豊川市下長山でリフォームと増築工事
木造の本格的な家を求められて丸山建設に依頼されました。

  完成図イメージです。

1-1-1-4-Dscn7972
 
  既設の建物です。

2月2日の現場です、近く完成します。
 このコーナーは私が作る、木の材を紹介です、ここに見える
全て買った物は有りません、柱、床、羽目板、天井板と弊社
のスタッフが汗をかいた製品ばかりです、展示場で働く S君は
1本、1枚とおが粉をホーキで掃いて乾燥します。

1-1-DSCN8614

  玄関ホール正面の建具、私がデザインしてお客様にとにかく
お任せしてくださいとお願いしました、無論デザインの段階で納
得して頂く打ち合わせはしました。

1-2-DSCN8618

  この角度が、ご覧の皆様に特と見て頂き、杢目がでているの
が見てお解りと思います、180年の材の1枚板それを、建具屋
さんに細かく隙間を空けて、向こうが透けて見える様に工夫しま
した。2段目の絵が見る事できますが、常にここは季節によって
変えることができます。

1-3-DSCN8623

 寝室から、キッチンを見た画像です建具の高さに注目して下さ
さい、腰板、ガラスの部分から上部に欄間風と住宅雑誌でも見る
事が出来ないと思います。

1-4-DSCN8634

  床が、少し凸凸にしてみました、歩く時に足の肌が床にさわ
った時の感覚が何ともいえないと。お客様は大喜びです。

1-6-DSCN86361-7-DSCN8637

 この材も、私の工夫して作った板です。   天井と壁とどちらでも使えます。

1月26日の現場です。

1-1-DSCN8502

 
寝室より、キッチンをみる、床は杉柾です、壁は珪藻です。

1-2-DSCN84941-2-DSCN8493

 ホールより、キッチンの間仕切り、ヒノキ   ホールの中間仕切りです。
の建具です。

1-2-DSCN84941-3-DSCN8495

  奥に見えるのがトイレの建具。        南西の部屋木をフンダンに使いました。

1-3-DSCN85281-3-DSCN8531

 ホールより部屋に、建具にヒョウタンを    天井は色々と苦労しましたが施主様は
入れました。                    お喜びです。

1-5-DSCN84971-6-DSCN8498

 玄関よりクローゼット。              
   
1-7-DSCN84991-8-DSCN8501

 トイレの建具、中には祭りの
うちわが立てかけています。

1-11-DSCN85061-12-DSCN8508

 玄関よりクローゼットを撮りました。      キッチンの上部を撮りました。

1-14-DSCN85101-14-DSCN8513

 キッチンの吹き抜け部分です。

1-15-DSCN85151-16-DSCN8516

 ホール、中廊下です。        キッチン納戸です。
1-17-DSCN85171-18-DSCN8521

 浴室です、サワラの浴槽です。         洗面台です。

1-20-DSCN8522DSCN7819

 納戸の収納、上に神棚があり    玄関ポーチです。
ます。







12月25日の現場です。

1-1-DSCN8234

  リビングです、お客様が口癖のように言われたのが、風通し
明るく、現場で何度となく聞きました、そしてこのように明るくで
あがりました。

1-1-DSCN82531-2-DSCN8244

  玄関の天井です。                寝室よりホールこえてリビング一直線
                             正しく、風通しの良い家です。

1-2-DSCN82501-2-DSCN8252

  廊下の床をナグリ調に加工しました。   とても、足の裏にヒットしてお客様に大好
                             です、私のアイデアで床板を加工しました。

1-3-DSCN82371-4-DSCN8236

  浴室の壁を張っています、石張りです。  玄関のクロークです。

12月8日の現場です。

1-DSCN7965

  リビングとキッチン堺の建具です、ヒノキの材で作りました、
お客様もお気に入りな建具です。
 最近の他社の完成見学会のチラシが入りますが、全体に集成
材が多く、この建具と比較ですが、本当に、大きな違いがあります。
 世の中、大工道具も使えない、カンナ等も使わず、ビス、中心の
家造りが多く、心の入った仕事がしたいと日々頑張っています。

3-DSCN79694-DSCN7970

 本宅の塗装です。                 今回の増築した浴室の出窓です。

5-DSCN79726-DSCN7971

 東面です。                     今、現在外装も終わりに近づいています
                             足場を払えば近く完成になります。

10月28日の現場です。

1-1-DSCN9896

  内部の左官工事が進みました、ご覧のような、キッチンの上部
に明かり窓、(通風)を設けました、とても明るく良く仕上がりました。

1-1-DSCN99011-2-DSCN9471

  玄関の天井です、船底天井とし、木材   明かり窓を設け、煙突があり熱をなるべく
を杉の赤味にしました。             部屋一体のいくよう工夫しています。

1-2-DSCN94731-4-DSCN9900

  部屋の腰板です。               玄関の下駄箱になる所です、内部にクロー
                            クとしました。

1-5-DSCN94701-5-DSCN9888

 キッチンですが近く使えるようになります。  ホールの天井です。

8月19日の現場です。

1-1-DSCN9177

  床暖房の工事を進めています。

1-2-DSCN91761-3-DSCN9179

  パネルの取り付けです。


7月22日の現場です。

1-1-DSCN8795

  軒先です、ヒノキのタルキと木木舞を打ち杉の板張りです。

1-2-DSCN87981-3-DSCN8804

金物隠れる所は特に撮る必要があります。   既設部分の金物も撮りました。

1-7-DSCN88331-8-DSCN8831

 ネタ、このしたに断熱材が敷き詰めて     床に防湿シート貼りです。
います。
1-9-DSCN8841

  瓦を葺いています。

7月9日の現場です。

1-1-DSCN8715

  リフォーム部分の増築です、ヒノキの材で建て増しです
明るく、風通しの良いこれが、お客様の希望です、工事が進む
に連れて その希望が判ると思いますのでお楽しみに。

1-2-DSCN87141-3-DSCN8717

 ヒノキ材です、この建てるのを私は撮って  タルキを打っています。
いて良い仕事だと思うのは、カケヤで叩き
その 音がきっちり、適当の強さが、大工
のホヅに対する気持ちの表れでした。

1-4-DSCN87101-5-DSCN8713

  少し雨模様でしたが順調に建てる
光景です、

6月30日の現場です。

5ーDSCN8649

  桧の梁材、良くもこの材が私どもにきてくれたと感謝です。
お客様いつ、いっても イイネーとお喜びです。元々木材に
詳しい、お客様です、今後が楽しみです。

8-DSCN86479-DSCN8646
 
 土台と柱への金物です。             筋違金物です。

3-DSCN86441-DSCN8642

リフォームですので一部を壊しながらの    窓を再利用したり、ただ壊すだけでは
作業です。                      ありません。
                   
6月25日建前を行いました、梅雨のなかでも幸いに良い天候
に恵まれました。
1-1-DSCN8558

  ヒノキの無垢材での建前です、ご覧のように良い材でき
ました。

1-3-DSCN85611-4-DSCN8563

 構造材すべてヒノキはいいです。        タルキも良い材が調達出来最高です。

1-5-DSCN85671-6-DSCN8568
 
 梁材です。    

1-8-DSCN85731-10-DSCN8577

  束石もお客様の所の材で再使用      軒の出は900出しています。木舞打ち
出来ました。                    は久し振りです、最近は見かけませんよ。

1-12-DSCN85851-13-DSCN8589

  野地板を打っています。            お施主様が高齢の為祭りは一階で行い
                            ました。

6月22日の現場です。
1-1-DSCN8547

  土台の据え付けです。ヒノキの良材です、お客様もお喜びです。

1-2-DSCN85461-4-DSCN8544

 ヒノキの赤味材です。              独立石も据え付けしました。

6月9日の作業場を撮りました。

1-1-DSCN8488

  独立柱の石への定着を刻み加工しています。ボルト、石への
ダボに収める様にしています。

1-3-DSCN84891-4-DSCN8491

 ポーチ柱の加工です。              土台には白蟻防止の防蟻テープを張り
                             ます、柱も紅白の布でまきます。


6月3日の作業場を撮りました。

1-1-DSCN8477

  刻み加工も進み1本1本仕上げの段階です。
ヒノキの材で素晴らしい材です、他社には無いと思います。

1-3-DSCN84791-4-DSCN8475

 柱、梁の加工です。                柱の加工です。

 現在(5月24日)作業場では木材のキザミをしています。

1-1-DSCN8404

  柱の番付けをしています、最終的には、私がチエックして
決めます、刻みの大工もこの様にしてから私に相談を持ちかけ
てきます、「すでに40年位柱は、私の目で確認をしています、取
り換えの利かない材です」

1-3-DSCN84061-4-DSCN8407

  加工中です。                   墨付けの途中です。

1-5-DSCN8408DSCN8335 - コピー

  これは加工の途中です。            長桁です。

DSCN8336 - コピー1-7-DSCN8370

  自慢のヒノキの材。               現場では基礎が完成です。

木材の作業場へ入荷、ヒノキ良材が。
 構造材はヒノキで、造作材は杉で。

1-1-DSCN8337

  桧の材、ご覧の様に良い材です。

1-2-DSCN83351-3-DSCN8336

  長桁、梁と仕上がりが楽しみです。     同じく梁材です。

基礎工事を進めています。

DSCN8293

  配筋をし、基礎のベタを打ち立ち上がりの型を入れています。

DSCN8294DSCN8295

  型枠を入れてコンクリートを打ちます。   製材では木材を挽いえ木材の加工に
                            入ります。

 桧の材が入荷しました、急いでいます、連休の間にも製材では挽いてくれ
感謝です。

 
1-1-DSCN8240

  桧の良材が入りました。

1-2-DSCN8239

 ご覧様にスバラシイ材デス。

1-3-DSCN82451-4-DSCN8091

 側の材が良くて、撮っていてもニコニコ    同じくキレイな側材です。
です。

1-4-DSCN82371-4-DSCN8246

  木材の善し悪しは材の仕入が大切    お客様が喜ばれると思います。
です。

基礎工事を進めています。

1-1-DSCN8117

   防湿シートの上に鉄筋を組みます。

1-2-DSCN81181-3-DSCN8140

  お蔭様で天候が良く工事が進みます。   
  

1-4-DSCN8141DSCN8116

  連休が済めば工事は順調に進む
事と思います。

4月16日地盤調査を行いました。

1-1-DSCN7977

  近く基礎に入ります、まずは地盤の調査です、立ち合いに
現場に行きました。

1-3-DSCN79801-4-DSCN7976

 現場のカタズケが有ります。          沢山の廃材が出そうです。


1-1-DSCN7966
  
  地盤調査の為、今の段階は調査ができます様にコンクリート
のハツリと草木の取り除きと工事を進めています。

1-2-DSCN79641-3-DSCN7967

 16日に準備を終え、地盤調査を行います。

 
  11日に地鎮祭を行いました。

1-1-DSCN7960
 
  いつものOさんに依頼しました、地鎮祭についての説明と
本宅と、この度の増築の安全、家族様のご繁栄を祈祷をしました。