三河材で木の家をつくろう

 このお客様の、父親は木材に対して非常に詳しい
方です、私と合った時にも、木材の薀蓄を述べてい
ました、「弊社にご注文頂ける方、本人が、木材に対
して詳しい方」それに「親戚、ご両親が木材に詳しい
方」 他の設備は、時間がくればメンテナスが利くもの
と取り替えが出来ないモノが有ります、正しく
「木材は
り替えはできません」。
  最近、明らかに耐久性の無い地域の材で構造材
を使用した家を見かけます、大丈夫かな?と思います
「木材だけは、良い材を選んで家造りをして頂きた
いと思います」。


造作中です、

1-2-IMG_20180323_230423

  玄関ポーチです、

1-3-IMG_20180323_230347

  下駄箱

1-4-IMG_20180322_121216

   2階ベランダです、

1-5-IMG_20180323_230146

  小屋表しです

1-6-IMG_20180323_230256

  和室天井です、

1-7-IMG_20180323_230126

  クローゼットです、

1-8^-IMG_20180323_230101

  押入れ、内部の壁に杉板を使用しています、


上棟後の、金物、ベランダ、作業を進めています、

1-DSC_0353

  現在、屋根を葺いています、

2-DSC_0359

 工程上、今は金物が中心に工事を進めています

2-DSC_0359

3-DSC_0356

5-DSC_0355

  ベランダの防水工事です、

6-DSC_0360

  筋違を入れています、

 
奥三河の良材で、お値打ちな材で家造りを、お客様に喜んで

頂く、私も楽しいですが、できた建物が10年~20年と長持ち

する家を造るのが私の家造りです。


10-DSCN8494

  珍しい画像です、冬の日の暮れるのは非常に早く撮って

見ました、

9-DSCN8471

  小屋組です、化粧材です、


7-DSCN8462

  同じく小屋です、

6-DSCN8457

  昔に比べボルトの間隔が非常に狭いです、

5-DSCN8455

  2階の梁です、

4-DSCN8441

  小屋タルキです、1本通し材です、

3-DSCN8445

  大黒柱はやはり欲しいです、

2-DSCN8444

  これから段々と木組みが進んでいきます、
      
1-DSCN8442

この大きな梁をご覧ください、とても大きいです

IMG_20171111_215641

DSC_0198

   地盤調査の結果は一部補強です、現在根切り
 
作業場では、加工中です。