まちの刺繍屋 ヘッジホッグブログ

タグ:チーム

前回のブログでちょこっと妊娠報告をさせていただきましたが、
温かいコメントはもちろん、しばらくお会いできていない友人やお世話になっている方々から気遣いのメールをいただきとても温かくほっこりした気持ちになりました。
ありがたいことです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

さて妊娠生活も9ヶ月に入ると身重という言葉がぴったりとなります。
骨盤が開いてくるせいなのか、寝返りを打ったり、朝起きる時に身体が痛くてたまりません。

そんなこんなで起き上がる時は、
「あいたたた…いたた…あいたた。」
と言いながら這いつくばって起き上がっています。

とその横で妊婦でもないのにうちの旦那さんまで
「あいたたた…いたた…。」
とうなりながら起き上がります。

最近の旦那さんは身体を鍛えることにはまっているらしく、腹筋のやりすぎで起き上がる時に身体が痛いそうです。
鍛えるのはいいかもしれないけど、やりすぎやねんっっ( ´,_ゝ`)

夫婦揃ってあいたた言いながら起き上がる様子はじーさん、ばーさんだなという旦那さんのセリフがぴったりな今日この頃です。
しかし実年齢はまだ30前半の二人ですのでばりばりお仕事せねば。

今回はちょっと珍しい影つきの刺繍の依頼がありましたのでそちらをご紹介します♪♪
P9070180
文字に影をつけるということが刺繍でもできるんです。
糸色の組み合わせも自由にできますから、なかなか面白い刺繍に仕上がります。
P9100177
P9070178
P9070183
面白い刺繍同様、わたしも残りのマタニティライフをおもしろ楽しく過ごせたらいいなぁなんて思っております♪♪




mixiチェック

春眠暁を覚えず…
春の夜はとっくに過ぎたというのに眠たくて、眠たくて(●´ω`●)
ブログもろくに更新できない今日この頃です。

まぁ、ブログの更新頻度が非常にマイペースなのは相変わらずなことなのですが…

そして隣で眠る旦那の寝言のひどさも相変わらず。

「あ、こんな所に小猿がいる。かわいいー。
  あれ、でもお母さんがいないや。一人ぼっちなのかなぁ。
  心配だなぁ…。」

断っておきますが、これ本当に寝言です。
寝言で見ている夢の内容まで分かるくらい。
しかし夫、32歳。どんだけかわいい夢を見ているんだ(笑)

そんなメルヘン夫さんの最近の仕事の様子をご紹介。
とあるバレーボールのサークルさんからご依頼いただいて、
チームのロゴをタオルに刺繍しました。
IMG_6240
こんな感じで30枚。
IMG_6242
黒タオルに金糸でロゴ刺繍ってクールですね♪♪
活気があって素敵なサークルにぴったりな仕上がりとなりました。

せっかくなのでもう一つ。
早いものでもう6月ですね。
6月といえば思い浮かべるものもたくさんありますが、
その中の一つがジューンブライド♪♪
IMG_6242
今回は写真立ての中に刺繍でちょこっとお仕事させてもらいました。
IMG_6241
その後結婚式の写真も見せていただき、
こちらも幸せをちょこっとおすそ分けしていただきました♪♪





mixiチェック

読書の秋も過ぎましたが、読書にはまっております。
ひよこ部長を寝かしつけた後、ベッドサイドのライトをつけて、
布団の中でぬくぬくしながら本が読める幸せ(●´ω`●)

今読んでいるのは、
東野圭吾さんの「ダイイング・アイ」
伊坂幸太郎さんの「死神の精度」
森絵都さんの「カラフル」
桑村さや香さんの「ブリザード」
朱川湊人さんの「わくらば日記」
恩田陸さんの「ネバーランド」

まぁ、全て妹からの借り物なんですが。
伊坂幸太郎さんや恩田陸さんをチョイスするあたりいいセンスしてます(*゚∀゚)っ
特に最近は伊坂幸太郎さんにおおはまりしています。
今回読んだ「死神の精度」にも他の伊坂さんの作品に登場する人物がちょこっと登場してきたり、キュンキュンしますわーー(●´ω`●)

…ってこんなところでキュンキュンしている場合かっっΣ(´д`;)
本日11月22日はいい夫婦の日だし、旦那さんがサプライズでワインとケーキを用意してわたしをキュンキュンさせてくれないものだろうか。
やっぱりいくつになってもトキメキって大事ですよねぇ。

さてそんな我が家のどうでもいい話は置いておいて。
今回の刺繍のお客様はソフトボールにときめいていらっしゃるようです。
チームオリジナル刺繍入りの帽子のご注文をいただきました。
刺繍を入れる前はこんな感じです。
IMG_5828
刺繍が入るとこんなに雰囲気が変わります。
IMG_5826
刺繍のアップはこちらになります。
IMG_5825
いくつになっても夢中になれるものがあること、打ち込めることがあるのはとても素敵なことですよね。

わたしにとってそれはお酒と読書だったりしますが…
こちらはあまり褒めてもらえないのが残念なところだったりします。











mixiチェック

このページのトップヘ