豊川市松原町に和の家

中野さん No14-外観

 5月7日~8日と完成見学会を行いました、見学
された方々にはありがとうございました。

過日も掲載、致しましたが、本物の家が少なく
なってきました。ビスと丸のこで家が完成する
時代です、コダワリの家を追及する、
 丸山建設(三河材で木の家を造ろう)で頑張り
ます、今後もよろしくお願いいたします。
                                                             

  5月3日完成の現場へ、知人の方が奥さんとお話し中に訪れまして、良い
家だと感心して(今は集成材の家が多いがここは本物)いました、家は多く
の方が何処かで見ています、最近の傾向は、うたい文句は良いけれど家は
それほどな家ではない広告がハンランしていますが、弊社は 本物です。
  
1-2-DSCN8423

  実際に建てた家の外観です、画像が今一つですみません、曇りの
日でなく、天候の良い日が上手く撮れると思います。

1-3-DSCN8426

  玄関廻りです、

1-2-DSCN8468

  玄関はケヤキの框と、ケヤキの床板です、

1-2-DSCN8427

  玄関クロークを撮りました、鴨居(大きな材)は今迄の家に使われた材です、

 1-3-DSCN8431

   角度を変えて撮りました、

1-4-DSCN8432

  玄関ホールの棚が、チョトしたアイデアが目を引きます、

1-5-DSCN8429

   玄関クロークの建具です、

1-6-DSCN8430

  角度を変え撮りました、

1-7-DSCN8433

  ホールよりキッチンに入ります、随所に収納があり使い勝手の良い
家だと思います、

1-12-DSCN8443

  キッチンを撮りました、

1-12-DSCN8449

   随所に収納棚があり便利そうです、

1-14-DSCN8461

  洗面台を撮りました、

1-8-DSCN8434

  ホールより二間続きを撮りました、

1-8-DSCN8466

  堀こたつの部屋からホール入り口の建具を撮りました、

1-9-DSCN8436

  和室です、

1-17-DSCN8446

  階段を撮りました、

1-18-DSCN8450

  杉の羽目板を張りました、

1-20-DSCN8455

  二階の洋間間仕切りの建具を空ければオープンな部屋になり、
個室で使用する時はしめる、

1-21-DSCN8456

  収納の内部も杉材張りました、  

1-23-DSCN8459

  腰板は杉材です、 

1-24-DSCN8462

   クローゼットの内部も杉材です、


4月13日の現場です。

1-1-DSCN7967

  外観はほぼ完成ですが、犬走り等左官工事は進めています。

1-2-DSCN79711-3-DSCN7973

  長押の取り付けが終わりました。           和室の天井、無垢材です。

1-6-DSCN79781-7-DSCN7979

 二階の洋間、ちょした棚がお客様のご希望。    押入れの内部です。

1-8-DSCN98691-9-P1060027

  廊下の天井、これも無垢材です。          外観です。

2月26日の現場です。

1-1-DSCN9400

  外壁が終わりました。

1-2-DSCN93911-3-DSCN9394

  玄関ホールの天井で柾板を張りました。      角度を変え撮りました。

1-4-DSCN93991-5-DSCN9401

 階段室の羽目板弊社独自の製品です、      同じく下より撮りました。

DSCN9397DSCN9398

 トイレです、弊社の独自の収納。           物入れの羽目板、杉材です。

12月18日の現場です。

1-1-DSCN8098

  今はアルミサッシを取り付けしています。

1-3-DSCN81021-4-DSCN8101

  筋違を入れています。                断熱です。

1-5-DSCN81081-6-DSCN8111

  筋違撮っておく事は後日の参考になります。     

1-8-DSCN81151-9-DSCN8117

  二階の小屋組です。                 小屋筋違も構造の検査対象です。

1-10DSCN81181-11DSCN8120

 金物の取り付け状況です。               筋違と柱の金物取り付けです。

12月2日の現場です。

1-1-DSCN7919

  屋根、瓦葺き工事が進み、外壁の下地防水シートを張りました。

1-1-DSCN79241-2-DSCN7920

 筋違金物です。                       この防水シートは私が、気に入っています
                                 すでに数十年使っています。

1-2-DSCN79221-3-DSCN7926

  外部にはダイライトを張ります。           今は、隠れたた所を撮るようにしています。

1-4-DSCN79271-5-DSCN7928

  土台と柱の金物です。                 基礎から出ているホールダウン金物

1-6-DSCN79291-7-DSCN7931

  筋違金物、沢山の金物です。            これも筋違を入れた所を撮りました。

1-8-DSCN7937

 瓦も葺けて、ソロソロ中間検査です。


建前

が終えました、野地作業と、金物、筋違をいれています。

1-1-DSCN77801-3-DSCN7776

 火打ち梁と金物をを撮りました。            西面を撮りました。

1-4-DSCN77741-5-DSCN7777

 外の工事は雨に左右されますと中々進み      土台の金物です。
ません。    

1-6-DSCN77791-7-DSCN7781

  大黒柱と基礎、土台です。しっかりとしています。  間柱です、ヒノキの良い材を使用してい
                                  ます。      

 11月5日、建前を行いました、幸い天候が良く大変に嬉しい建前日和
でした。

1-1-DSCN0088

 二階の屋根が出来た所です。

1-3-DSCN00601-4-DSCN0055

  見れば判ると思いますが、杉の赤味材が     骨組している所です。
多く、お客様も、ここだけ見れば判らないが他社
の見ると、極端に良さが違うとお喜びでした。

1-5-DSCN00541-6-DSCN0063

 いつもの所長材です。                 この画像では判りにくいですが100年越す材
                                です。

1-8-DSCN00961-9-DSCN0099

 大黒柱が光ます。                    角度をかえて、撮りました。

DSCN0105

 上棟式です、祝詞も随分うまく読みあげていま
した、弊社の中心的な、社長と、同じ年で将来
楽しみな大工の棟梁として頑張っています。

10月28日の現場です。

1-1-DSCN9903

  現場では、基礎工事を進めています。

1-2-DSCN99041-3-DSCN9905

 型枠組み。                        近く建前をします。

 10月20日作業場では加工、刻みをしています。

1-1-DSCN9729

  土台の加工、刻みです、こうした三河材で刻む工務店が減っています、
プレカットで刻みをすれば、どこの産地か分かりませんが、三河材の良材
で刻む事を弊社の自慢としています、(何故ならばご覧のように赤味のあ
る、赤味があるのは腐りぬくい材であります)

1-3-DSCN97301-4-DSCN9731

 杉材の梁です。                      梁、桁の長材です、これも赤味のある材です
                                良い、色合いです。

DSCN9728

 これは、通柱です、機械に通して角材を、村なく
削り易くする作業です。

地鎮祭を終えました。
29

      地鎮祭です、天候も良く、これから工事は進みます、
早く建前が楽しみです。