衣装

世間は狭い

2歳8ヶ月になるひよこ課長はおしゃべりがどんどん増えている最中。
「ちょっと直し物屋さんいってきます。」とじぃじの物真似したり。
「お願い、妹のお願い。」
「ママ、ママ、お母さーーーん。」
とボキャブラリーも豊富になってきました。

しかし滑舌はまだ心もとない。
シンデレラ→シンデルにΣ(´д`;)
雪の女王エルサ→エルさんに。

夫の寝言の方が断然滑舌が良かったりします。
「ビデオはビデオは撮れるから大丈夫だよね。VHS再生できるから大丈夫。みんなこっち見てるよ。いっせいにこっち見てるから面白い。」
いや…あなたの寝言の方が面白いですから( ´_ゝ`)ノ

歌もたくさん歌うようになったひよこ課長。
最近のお気に入りは「小さな世界」です。
世界中どこだって笑いあり涙あり♪♪一度は聞いたことがある歌ですよね。
この曲をひよこ課長が歌うと
世界中どこだって笑いあり涙して♪♪とちょっと演歌風なアレンジに(笑)

さて、この「小さな世界」サビの部分は
世界はせまい 世界はおなじ 世界はまるい 
となっています。
最近世界はせまいというか世間は狭いなぁと感じた出来事がありました。

洋服に刺繍を入れるお仕事をさせていただいた時のことです。
打合せでいろいろお話ししている内にお客様の息子さんのお嫁さん、つまりお客様からすると義理の娘さんにあたる方ですね。
この方がわたしが刺繍屋として自営業を始める前に勤めていた職場の先輩だったと知りました。
結婚してお子様が生まれたとは聞いていたのですが、まさかお義父さんがお客様として来てくれていたなんてオオーw(*゚o゚*)w
世間は狭いもんです。

ちなみにその時入れた刺繍がこちら。
DSC01147






ワッペンも制作しました。
DSC01144






CAPにも刺繍を入れました。
DSC01183






お二人でコンサートに出かけられる素敵なご夫婦です。
お話上手で仲の良いご夫婦のおかげで、いい意味で世間は狭いなぁとほっこりさせていただきました。

ドラゴンボールと刺繍屋

最近夫は自分の刺繍屋人生をドラゴンボールみたいだといいます。
image







それだけ聞くと何が言いたいのかまったく分からないですが…
初めは弱かった悟空が修行を積んで強くなっていく過程が、自分の刺繍屋としての過程と似ているそうです。

元々設計士だった夫が全く畑違いの刺繡屋に転職し、右も左も分からず独学で刺繍を勉強。
この辺が修行中の悟空と重なるんでしょうか?

悟空だっていきなり最初の敵が魔人ブウだったら速攻やられていたけど、修行を積む中で徐々に強くなっていきそこでさらに強い敵が現れ、さらに修行して強くなり勝ち抜いていけた。
その辺が俺も一緒だと夫は申しております…(゚∇゚ ;)エッ!?

確かに夫の刺繡の仕事も最初は社名や個人名などのネーム入れが主でしたが、お客様の要望に応えるべく刺繍を極めていくと、より高度な技術を求められる仕事が頼まれるようになり。
またさらにそれに応えるべく日々縫い方や縫う順番、縫う密度、素材、糸色を探求しているのでそれを修行と言い換えてもおかしくないのかもしれないですね。

というわけでまだ少年期の悟空と同じレベルだった刺繡屋の頃には応えられなかったであろう刺繡の仕事もかなり増えています。
今回は雅楽の装束に龍の刺繍をさせていただきました。
DSC004610






ワッペンにしたものを装束に縫い付けます。
右側はまだ縫いつけ前で、左側が縫いつけ後になります。
DSC004517






全部で4つの龍の刺繡を入れています。
DSC00469






実際に着用するとこんな感じになるみたいです。
img072












来年松本市では御遷宮で見ることができるらしいです。
見に行けたらいいなぁ…

さて夫のドラゴンボール説を当てはめると、夫が孫悟空で、わたしはチチで、ひよこ部長は孫悟飯、課長は孫悟天ということになるわけですが、生真面目なタイプの悟飯と部長は似てたりします。
自由奔放な悟天と課長も共通する部分が多かったりします。
チチはですねぇ、割ときつい性格なんですが…
yjimageCAB8K0QC




とにもかくにも家族で力を合わせてスーパーサイヤ人ならぬ、スーパー刺繍屋を目指していこうと思います(●´ω`●)



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ