2010年03月

ピュアハート

いろんなことを急ピッチで吸収しているひよこ部長。
日常の合間合間でそれを感じます。

例えばお店で買い物をする時など、ジュースやお菓子などお気に入りのものを持たせてあげるのですが、最近は商品をレジに通すということを覚えたようでレジまでくるとそれまで手に持っていた商品を自分でレジの台の上に置くようになりました。

こういうことも特に教えたわけではないので、よく観察して真似から子供は覚えていくんだなと思った瞬間です。

アンパンマンのテレビを見ていても前は喜んで見ているだけだったのですが、この頃はアンパンマンがピンチになると
「アンパンマーン」
と叫んで心配します。

これもまた成長の証なのだと微笑ましく思う反面、10分に1度の割合でピンチが訪れるからこちらとしてはうるさくてかなわない部分もあります。

もうかなりの回数アンパンマンを見ているのでピンチになっても絶対大丈夫だということが分かってくれればいいんですけど、まだそこまではいかないようです。

旦那さんとこの話をしたのですが
「まだピンチになっても大丈夫だということは分からないんだね」
というわたしの言葉に
「そうまだ純粋に信じているんだよ。俺たちはもう汚れちゃっているからそう驚かないんだけどね。」
と返す旦那さん。

俺たちって複数形ですでにわたしも含められているんですね…
その後もやたら大人になって汚れている発言を繰り返す旦那さん…

いやいや、わたしはまだピュアだもん。
クリスマスにはサンタさんがやってきてプレゼントをくれるって信じてるもん。
今年はそろそろキラキラ光る石が欲しいです。ねぇ。サンタさん

って完全に汚れた大人だわ。わたし。

世代交代

ひよこ部長はカメラが大好きなのですが、ここで感じるジェネレーションギャップが一つ。
写真を撮った後すぐにひよこ部長は写りをチェックします。
今では当たり前のような行為ですが、こうしてすぐに画像が確認できるのはデジカメ世代だからこそ。

わたしが小さかった頃は現像するまで写りの確認なんてできませんでしたから。
まぁ、デジカメであろうとなかろうとわたしが目をつぶって写る確率は変わらないんですけどね。・゚(゚`Д)゙
集合写真など例外なく目をつぶっているか半目で写ってしまう間の悪いわたしなのでした。

携帯電話も世代が違うなと感じるものの一つですね。
わたしのスタートなんてポケベルからPHSそれからようやく携帯電話ですもん。
ひよこ部長はスタートから携帯電話。
しかも携帯で自分の写真やムービーを見たり、音楽を聞いたりが当たり前。
後何年かしたらこっちが使い方を教えてもらうようになるのかも…

携帯電話といえば恒例のようにお昼に電話をかけてくるパパさん。
携帯の着信=パパという構造がひよこ部長の頭にはできあがっているようで、携帯が鳴ると
「パパ、パパ」
と言います。

携帯が鳴っている間は喜んでパパと言っているにも関わらず
パパとお話する?と携帯を近づけると
「やだ。」
と拒否する小悪魔な娘。

悲しむパパの様子に思わずにやりとしてしまうわたしは小悪魔通り越して悪魔な奥さんでした。

 

 

新婚さんいらっしゃーい

今日は1月に入籍したという新婚さんが遊びに来てくれました。
初々しいという言葉がぴったり♪♪
まだ夫婦というより付き合っているカップルの延長のように見えます。

あったなぁ。わたしにもあんな頃。
2005年に入籍してますからもう5年も前のことなんです。
まだ5年ともいいますけどね。
じゃあ我が家も新婚っていってもいいのかな?
さすがに5年は無理があるか(笑)

でも新妻って響きにちょっと惹かれます。
旦那さんに、もうわたしは新妻じゃないかなと聞いたところ、
「そりゃそうだろ」
と一刀両断されました(´;ω;`)

「じゃあ今はなんて言うの?」と聞いたら
「元新妻」
とのお返事。

チーン(p_q*)
そんなわけで本日は元新妻がブログをお送りしています。

4歳年下の旦那さんということでしたが年の差を全く感じさせないご夫婦でした。
というかすでに奥さんのボケを旦那さんがフォローしているような気配が…
夫婦って足りないものを補い合っていくものだからすでに理想系。

これからの長い道のりはいつも手と手を取り合っていける時ばかりではないかもしれません。
時に道に迷って進む方向が分からなくなるような時がきたら今日の日のことを思い出して原点に戻ってね。

わたしも今日の二人のこと忘れない。
キラキラの幸せのおすそ分けをありがとう。

コミュニケーション

おしゃべりはまだ発展途上のひよこ部長ですが、こちらの話していることはかなり分かってきているようでコミュニケーションも大分とれるようになってきました。

加えて教えてもいないのに「ヤダ」という言葉も覚え最近は何かにつけて「ヤダ」を連発しています。

「歯磨きしようね」
「ヤダ」
まぁ、ヤダと言われてあぁそうですかと引き下がるわけにもいかないので、実力行使します。すると泣きながら抵抗し
「アンパンマーン。アンパンマーン。」
アンパンマンに助けを呼んでいるようです。
あたしゃバイキンマンかい…

先日はこんなことがありました。臨時収入があったお父さんがひよこ部長に
「これでラーメンでも食べにいくか?」
と言ったところラーメンが好物のひよこ部長はすぐにじぃじに抱っこをせがみ行く気まんまん。

時間はまだ夕方4時でしたので夕飯には少し早い。
でもひよこ部長はラーメンが食べれると思ったようで喜んでじぃじに抱きついています。
わたしが無理やりじぃじからひよこ部長を引き離すと
「じぃじーーー」。゚(゚´Д`゚)゜。
と泣き叫びます。

どんだけラーメン好きなんだ!
お父さんも冗談でラーメンの話を持ち出したようですが、このひよこ部長の様子に冗談ですますわけにもいかなくなり結局この日は仕事で遅くなる旦那さんを抜きに3人でラーメンを食べにいきました。

車中でも「もうすぐラーメン食べれるからね。」と言うと
にっこり満面の笑顔になるひよこ部長。
わたしたち3人はおいしくラーメンをいただき、遅くなる旦那さんにお土産をということで餃子のお持ち帰りを頼むことにしました。

余談になりますがうちの旦那さんはびっくりするくらい小食な人です。
餃子1人前の6個は食べないんじゃないかとお父さんと話し、3個をお持ち帰りすることにしました。
席をたったお父さんが厨房に持ち帰りの注文をしてくれました。

ラーメンを食べ終わった頃に「はい、こちらお持ち帰りの分になります」
と店員さんが餃子の入った袋を持ってきてくれました。

が……あきらかに袋のサイズが大きい。
ん?と思いつつ袋の中を見てみると餃子3個ではなく、3人前つまり6個×3で18個がつめられていました。

どうやら注文がうまく伝わらなかったようです。
今更3個だけ欲しかったんですともいいずらくそのまま18個持ち帰りしました。

子供と大人のコミュニケーションを取るのも難しいですけど、大人と大人のコミュニケーションだって時に難しいものですね。

この親にして

最近ブログにちょこちょこ登場している天然娘ピノコ。
彼女のネタならつきないくらいあるのですが…今日はそのご両親の話を一つ書きたいと思います。

わたしたちは中学の同級生で家も近所ということもあり長い付き合いです。
彼女の歴代の彼氏も知らない人はいないと断言できるくらいです。この話は触れるとわたしも何をばらされるか分からないからそっとしておこうっと(笑)

お互いの家もよく行ききしていますからそれぞれの両親とも仲良くさせてもらっています。
いつも明るい笑顔で迎えてくれるおじちゃんやおばちゃんなのでピノコがいなくても気軽にお邪魔できてしまうくらいです。
まぁ、それはわたしがずうずうしいからできる技なのかもしれませんΣ(´д`;)

彼女の家には「ハナ」という可愛い犬がいます。
以前はこちらが圧倒されるくらい元気にほえてジャンプしていたのですが、11歳という犬にしては高齢の部類に属するようになりめっきり大人しくなっていました。

しかもただ大人しくなっただけでなく、こちらが要求していないのにお手やおかわりをしてくれ可愛さをアピールします。
おばちゃんいわくこびを売ることを覚えたとのことです。犬も年齢とともに生きる道を変えるんだなと感慨深く思ったものです。

さてこのハナは濃い茶色と黒がベースの小柄な犬なのですが元気な頃は時々鎖をはずして脱走することがあったようです。
ある時おじちゃんとおばちゃんが近所を散歩していると脱走したハナを発見!
慌てて二人で走って追いかけます。
「こら、待て!」
ハナはどんどん逃げるので追いつきません。
「ハナ、このバカ犬」
と散々言って必死で捕まえようとしたのですが結局捕まえることはできなかったそうです。

疲れ果てた二人はボロボロになりながら帰路につきました。
ところが家に帰ってきてみると、ハナは鎖につながれたまま。脱走なんてしてなかったんです。
二人が必死で追いかけていたのは狸だったんですねぇ。
確かにハナの毛並みは狸と似ているところもありますが、見間違えるなんて…天然のなせる業ですね。
やはりこの親にしてこの娘あり。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ