豊川市のA様の二世帯住宅

2月22日完成しました。

1-1-DSCN9304

  板戸で約150年生の杉材の1枚板です、集成材で慣れた今の家造り
弊社のコダワリです。なおランマは40年前のものを使用しました。



1-1-Dscn93291-2-Dscn9330

  道路面です、区画整理で交差点に?       南面のデッキです。

1-3-Dscn93311-4-Dscn9317

  西面から撮りました。                 玄関です、格天井に電気器具、お客様が気
                                にいってました。

1-4-DSCN9318       1-5-DSCN9293

  玄関から寄り付きの洋間です、玄関       洋間です、突然のお客様はこの部屋が応接間
クロークが有ります。                       に早や変わりです。

1-6-Dscn9292            1-7-Dscn9298

 一階のホールの収納、建具の柾板に       居間より和室を、千本格子が光ます。
品を感じます。

1-8-Dscn92991-9-DSCN9300

  パソコン台です、弊社の家具職人の作。     テレビ台も弊社の家具職人の作。

1-10-DSCN9297       1-11-DSCN9296

  玄関寄り付きの和室、収納沢山。                隣は居間です。

1-13-Dscn93031-14-DSCN9305

  千本格子とテレビ台。                 和室の続き間です。

1-15-DSCN93061-16-DSCN9308

  襖の建具、今では珍しいです。           天井もコダワリです。

1-17-Dscn93091-18-DSCN9310

  雪見障子です。                    キッチンです。

1-19-DSCN9312       1-19-DSCN9313

 キッチンより納戸の建具があります。               天井がいいです。

1-21-DSCN9322           1-22-DSCN9323

  階段室です。                         二階ホールです。
1-23-DSCN9325   1-24-DSCN9327

 ロフトの入り口ははしご階段です。             トイレの手洗いです。

1-26-DSCN9328          1-25-DSCN9326

 ホールの収納です。                     手洗いを上から撮りました。

  
完成の写真ですが、前回の9日の写真も含めてご覧ください。
無垢(本物)の家、弊社では全て三河材です、だから価値があるのです。



2月9日の現場です。

1-1DSCN9044

  1階のキッチンです、広く明るく、今テーブルを作っていますケヤキ
の厚105程あります。

1-2-DSCN90461-3-DSCN9047

  キッチン納戸です、                   居間の物入れを設けました。

1-4-DSCN90481-5-DSCN9042

  玄関となりの客室です.                玄関ホールです、天井が見物です。

1-5-DSCN90511-6-DSCN9043

  2階のリビングです。                  洗面室です。


1-7-DSCN9040        1-7-DSCN9049

 玄関ポーチです。                             ケヤキの階段です。

1-7-DSCN9050       1-7-DSCN9052

 2階ホールです。                    2階のキッチンです。

1-8-DSCN90391-8-DSCN9053

  西北から撮りました。                 2階の収納棚です。

1-9-DSCN9054               1-10-DSCN9055

  2階のトイレです。                           階段を2階から撮りました。

1月23日の現場です。

1-1-DSCN8457
  
  玄関ホールです、ご覧のように格天井にその廻りに板張り壁は
珪藻塗りと、いま急ピッチで進んでいます。

1-2-DSCN84581-4-DSCN8461

 ホールです、階段はケヤキにしました。       和室です、竿縁天井です。

1-5-DSCN84621-6--DSCN8464

 和室の続き間です。                    壁は珪藻聚楽です。

1-7-DSCN84651-8-DSCN8469

 洋間です。                        二階ホールです、天井上にはロフトにしました。

12月8日の現場です。

1-2-DSCN7949

  鴨居を入れた所です、ヒノキの柱に鴨居を入れる、この様な光景は
大手メーカーでは、考えられないです、地場の工務店の良さはこれです。

1-1DSCN79501-1-DSCN7952

  この光景も同じですが、1本入れるのに何年   桧の床板、節の無い、良い材です。
かかるか?おそらく人の腕にもよりますが、少な
くて、5年はかかります、しかも良い材ですとプレ
ッシャーがかかり、失敗しないかと心配した事を
思いだします、40数年前の事です。

1-2-DSCN79531-3-DSCN7954

 外壁の下地です。通気工法を採用しています。  庇をつけました、この光景も見られなく
                                なりました。

1-1-DSCN9908

    現場では床、壁、断熱材を入れています、大黒柱があるのがこの
A様のご注文です。

1-2-DSCN99111-3-DSCN9912

 配管工事も進んでいます。               配管工事も昔とかなり違ってきました。

1-6DSCN9915DSCN9909

  他にも沢山撮りました、筋違の状況です。     断熱材の状況も沢山撮ってあります。

10月8日の現場です

1-1-1-8-DSCN9585

  ベランダのサッシの立ち上がり部分です、雨漏りを防ぐ為に充分
注意が必要です。

1-2-DSCN95711-3-DSCN9572

  ダイライトを打っています。              サッシの取り付けです。

1-4-DSCN95741-5-DSCN9575

  サッシの取り付けです。               二階の構造部分です。

1-7-DSCN95821-6-DSCN9580

  瓦を葺いています。                  二階の大屋根が葺けました。


9月17日昨日の建前の後の日です、大きな家です。

1-1-DSCN9409
 
  棟があがりました、午後に雨が降りそうなので、早めに屋根のフェルト
を敷きました、お客様も(よかったねー)私共もやはり濡らしたくない建物
です。

1-4-DSCN94251-5-DSCN9424

  小屋組を撮りました。                 ロフトになります。

1-6-DSCN94271-7-DSCN9422

  小屋組です。                       2階の剛性床です。

 9月15日の現場です、工事が進み建前が16日ですが大きな家ですので
2日間で建前を行います「前日の良い日に、柱を建て」16日の大安を棟上げ
です。
1-1-DSCN9402

   この光景はいつも乍感動を、柱の大きさ36cmで「ケヤキ」こうした材
は今後求めやすくなります。建てる工務店が少なくなり、過去に求めた銘木
屋さんに材庫に良いものが沢山ありますからです。

1-2-DSCN93991-3-DSCN9397

  長材を使います、杉材です「高樹齢」の良い  この家の近くには最近建てた家が沢山あります
ものです。                        三河材をこれだけ多く使う工務店は有りません。

1-4-DSCN94061-5-DSCN9403

  大黒柱を近くから撮りました。           土台の締結です、ボルトで締め付けます、ホー
                               ルダウンで締められる事が決められています。

9月5日の現場です。

DSCN9341

  基礎が出来ました。

DSCN9343DSCN9344

  基礎の仕上がりです、                ホールダウン金物が太く丈夫です。

DSCN9345DSCN9346

  角度を変えて撮りました。


建前を9月中旬を目指してます。

基礎工事に入りました。

1-1-DSCN9170

 基礎、根切り工事です。

1-3-DSCN91741-5-DSCN9288

  鉄筋の入荷です。                   型枠を入れています。

1-2-DSCN9172

   整地し地盤を造ります。

DSCN9162

  構造材が届きました、長材です、大きいです、弊社の得意の材、
今迄多くの、お客様に喜ばれてきました、材の良さは木造住宅の
生命線です。

 DSCN9163DSCN9164

   これから加工に入ります。               梁材、この材がお客様にとって長く、そして
                                 家の差さえになってくれるでしょう。