まちの刺繍屋 ヘッジホッグブログ

2012年01月

年が明けると中学校、高校と新入生のネーム刺繍が本格的になってきます。
量がありますから時間との戦いになってくるんですねぇ。

それに確定申告の期限も迫ってきますねぇ。
ねぇ…っていかにも他人事のようにしてますが(((( ;゚д゚)))

やらねばならないのは重々承知しております!
あたしゃやるときゃやる子です。
きっと、きっとね(笑)

いつでも新入生のようにフレッシュな気持ちを持っていられたらいいんでしょうけど、
なかなかそうもいかないもんです。
そもそも、風船だって空気を入れすぎれば破裂するし、ギターの弦だって張りすぎれば切れてしまう。
適度に力や気持ちを抜くって大事だと思うんですよねぇ。
わたしの場合抜き過ぎだってお思いでしょう?
これまた絶妙な加減なんですからね♪♪

さて出会いや別れがあるこの時期に刺繍もちょこっとお役立ち。
タオルやハンカチなどプチギフトも刺繍を入れるとなんだかほっこりします。
画像 004
名前を入れるだけでも。
IMG_5837
和みますよね。
贈り物にもこうやってオリジナルが加えられるとなんだか温かみも伝わるような気がして不思議です。

和むといえば、うちの旦那さんは娘の寝顔を夜な夜な飽きることなくながめては
「可愛いなぁー。可愛いなぁー。」
と和んでおります。

そんな時に
「ねぇ、ねぇ。わたしも可愛い??」
なんて冗談でもいおうものなら
「はいっ??あり得ーーーーーん!」
(屮゚Д゚)屮
とけんもほろろな扱いです。
言っときますけどね。
わたしだって、わたしだってピチピチでフレッシュな新人だった時期だってあるんだからねーーー!!




mixiチェック

寒い日が続きますねぇ(((( ;゚д゚)))
こう寒いと大抵の人は外に出る気をなくすのですが、おんとし五十六歳のうちのお母さん。
風のように現れて、
「外に遊びに行くよっ!」と
ひよこ部長を連れて公園まで出かけて行きました。

そして二人でジャングルジムで遊んだり、図書館に行って本を借りたり楽しく過ごしたようです。
帰ってきたひよこ部長が
「ばあちゃん木に登ったよ。」
と報告してくれました。

木に登るって…何をしているんですかーーーΣ(´д`;)
バスケをしてアキレス腱切ったり、山登りで骨折したり、はり切りすぎてやっちまったパターンが多い人なんです。
うちのお母さんって。
まぁ、血は争えませんが(笑)

適度に身体を動かすことは大変健康的ですし、母を見習って少しは外にでなくちゃね。
何かスポーツでも始めようかしら。

スポーツといえば、刺繍のお仕事は結構スポーツ関係が多かったりします。
今回はグローブに刺繍を入れました。
BlogPaint











右手のグローブには画像の通り「好球必打」と
左手のグローブにはお名前を刺繍しました。
贈り物にされるそうです♪♪

なんかいいですねぇ。
スポーツで流す汗と結ばれる友情って素敵です。
ちなみにわたしは中学、高校と帰宅部。
そういうものと縁がなかったせいか余計にあこがれます。
とはいうもの、中学校は往復14キロ。
それもものすごい山道ですからある意味あれはあれで部活だったのではなかろうか。
誰も山の神とは呼んでくれなかったですけどね(笑)


mixiチェック

新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
とはいってももうすでに13日となってしまいましたね。
てへっ(●´ω`●)

笑って許される年齢はとうに過ぎてしまいましたが、笑う門に福来るということで!!
どうぞ本年もよろしくお願い致しますヾ(=^▽^=)ノ

さて新年初の刺繍のお仕事はなんと背広に桜の刺繍を入れるというものでした。
BlogPaint











春の先取りです
新しい年にぴったりなお仕事となりました。
アップはこんな感じになっています。
BlogPaint











IMG_6067
仕上がりはお客様にも大層喜んでいただけとても素敵な刺繍となりました。

新年初のブログということで今年の豊富なんぞを書いてみたいと思います。
ずばり「欲張らない」ことです。

あれもやりたい、これもやりたい、あれも欲しい、これも欲しい。
でも思う全てはやりきれない、思うもの全ては手に入らない。
そうしてできないことにジレンマを感じたり、やりきれない思いを抱くこともしばしばでしたが…
ないことに引け目を感じて負のパワーにするのではなく、あることに感謝してプラスの発想でいこうじゃないか!
なんだか訳が分からない文章になってきましたね。
相変わらず説明下手で読者を混乱させるブログであります(笑)

イソップ童話の「犬と肉」という話をご存知ですか?
この話がわたしにとって今年のテーマのようなものです。
「ある犬が肉をくわえたまま橋を渡っていた。ふと下を見ると、見知らぬ犬が肉をくわえてこちらを見ている。犬はその肉が欲しくなり、脅すために吠えた。すると、くわえていた肉が川に落ちて流されてしまった。もう一匹の犬は、水面に写った自分自身の姿だったのである。」

あるを知る。足るを知る。
つまり自分を知って、認める。
いいじゃないか今のままでも。
欲張ると元も子もなくす。
欲張りすぎず、人にも自分にも甘ーーーい一年にしたいと思います。
ってそれっていつものことじゃ?
てへっ(●´ω`●)
笑う門には福来るに戻るっっ。





mixiチェック

このページのトップヘ