2009年04月

2009年04月29日

皆さんのご相談にお答えします:ケース75

今回いただいたのは「財形住宅貯蓄」、いわゆる住宅財形についてのご相談です。

 

------------------------------------------------------------

知人から頭金を貯めるなら「財形住宅貯蓄」がいいと聞きました。なんでも非課税のものもあり、低金利なのだとか。財形住宅貯蓄について、申し込み方法や種類、メリットなどを教えてください。

------------------------------------------------------------

 

住宅を購入する際に「財形住宅貯蓄」(住宅財形)を利用される方は多いと思います。財形制度は、住宅財形の他にも特に用途を決めない「一般財形貯蓄」や老後のための「財形年金貯蓄」といったものもあります。

saving財形住宅貯蓄」は誰でも利用できるものではなく、まずはお勤めされている会社でその制度が導入されているかどうか調べる必要があります。もし無い場合は総務などで導入できないか掛け合う必要がありますが、たいていの場合企業側と取引金融機関での契約なので導入してくれることが多いでしょう。

 

財形住宅貯蓄」を利用するためには、契約締結時に55歳未満の勤労者であること、事業主を通じて勤労者の賃金から天引きで預け入れをすること、5年以上の期間にわたって、定期的に積立を行うといった要件があります。

 

「財形貯蓄制度」のメリットの一つは、毎月天引きで積立をされるということでしょう。天引きはあらかじめお給料から積立分を引かれるということなので、途中で辞めることも、今月は苦しいからといった言い訳が通じません。

そして、一度に多額の現金を用意するのはなかなか難しいことですが、積立であれば時間を味方にすることによってまとまったお金を用意することができます。「家を買いたい!」といった目標を持ったならまずはこのような制度を利用すると頭金などが貯めやすくなります

 

では、他のメリットを見てみましょう。「財形住宅貯蓄」はその名の通り、住宅貯蓄とついていますから、住宅を購入したいもしくは増改築したいといった用途に使う場合にメリットが出てきます。

積み立てた元金に対して利子が支払われますが、通常この利子に対して20%の税金が引かれます。しかし、住宅取得といった用途に使う場合は元本550万円までの利子に対する税金が非課税扱いとなるのです。ただし、用途以外にお金を払い出す場合は、5年間に遡って課税されることになります。


save tax free

また、「財形住宅貯蓄」を行っている人は「財形住宅融資」という住宅ローンを利用することもできます。428日現在の金利は5年間固定金利で1.64です。申し込む場合は、勤務先の福利厚生担当部署もしくは総務へ問い合わせてみると良いでしょう。

 

なお転職した場合は、退職後2年以内に転職先の事業主を通じて申し出ることによって、従前の契約を転職先で継続することができますので、転職したからと言ってはじめからやりなおしではないので、ご安心を。


効率よく積立をして、上手に制度を利用して、お得に住宅を取得しましょう。

節約



2009年04月22日

皆さんのご相談にお答えします:ケース65

今回は頭金や借入金、収入と返済額のバランスなどについてご相談いただきました。マイホーム購入に際して最も検討しておきたいことのひとつですね。


------------------------------------------------------------

頭金が多ければいいというのはわかっているのですが、多くを用意することがなかなかできそうにありません。そこでお聞きしたいのですが、借入金はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?また、月々の返済額は収入に対してどれぐらいが基準になりますか?

------------------------------------------------------------

 

無理のない借入金は、収入や年齢、借入金利などによっても違いがあり、一慨には言い切れませんが、一般的には返済額が年収の30%を超えない程度だと言われています。

例えば、手取り年収が400万円で35年の金利3%の元利均等返済を利用するケースでは、返済の負担率を30%以内で計算した場合の借入可能額は約2600万円です。


110_F_11720105_5JBkVFWRGeejLyh8ODg73msS5EFSgzIc

これを月々の返済額にあてはめると、ボーナス払いなしで月々約10万円となります。

できれば、ボーナス払いをせずに月々の収入の中から返済できるような返済プランを立てられることをおすすめします。なぜなら、ボーナスは企業の業績などによって左右されるもので、その性質上必ず支給されるものではないからです。
また、転職などによってボーナスの無い会社で働くことになるかもしれません。ボーナスが支給されなかった場合のことも考えて、ボーナスをアテにした生活をせず“出たらラッキー”と考えて貯金をして、できるだけ早く、多く、繰上返済に充てたほうが賢明であると言えるでしょう。


savingまた、返済の負担率が収入の30%を超えてしまうと、住宅ローンを返済しながら、貯金をしつつ生活をするのは厳しくなってしまいます。当然のことですが、毎月の住宅ローン返済が軽ければ軽いほど、生活にもゆとりがでてくるのです。


そういった意味でも頭金の役割はとても重要ですが、その後の繰上返済も大切になってきます。頭金があまり無い場合は、できるだけ住宅ローンの負担が減るように物件価格を抑えるといった工夫をして、生活費の中からできるだけ貯金を増やして繰上返済をするといった心構えも大切なのではないかと思います。

home loan 1



maruyama_55 at 09:23|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)

2009年04月14日

皆さんのご相談にお答えします:ケース55

今回は下記のようなご相談をいただきました。


------------------------------------------------------------

モデルハウスを見学する際、どこにポイントをおくといいですか?ここは見ておくべきというチェックポイントがあったら教えてください。

------------------------------------------------------------

house check 

 

 

 


まず、モデルハウスは“モデルハウス仕様”で作られていることをよく考えながら見学することです。モデルハウスの場合、建坪いっぱいに建てられていますので、実際に建てられる物件とくらべて、同じ坪数でも広く感じることが多いでしょう。
しかし、実際はこのようにギリギリまで建築できることは少なく、建築基準法で定められている用途地域などに応じて、建ぺい率容積率などで建てられる高さ、広さなどは変わってきます。その点はよく注意しておくべきでしょう。

 


また、モデルハウスは家具や家電が素敵に配置されていることが多く、それを見て夢を膨らませ、購入へ突き進む方も多いかと思います。しかしここで気を付けなければいけないことは、モデルハウスはあくまでも「モデル」なのです。
インテリアコーディネーターといったプロが素敵に見せているだけの場合もあるのです。実際、家にある家具を置いた時のギャップに苦しまないようにあらかじめ家にある家具を配置した場面をシミュレーションしておきましょう。そして、新たに付け足す家具、家電は何がいくらくらいかかるのかといった金額的な部分も考えておくと良いでしょう。

 

そして、標準設備、仕様なのか、あるいはオプションなのかを必ず確認することです。標準設備、仕様であれば費用に含まれますが、オプションの場合は上乗せされますので、あれもこれも素敵だからといって取り付けてしまっていては予算オーバーになってしまうことも。
予算をしっかり守るためにも、オプションは必要最低限として、不要な部分は削って安くできないかどうか交渉するといった工夫も必要でしょう。
 


また、収納率も忘れてはいけません。戸建ての場合は15%程度の収納率があるものかどうか確認しておきましょう。収納を後から作り直すのは大変なことですから、しっかりとチェックしておきたいポイントです。見た目だけで判断せず、これから長い間過ごすことになる空間だからこそ、実用的で住み心地の良いマイホーム作りをしていただけると失敗が少ないのではないかと思います。

 
model house





大きなお買い物だけに感覚までも“大きく”なってしまい、財布の紐が緩くなってしまうことがあるかもしれません。だからこそ十分な検討が必須。分からない部分はプロに意見を求め、一緒に学ぶつもりでムダの少ない納得の行くものにしたいものですね。

 

モデルハウスといえば、以前にアップした「新すまい55」のモデルハウス見学会がまだ開催されているようなので、上記のチェックポイントを踏まえながらご参加されてみてはいかがでしょうか。
※見学会の詳しい情報は、このブログの左上にある新すまい55のバナーをクリックしてご覧ください。



maruyama_55 at 18:23|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)住 宅 

2009年04月08日

皆さんのご相談にお答えします:ケース45

この「相談コーナー」では、皆様から寄せられるコメントのなかからピックアップして掲載しています。前々回の「新すまい55」をアップして以降、いただくコメントの数が日に日に増えていて嬉しい限りです!
ピックアップするものけっこう大変ではありますが、がんばって続けていきますので、引き続きご覧いただき、コメントをいただければさらにありがたいです。よろしくお願いします!

 


今回の相談は、このような内容。


------------------------------------------------------------

今度一戸建て(狭いけど!)に引っ越す予定です。引越しに際して、家具や家電を買い替えようかと思っています。省エネ・省スペースなど「節約」によさそうな家具や家電を教えてください。

------------------------------------------------------------

 

家具・家電を選ぶ際に気を付けたいことは、展示されているスペースと部屋に置くスペースの広さの違いを認識することです。

room




展示場はとても広く、一見その家具が小さくみえてしまいがちですが、実際部屋に置くと意外とスペースを大きくとってしまい、部屋の狭さが強調されてしまうことがあります。特に背の高い家具・家電は、部屋の圧迫感を生んでしまうことがあるので、それほど広くない部屋ではなるべく家具・家電は低めに設置すると視界が広くなって開放感を得ることができます。

 

家具は後付けのものを買うよりも、その家に合った家具や収納をオーダーすることをおすすめします。

オーダーであればその家に合ったサイズで作ることができますし、後付け感が無いのですっきり見せることができます。収納が少ないと、外側にどんどん後付の収納家具が増えてしまい、結果より部屋のスペースを狭く見せてしてしまいがちです。ものをできるだけ増やさないことはもちろんですが、後付け収納を増やさないこともお部屋をスッキリと見せるコツです

長い目で見ても、はじめにその家と部屋に合った収納を作っておくことが余計な収納グッズに惑わされることも少なくなり、ムダな出費を抑えてくれることになるでしょう。

 

最近の家電製品は、省エネでしかも省スペースの商品が多数出回っています。

テレビも以前のブラウン管に比べて液晶テレビは薄型でしかも消費電力量もかなり削減されています。
最近発売されている液晶テレビでは、ブラウン管と液晶テレビを比較すると、消費電力が60OFFになるというデータもあるくらいです。(※ソニーブラビアの場合)


冷蔵庫も省スペース型のものが増えてきています。コンパクトキッチンにも設置できて、しかも容量が大きいタイプのものが増えてきていますので、そういったものを選ぶようにすると良いですよ。

 


そして気になるのが、年間の電気代です。同じ買うなら少しでも電気代が安くなるものを選びたくなるのは当然のことです。そんな時は、「省エネラベリング制度」を活用しましょう。対象となる家電製品は16製品で、エアコン、冷蔵庫、電子レンジなどです。省エネ基準を達成しているラベルには、このよう(↓)に緑地に白のeマークが付いています。

a(250)


達成率が高いものほど省エネ効果(節約効果)の高い製品と考えることができます。


また、統一省エネラベルも製品を選ぶ際の参考になります。


b小売店の店頭で、エアコン、電気冷蔵庫、テレビについて表示されていますので、この表示を見れば、年間の電気料金の目安などを知ることができます。

また、私の場合ですが家電製品を購入する際は必ず価格.comを利用して比較検討するようにしています。ここはユーザーの意見がダイレクトに聞けるメリットがありますので、パンフレットにも書いていないような情報が得られるのでとても参考になります。

 



一度購入すると、買い直しをすることができない大きなお買い物ですから、その場の勢いで決めるのではなく冷静に考えて、大きさが心配な場合はメジャーなどを持ってサイズを計りながら検討すると良いでしょう。


room layout



2009年04月02日

皆さんのご相談にお答えします:ケース35

前回アップした新すまい55についての記事「550万円住宅に潜入してきました」に、予想以上に多くのコメントをいただき驚きました。多くの方々にブログを見ていただいているんだなと改めて実感。皆さんに感謝です!レギュラーコーナーとなっているこの「相談コーナー」にも俄然、気合が入ります。

 

さてさて、今回のご相談です。

------------------------------------------------------------

光熱費についてお聞きしたいと思います。最近「オール電化」というものをよく見聞きするのですが、一般的な住宅とくらべてどれぐらいお得なのでしょうか?

------------------------------------------------------------

 eco

オール電化」とは、キッチン・給湯、冷暖房などすべてのエネルギーを電気でまかなう住宅のことを指します。一般的な住宅は、キッチン、給湯、床暖房がガスでそのほかが電気というスタイルですが、それがすべて電気に変わると考えた方が分かりやすいかと思います。


具体的には、キッチンはガスコンロにかわってIHクッキングヒーターに、ガス給湯システムが、電気温水給湯器に変わることです。

IHクッキングヒーターのメリットは火を使わないから年配の方や小さなお子さんがいるお宅でも事故になりくいこと。調理中の「着衣着火」のリスクがかなり軽減されます。


また、ヒーター部分がフラット(平面)になっているため、ガスコンロに比べてお掃除がラクになります。

デメリットとしては、炎が見えないので慣れるまで火力調節に戸惑う、使える鍋がIHに対応していなければ使えなくなるので、対応する鍋を新たに買う必要があることなどです。


 

電気温水給湯器は、深夜電力で電力が安い時間帯を利用してお湯を作って保温タンクに貯めておくシステムです。お湯を貯めるタンクが大きいというところが若干のデメリットでしょうが、戸建ての場合はあまり気にならないのではないかと思います。
eco2また、エコキュート空気の熱でお湯を沸かすシステムなので、効率が良いシステムです。ランニングコストを考えた場合、電気温水器と比べて初期導入コストが若干かかったとしてもこちらの方がお得だと思います。また、タンクのお湯が非常用水として使うこともできるので、災害時の助けになることでしょう。

 

また、オール電化住宅には「電化上手」(季節別時間帯別電灯)「全電化住宅割引」など、割引制度もありますので、オール電化住宅にした場合は是非利用したい制度ですね。


東京電力のデータによると、オール電化住宅の月々の光熱費(電気代)は平均で13,394/2007年度実績)ですから、現在の使っている光熱費と比較してみてはいかがでしょうか。また、ランニングコスト比較でもオール電化住宅100に対して、ガス・電気併用住宅の場合142という試算もあります。

 
また、電気料金メニューの「電化上手」プランは、昼間の電気料金はちょっと割高になってしまうので、電気料金の安い時間帯である午後11時〜朝7時までの間に洗濯乾燥や炊飯など電気を多く使う家電製品はタイマーなどを使って上手に利用するとより経済的です。

discount



maruyama_55 at 21:28|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)節 約