労働の解放をめざす労働者党ブログ

2017年4月結成された『労働の解放をめざす労働者党』のブログです。

長野・斉藤よしあきさん が立候補の記者会見!――20もの報道各社が詰めかけて

斉藤よしあきさん(長野選挙区予定候補)が立候補の記者会見!
――全国紙、地方紙、テレビなど20もの報道各社が詰めかけて


 1121日(水)の午後、長野県庁の会見場で長野県区立候補の記者会見を行いました。

 1時半開会で3時までの予定だったのですが、準備もあるからと思い1時に会見場に着くと既に10社ほどの記者達が来ていて、いきなり氏名や生年月日、最終学歴、等々について聞かれ、また開会まで少し時間があったので各社から上半身の写真撮影が行われました。持っていった資料は、斉藤パンフ、経歴・決意文・働く者のセミナー記録、労働者党の紹介(年表)、『海つばめ』号外・最新版、綱領集、選挙本、等です。報道関係者は主要紙や地方紙、テレビ局を含め最終的には20社ほどにもなり、各社の関心の高さを感じさせられました。

記者会見-4

 

 こちらもOさんの司会で進行し、最初に支部長の鈴木から労働者党の紹介や闘いの意義について説明し、続いて斉藤が最近の経歴なども交えながら決意の表明を行いました。

 

 質疑の中では、県内で労働者の声をどのように取り上げて闘っていくのか、野党共闘がだめと考える理由は何か、長野県が立候補選挙区の一つになった理由は何か、憲法を無条件に擁護するという立場ではないのか、などの質問が出され斉藤、鈴木がその一つ一つについて答えました。各社の記者は、ミニ政党だからと軽視したり、冷やかしたりする雰囲気はなく、皆こちらの主張に真剣に耳を傾けているようでした。
(記者会見の詳細は、『海つばめ』1340号をご覧下さい)

 この日の夕方、二社の地元テレビのニュースで放映され(党員は誰もこのニュースを見ている余裕がなく、後から友人から聞いたり、ネットで知ったのですが)、翌朝には地元紙二紙と全国紙一紙で報道されました。

信毎記事(2018.11.22)

 報道内容は一部間違っていたり、表現が正確ではない部分もありましたが、公平中立的な扱いであり、むしろ好意的に扱ってくれていると感じました。記者会見の翌日には斉藤さんは実家のある栄村の友人・知人等から「テレビで見た、新聞で見た。びっくりしたけど、頑張って!」等々と声を掛けられ勇気をもらいました。

長野市内で労働者党の初街宣

長野市内で労働者党(長野支部)の初街宣 

 

 1118日午後、IR長野駅前で労働者党としての初の街宣を行いました。

 『海つばめ』と「党名」の幟旗を立て、先に購入したばかりの拡声器を三脚にセットし、そしてこれも真新しいゼッケンを付けて行いました。

街宣-2 斉藤と鈴木が交代でマイクを握り、演説者以外は『海つばめ』号外を配布しながらの街宣です。演説のテーマは第一回目という事もあり両名とも主に労働者党の紹介と企業の長時間労働、低賃金、格差や貧困の拡大、過労自殺問題や非正規などの差別労働、安倍の「働き方改革」の欺瞞性、既存労組の頼りなさ、あるいはアベノミクスの失敗や欺瞞性、等々について熱く語りかけました。

 昼下がりの駅前ということで人通りは比較的閑散としていて、『海つばめ』の受け取りもさして良くはなかったのですが、中年男性が一人、ゼッケンの「安倍政権打倒」の文字を見て「いいね、頑張って」と声をかけてきたり、信号待ちの車から窓を開けて演説に耳を傾けたりしていた姿も見られました。


 約1時間の街宣でしたが、初回としてはまずまずの街宣だったと感じます。今後、松本での発会式の後も街宣を行う予定ですし、場所や時間、演説内容も変えて時々やっていきたいと思っています。

長野支部にて「労働者党と斉藤よしあきを応援する会」の発会式

長野支部にて「労働者党と斉藤よしあきを応援する会」の発会式 

 

 1118日(日)、長野市内で「労働者党と斉藤よしあきを応援する会」の発会式を行いました。当日急用ができたり体調が悪かったりで欠席する人も何人かあり参加者は少な目だったのですが、もともと仕事があったり別の用があったりで参加したいけど今回は参加できないという人も多かったので実質的会員は結構多く、取りあえず無事に会を立ち上げることができました。午前10時半に党員のOさんの司会で始まり、ちょうど12時まで正味1時間半の発会式でした。 
              発会式


 最初に党支部長の鈴木より党の紹介があり、昨年
4月に結成された新しい党であるが、源流は60年安保闘争時のブント(共産主義者同盟)の闘いにあり、1963年に結成された「全国社会主義研究会」(全国社研)が直接の起源である。1970年代、80年代頃は何度も国政選挙に出馬した。しかし、供託金等が徐々に引き上げられたりして国政選挙への参加を断念せざるを得なくなり十数年間サークル活動に後退せざるを得なくなっていた。しかし、この間、格差の拡大や新たな貧困問題などが重大な社会問題になり、安倍自民党政権への不満も日々高まっている。我々は捲土重来を期して、昨年4月に「労働の解放をめざす労働者党」を結成して参議院選挙に挑戦することを決めた。皆さんの応援をお願いしたい、と挨拶がありました。

続いて、県区予定候補の斉藤さんより挨拶があり、特にリーマンショック以後の10年間の体験等を中心に自分の経歴や決意を述べました。

 斉藤さんは、当時の年越し派遣村の開設や最近では電通高橋まつりさんの過労自殺問題などに強い衝撃を受け、長野で当時新しく結成された地域合同労組に加入して活動したり、長野市の「年越し絆村」などにも参加してきた、一昨年には仲間と「信州・働く者のセミナー」を立ち上げ、批判啓発活動などもしてきたと話し、多くの労働組合や野党が本気で闘おうとしていない、安倍政権は「働き方改革」などを見てもわかるように表面的な改善のポーズやリップサービスで国民の支持を繋ぎ止めようとする一方で、戦前の体制を美化し安保法制を成立させたり憲法改悪を企んだりしている。今こそ労働者・働く者が団結し安倍政権打倒の狼煙を上げるべき時だ。共に闘いましょう、と挨拶しました。
 
 次に、参加者のメッセージを含めた自己紹介が行われ、夜勤明けを押して隣県から駆けつけた同級生からは「斉藤さんは学生時代から自分の信念を貫いてきた。自分はそれに感動した。応援するだけではなく周りの人にも働きかけていきたい。」とありがたいメッセージを頂きました。


 続いて、司会のOさんより、活動の中身の説明と規約の提案がなされ、若干の質疑が行われました。参加者のK.Oさんは、自分は平和運動や基地問題、死刑制度の問題、困窮者の相談活動、等さまざまな運動に携わっているが政治的な闘いの意義がよくわからない、という質問がありました。鈴木と斉藤から個々の運動にはそれぞれ意義があるが、現実に国会等があり各政党がそれぞれの利害を賭けて争いあっている、労働者・働く者が全国的な政治的闘いを通じて団結を深めていくことはどうしても必要なことだと答えました。
 
 規約は提案通りに採択され、役員としては参加者
3人から幹事についてもらいました。今後、参加者それぞれが周りの人に働きかけ、カンパや支援の輪を広げ会員の獲得もめざしていくことが確認されました。

 なお、今回の発会式は「応援する会」の県センターと東北信支部の発会式を兼ねて行われたものですが、来る129日(日)には、松本市内で中南信支部の発会式を行います。今後会員を増やしていって、各市町村とか各グループ等々の支部も設立できるよう頑張っていきたいと思います。
★ 自民党と反動の改憲策動、軍国主義路線を断固粉砕しよう!
★「搾取の廃絶」と「労働の解
  放」の旗を高く掲げよう!
★100万票を獲得し、
  労働者の代表を国会へ!
プロフィール

労働の解放をめざす...

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ