プチギフト

出会いと別れに刺繍をプラス

年が明けると中学校、高校と新入生のネーム刺繍が本格的になってきます。
量がありますから時間との戦いになってくるんですねぇ。

それに確定申告の期限も迫ってきますねぇ。
ねぇ…っていかにも他人事のようにしてますが(((( ;゚д゚)))

やらねばならないのは重々承知しております!
あたしゃやるときゃやる子です。
きっと、きっとね(笑)

いつでも新入生のようにフレッシュな気持ちを持っていられたらいいんでしょうけど、
なかなかそうもいかないもんです。
そもそも、風船だって空気を入れすぎれば破裂するし、ギターの弦だって張りすぎれば切れてしまう。
適度に力や気持ちを抜くって大事だと思うんですよねぇ。
わたしの場合抜き過ぎだってお思いでしょう?
これまた絶妙な加減なんですからね♪♪

さて出会いや別れがあるこの時期に刺繍もちょこっとお役立ち。
タオルやハンカチなどプチギフトも刺繍を入れるとなんだかほっこりします。
画像 004
名前を入れるだけでも。
IMG_5837
和みますよね。
贈り物にもこうやってオリジナルが加えられるとなんだか温かみも伝わるような気がして不思議です。

和むといえば、うちの旦那さんは娘の寝顔を夜な夜な飽きることなくながめては
「可愛いなぁー。可愛いなぁー。」
と和んでおります。

そんな時に
「ねぇ、ねぇ。わたしも可愛い??」
なんて冗談でもいおうものなら
「はいっ??あり得ーーーーーん!」
(屮゚Д゚)屮
とけんもほろろな扱いです。
言っときますけどね。
わたしだって、わたしだってピチピチでフレッシュな新人だった時期だってあるんだからねーーー!!




器用な二人

女の子は父親と似た人を好きになるなんてよく言われますが(*・ω・)ノ
わたしの父と旦那さんは…あまり似ていません。

最近はもっぱらオリラジの藤森に似ていると言われる旦那さんに対し、昔から角田信朗や井筒監督など強面に似ていると評判のお父さん。

そもそも初めて旦那さんと父が遭遇したのはまだお付き合いする前のふつーーのお友達だった頃。
「いやーお父さん初めて見た時はこの子とは付き合えないと思ったけどね。」
と後で言われました(笑)

そんな見た目は対照的な二人ですが共通点がないわけではありません。
二人とも器用なんですよね。
ギターで作詞作曲をしたり、書や絵が得意なお父さん。
器用にいろんなものを作ったりします。
旦那さんも芸術系はともかく器用な人で細かい作業もおてのもの。
縫製にしてもわたしよりはるかに上手。

そんな器用な二人が手がけたのがこちら。
お父さんが筆で書いたものを
img079
旦那さんが刺繍にしました。
IMG_5588

IMG_5598

なかなか味がある仕上がりではないでしょうか。
これは刺繍の一部で全体は諸々の事情があってまだ公開できませんが…
お目見えできる日を楽しみにお待ちくださいまし。
これもまたワクワクする刺繍に仕上がっています♪♪




livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ