まちの刺繍屋 ヘッジホッグブログ

タグ:ライヴィング

暑中お見舞い申し上げます。

暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
昼間の暑さはもちろん、夜の暑さも堪えますね。

わたしは子供二人に挟まれた真ん中で寝ていますので、
非常に熱気を感じます。

長女4年生、次女保育園年長。
そろそろ姉妹だけで眠れるかなと思うのですが、
なにしろ長女の寝相がひどすぎて実現できていません。

ゴロゴロ転がり妹の上に覆いかぶさったり、足を乗せたり、
自分の2倍以上の重さの姉に乗っかられギャーギャー泣く妹。
「お姉ちゃんあっち行って、あっち行ってーー。」
眠りの深い姉は全く意に介さない。
ガーガー寝てます。

これを阻止する防波堤になるため挟まれているわたし。
長女の足を避け、次女の泣きべそをなだめ。

夫は一人隣のベットですが、こちらは夏に限らず寝言がひどい。
「なんだこれははんだふんだはんがふんがーー。」
と怒りのあまり何を言っているか分からない人のモノマネを寝言でしてる。

真夏の夜はカオスな刺繍屋ですが、7月に入り新店舗移転のため着々と準備をしています。
新店舗お知らせ










オープンは7月28日になります。
引っ越しにあたりご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
どうぞよろしくお願い致します。
HP、ブログもリニューアル予定です。

刺繍屋ほどカオスな夏をお過ごしではないと思いますが、
暑さはまだこれからが本番ですね。
皆様どうぞお身体ご自愛くださいませ。


mixiチェック

刺繍屋の新店舗兼住宅ですが、おかげさまで着々と進んでいます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
8月には新店舗にて営業開始できそうです。
詳細決まりましたら追ってご連絡致します!!

住宅を建築する際夫婦で意見が分かれもめることもあるかと思いますが、
刺繍屋夫婦はあまりそういうことがありませんでした。
なぜなら別格にこだわりの強い夫VS格別こだわりのない妻だから。

夫「ここはこうでこうだから、こうした方がいいと思うけどどう思う?。」
妻「うん。いいんじゃない。」(正直どちらでも同じに思う)
夫「階段の蹴込みの色だけど、床がこの色で壁はこの色だからこの色がいいと思うけどどう思う?。」
妻「うん。いいんじゃない。」(蹴込みってどこ?)
万事がこの調子でした。

気になることがあると建築基準法まで調べ、CADで図面まで描く夫。
某ブログでマイホーム計画中ジャンルでも参考にしようかと思ってはみたものの即行脱線→
30代夫婦ジャンルにはまってよそのご家庭の事情をチェックしてしまう妻。

そんなこだわり夫の最近の一番の気になり事はずばり外構!
電気のメーターボックスから、水道メーターボックスまで気にしています。
電気のメーターボックスなんて検針の人以外誰が見ます??水道メーターボックスってどこに存在してたの??と思っている妻。
とりあえず今日も「うん。いいんじゃない。」って返事してます。

本日は実にタイムリーなお仕事。
ずばり庭CAP。
3DのCAP刺繍です。
DSC05634





カラフルな庭になりました!
DSC05633





外構やエクステリアに詳しい方いらっしゃいましたら悩める夫にアドバイスお願いします!!
案ずるより産むがやすしと特に妻は悩んでおりませんが…(笑)









mixiチェック

天気予報通り大雪に見舞われた安曇野。
積もった雪に風が吹き、寒さが増します。
雪に慣れてる地方ではありますが、寒さに慣れはない気がします。
冬生まれでも、雪国に育ちでも寒いものは寒い!!

そんなわたしの最近のテーマソングがこちら。
タイトルずばり「布団の中から出たくない」
https://www.youtube.com/watch?v=s4DxPeLNVuw

新居ではこんな思いをしないですみたい、住みたい。
刺繍屋の店舗兼住宅の新築をお願いしているライヴィングさん。
長野県の寒さに負けない暖かい家造りをしてくださるそうです。
大いに期待してます!!

本当に年々寒さが身にしみます。
それって、つまり、これがいわゆる寄る年波ってやつじゃぁ…Σ(´д`;)

いやいや、新居も建てるしまだまだバリバリ働きます。
とりあえず身体を暖めてくれるものを食べて頑張ります♪♪
ネギも身体温め食材ですよね。
DSC05114





ねぎつねちゃん。
20cm×20cmの大きいサイズの刺繍です。
作業着の背中に入れさせていただきました。
ワッペンではなく直刺繍しています。
DSC05113





ちなみにビールは体を冷やす飲み物に分類されます。
どうなるわたしのささやかな楽しみ、晩酌タイムーーーっっ

でも大丈夫、ビールと同じ位大好きな赤ワインと梅酒は身体温め食材。
フフフッ( ̄ー ̄)ニヤリッ








mixiチェック

このページのトップヘ