子供の笑いのツボってよく分からないものですよね…
最近の刺繍屋の二人娘の笑いのツボは眠る前の挨拶。

わたし「お布団ありますか?」
子供「あります。」
わたし「枕ありますか?」
子供「あります。」
わたし「それではみなさんご一緒に手を合わせておやすみなさい。」
ってやるとものすごくうけてくれます( ´艸`)

笑いのツボと同じく恐怖のツボも大人にはよく分からないものもあります。

お勧めの絵本を紹介するバラエティ番組を見ていた時のことです。
どうやらその中の一冊が次女(5歳)にとってはこの世の物とは思えないほど怖かったようです。
誰か助けてーー。・゚(゚`Д)゙とパニックを起こしてました。

一緒に見ていたわたしや長女(9歳)からすると???なんで???どこが怖いの???
面白そうな本だなくらいにしか感じなかったのですが。

怖がる次女をなだめすかしお風呂に入ったのですが、お風呂でも思い出してしまったようで、
「ママ、心が痛いから背中トントンして。」
「ママは手が泡だらけだからお姉ちゃんお願い、トントンしてあげて。」
と長女にお願いしました。
妹の背中をトントンしてあげるお姉ちゃん。トントンしながら、

「トントントントンヒノノニトン。
トントントントンヒノノニトン。
ご一緒に。
トントンヒノノニトン。
危険を察知!
あ、喋った。
トントンヒノノニトン。」

おかげで次女も笑顔を取り戻してくれました。
ほっ(´∀`*)

締めはほっこりハンカチ刺繍の画像に。
塗りつぶし箇所には個人名が刺繍してあります。
DSC05197





DSC05196





卒園児にお友達に贈られるということでご依頼いただきました。
贈り物としても、自分用としても活躍しそうなアイテムですね。

それでは今日も一日笑いのツボがたくさん見つかりますように。
子供たちにも、ブログを読んでくれている大人たちにも。