2009年05月

2009年05月13日

皆さんのご相談にお答えします:ケース9

今回は金利の種類についてのご相談です。普段もこの関連のご質問をよくいただきます。マイホーム購入を考えられている方の“悩みどころ”なのでしょう。

 

------------------------------------------------------------

民間ローンには「固定金利」と「変動金利」があり、どちらを選択するか迷っています。それぞれのメリットとデメリットを教えてください。

------------------------------------------------------------

 

110_F_11720105_5JBkVFWRGeejLyh8ODg73msS5EFSgzIc固定金利」は、完済までの金利がローンの契約時点で決まっているものです。住宅金融支援機構と民間金融機関との提携ローンである「ラット35」が固定金利ローンの代表的ローンです。

 

固定金利」の一番のメリットは、金利が決まっているため金利上昇に伴う返済額の増額が無いという点でしょう。しかし、将来低金利になった場合は、変動金利型などに比べて金利が高くなってしまうことも。

 


変動金利」は、一般的には年に2回金利が見直されるものです。見直し時に金利の変動があれば、その都度新しい金利が適用されますが、返済額は5年間変更しないというルールがあります。

また、5年後に返済額が変わる場合は、もとの返済額の1.25倍を超えないことが決められています。返済額が変わらないために、金利の動きに注意をしていないと仮に金利変化があっても気づかないこともあり、金利の上昇によって利息部分が大きくなり、元本部分が減ってしまうリスクもあります。


 

110_F_10056568_jVWXdulxuaEG6wEPKSrpFY8oWK3CmjXL一般的に変動金利型の方が固定金利型に比べて金利が低いというメリットがあります。現在のように低金利が続くのであれば変動金利の選択も悪くはありません。ただ今後はどうなるかはわかりませんので、固定金利と変動金利を上手に使い分けるという考え方も一案でしょう。

 

しかし、変動金利型のローンの場合、途中で一定期間金利が固定される「固定金利選択型ローン」への切り替えも可能ですので、金利や経済の動向、返済の残高などで随時検討してみるのはいかがでしょうか。

loan1


















2009年05月08日

皆さんのご相談にお答えします:ケース8

今回は下記のご質問に対して、マイホーム購入までの大まかなステップについて書かせていただきます。


------------------------------------------------------------

マイホームを購入するまでの期間について質問させてください。検討し始めてから購入するまで、一般的にどのくらい時間がかかる(かけるべき)でしょうか?また、検討から購入までの流れがわかると嬉しいです。タイムテーブルのようなものがあればお願いします。

------------------------------------------------------------

home loan 1




住宅購入のステップは、住宅を購入したいと考えた時からスタートします。そこから住宅へかけられる予算や現在の貯蓄などと合わせて資金計画と、物件の予算を決めることになります。ここで、貯蓄によってはもしかしたら貯めるための時間が必要かも知れませんが、頭金をある程度用意できるのであれば、そこからどのような物件にするのかを探すことになります。

 

house checkまずは具体的な条件を挙げつつ、その条件に合う物件を探すことになります。戸建ての場合は、土地と建物を探すことになりますので、家を建てるための土地探しからスタートさせます。
立地は重要な要素ですので、納得がいくまである程度の時間も必要かと思います。インターネットや、住宅雑誌や希望する沿線の不動産屋会社などで情報を集めることになり、条件の合う土地が見つかればここで土地を購入し、次ぎに建物を決めます。


こちらも、モデルルームなどで情報を集め希望に合うハウスメーカーを決めて見積もりを取り、並行して銀行に融資の相談をしていくら借りられるか、月々の返済額に無理はないか確認しましょう。

 
contract次ぎは不動産の売買契約を締結します。売主は所定の期日までに完成させて買主に引き渡す義務を、買主には支払いの義務が生じます。ここで買主は手付け金を支払いますが、自身の都合で契約を放棄する場合は、手付け金額の返還はされません。売主からの場合は手付け金の倍額が返還されることになります。

 

次のステップは、ローンを組む場合は融資を受ける銀行へ申込をすることになります。融資が決定したら、金銭消費貸借契約書を締結します。

 

建物が完成したら、契約代金の支払いをし、引き渡しとなります。その時に不動産の登記などの手続きもあります。

 

move
そして、引っ越しというのが大きな流れです。




具体的にかかる時間はなかなか出しにくいところですが、土地探しに1年以上かけてゆっくりと探す方もいらっしゃると思います。多分ここが一番時間のかかるところだと思います。


また、間取りのプランなどにも時間をかけて検討される方も多いと思いますが、1ヵ月〜2ヵ月工事から完成までですが、工法によっても違いはあるかと思いますが34ヵ月が目安でしょう。

room



maruyama_55 at 12:35|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)住 宅