  造り付けの下駄箱、建具がつきます。       居間の畳コーナーの天井です。

1-4-DSCN80121-5-DSCN8013
 
  踏み天上です、弊社以外では見られない    二階の天井屋根、勾配のままになっています。
と思います。

1-6-DSCN80171-7-DSCN8018

  この部屋も小屋表しです。               納戸の壁は板張りです。

3月28日の現場です。

1-1-DSCN7869
  工事も順調にすすんでいます、軒の部分を撮りました。

1-2-DSCN78641-3-DSCN7857
 踏み天井です。                      外壁も張れました。

1-4-DSCN78601-5-DSCN7858
  断熱材を入れた所です。               造作工事も進んでいます。

1-6-DSCN78591-7-DSCN7863
  タタミコーナーの天井です。              トイレの壁、ヒノキ材です。

1-9-DSCN78671-12-DSCN7868
  納戸の板張りです。                  断熱材を入れています。

3月4日の現場です。

1-1-DSCN9908
  タタミコーナー、リビングとつながっています、床の高さは300mm
程高くしてあります。

1-2-DSCN99071-3-
  外は、サッシを取り付けしています。        リビングの天井です。

1-4-1-5-DSCN9803
  外の軒天です。                     二階の小屋表し部分です。

2月14日、筋違、断熱材を入れています。

1-1-DSCN9757
  中間検査を受けます、金物、筋違、断熱材をしっかりと仕事をして
います。
 最近、メーカーの断熱材を見ていますと、面材なしが多いです、シート
を張りそして断熱材を入れていますが、テレビの宣伝分、お客様に断熱
材をいれたらと思います。

1-2-DSCN97591-3-DSCN9762
 筋違、金物と隠れてしまう所ですがいい仕事   沢山の筋違が入っています。
が信用になります。

1-4-DSCN97631-5-DSCN9764
  断熱材を入れています。       

1-6-DSCN97651-7-DSCN9766

DSCN9758DSCN9767

DSCN9769DSCN9770
  この断熱材は隠れてしまいますが大事な
仕事です。

建前が終わり、野地仕舞いを掲載します。

1-2-DSCN9534
 筋違金物を撮りました、柱と土台の金物も、一部ですが全て取り付け
検査を受けます。

1-3-DSCN95321-4-DSCN9531
 各所に金物で締め付けします.            土台廻りの金物です。

1-5-DSCN95401-6-DSCN9536
  屋根、野地板です赤味のキレイナ材です。   屋根の下地フエルト23kを使いました。

1-6-DSCN96141-7-DSCN9530
  面材を打っています。                 屋根、大梁組みです。

DSCN9539DSCN9613
  一階の踏み天用の板張りしています。      この状況で検査を受けます。

1月25日(大安)建前を行いました。早朝から晴天、まさしく建前日和でした。
1-1-1-16-DSCN9528
  記念撮影を行いました、お施主様、社長、甥の大工の映人君と少し前
と随分弊社も若返りました。

1-1-DSCN94811-2-DSCN9483
  三河材、しかも長材を使っています。       最近、他社の、特にHMの材を見てあまりにも、
                                 お客様に、気の毒の様な材を使っています。

1-3-DSCN94841-3-DSCN9485
 この近くは、最近の不況に関係なく沢山の     柱を写してみました、赤味の材、素晴らしい
家が建っていますが、弊社の様な三河材だけ   と思います、お客様にも、この材の良さを説明
の家はありません。                    しました。
                
1-4-DSCN94901-5-DSCN9492
 建前の風景です。                   大黒柱がある家、皆さんあると良いと思っても
                               工務店が、その気にならななければ出来ません。

1-6-DSCN94941-7-DSCN9500
  杉の長材、色も赤味材で、この材を調達して   桁、と梁をボルト締めを撮りました。
頂いた、山主さんに感謝です。

1-8-DSCN95041-8-DSCN9506
  棟木と登り梁の取り付け状況です、しっかり
とおさまっています。  

1-9-DSCN95101-10-DSCN9512
 登り梁が修まりました。                 看板です、三河材と風と光と木の香り。

1-11-DSCN95151-12-DSCN9517
 軒に面戸板の納まりです。              野地板、杉30mmの厚さ、赤味材です。

1-13-DSCN95191-14-DSCN9520
 野地板を打っている所です。 この上に断熱            屋根を下から撮りました。
材を敷いて押さえます。
                            建前の画像を掲載しました。

1月7日新城市豊岡の作業場では上棟材の加工をしています。
1-1DSCN9340
  土台の加工が終わると、防蟻剤を塗ます、色が透明ですので一見
見た分では、塗ってあるのか、塗っていないのかわかりません。

DSCN9336DSCN9353
  柱材の番付け(建てる場所の選定)をして    構造材の加工です。毎回ですが長材が特徴
から加工に入ります。                  です。

DSCN9354DSCN9357
 桁材の加工が終えています。             柱材の加工です、節の無い良い材です。
                                和の家は柱が見せ場です、自信もって使って
                                います。

昨日地鎮祭を行いました。
1-2-DSCN8736
 新しい住宅地に、この度I様の家を新築します。16日朝から天候も良く
地鎮祭を行いました。

1-3-^DSCN87431-1-DSCN8685
 四方を清めている所です。               この近くは建築ラッシュです、今建築着工が
                                少ない時ですが、各社がこの団地に建ててい
                                ます。