まちの刺繍屋 ヘッジホッグブログ

刺繍屋の長女は4月から4年生に。
次女は保育園の年長になりました。

長女はあこがれだった金管クラブに入部してはりきっています。
次女も保育園で一番年上になるということでこちらもはりきっています。
3歳児サイズの小柄な5歳児ですが、いろいろ難しい言葉も使うようになってきました。

「あぁ…判断を誤った…。」
と何やら激しく後悔している次女。

大人なの表現しているじゃないですか。
「どうしたの?。」
と聞いてみたところ。
「お菓子食べ過ぎたーー。」

どうやらお気に入りのお菓子を残しておいてまた明日食べようと思っていたのに、
おいしくてつい食べ過ぎてしまい残せなかったとのこと。
言葉のチョイスには成長を感じるけど、内容はまだまだお子様でした( ´艸`)

4年生の姉は4歳上ということもありことわざなんか使ったりするように。
「ねぇ、ママは昔取った杵柄ってある?」
「うーーん。ないかもしれない…。」
「パパはあるよね。だって一流建築士だもん!」
めっちゃドヤ顔して言ってますけど、それを言うなら一級建築士だからね。
こちらもまだお子様でした( ´艸`)

さて、今は刺繍屋として仕事をしている夫ですが、元々は建築士でした。
全く接点がないような業種ではありますが、刺繍のデータを作る際にイラストを描いたり、図面を書いたり、CADも駆使してますからまさにこれが昔取った杵柄ですかね。

そんな夫の制作はこちら。
バラの花の刺繍です。
DSC05876





巾着袋になっています。
DSC05875





そういえばわたしも小学生の頃、作文で何かの賞をいただいて、ラジオで読んだ記憶が…
いったい何の賞でどんな作文だったのか全く覚えてませんが…
これも昔取った杵柄かしら。
調子に乗ってブログ書いていこうと思います( ´艸`)






mixiチェック

刺繍屋の新店舗兼住宅ですが、おかげさまで着々と進んでいます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
8月には新店舗にて営業開始できそうです。
詳細決まりましたら追ってご連絡致します!!

住宅を建築する際夫婦で意見が分かれもめることもあるかと思いますが、
刺繍屋夫婦はあまりそういうことがありませんでした。
なぜなら別格にこだわりの強い夫VS格別こだわりのない妻だから。

夫「ここはこうでこうだから、こうした方がいいと思うけどどう思う?。」
妻「うん。いいんじゃない。」(正直どちらでも同じに思う)
夫「階段の蹴込みの色だけど、床がこの色で壁はこの色だからこの色がいいと思うけどどう思う?。」
妻「うん。いいんじゃない。」(蹴込みってどこ?)
万事がこの調子でした。

気になることがあると建築基準法まで調べ、CADで図面まで描く夫。
某ブログでマイホーム計画中ジャンルでも参考にしようかと思ってはみたものの即行脱線→
30代夫婦ジャンルにはまってよそのご家庭の事情をチェックしてしまう妻。

そんなこだわり夫の最近の一番の気になり事はずばり外構!
電気のメーターボックスから、水道メーターボックスまで気にしています。
電気のメーターボックスなんて検針の人以外誰が見ます??水道メーターボックスってどこに存在してたの??と思っている妻。
とりあえず今日も「うん。いいんじゃない。」って返事してます。

本日は実にタイムリーなお仕事。
ずばり庭CAP。
3DのCAP刺繍です。
DSC05634





カラフルな庭になりました!
DSC05633





外構やエクステリアに詳しい方いらっしゃいましたら悩める夫にアドバイスお願いします!!
案ずるより産むがやすしと特に妻は悩んでおりませんが…(笑)









mixiチェック

便りがないのはよい便りといいますが、
刺繍屋のブログ更新がないのもよい便り( ´艸`)
猛烈に働いてました。

刺繍屋の繁忙期は卒業、入学シーズンです。
ワタワタしている間に長女は4年生、次女も保育園の年長さんへと進級しました。
以前は形だけだったお手伝いも戦力になるくらいに成長しています。

もっぱら最近は長女、次女、わたしの3人で洗濯をしています。
「二人が手伝ってくれるから本当に助かるわ!!」
舞台女優並みにオーバーリアクションで褒めます。
次女「じゃあ、パパは?」
わたし「パパは洗濯物はしないねぇ。」
長女「でもさ、パパは家を建ててくれたんだよ。それでみんなの運命が変わったんだよ。だからパパはそれでいいの。」

鼻の穴にバンソウコウを詰込み夜間病院にお世話になったあの娘から、運命なんていう言葉を聞く日がくるとは…なんとも成長を感じました。

例年、この時期は桜を楽しむ間もなく過ぎてしまいます。
それでも道すがらの桜に美しさを感じる一瞬を、子供の成長に気が付ける一瞬を大切にしながら、お仕事に励みたいと思いました。

それでは締めの刺繡は桜で。
花びらが舞い散っているように縫ってみました。
DSC05739





背中面もどどーんと刺繍入ってます。
DSC05744





桜たくさん咲かせました。
DSC05740










mixiチェック

このページのトップヘ