西日本政党カーと広島選挙区
男性が「よかったよ」と泉候補に握手(JR横川駅)
izumiennzetu
活動報告から(19日)
1.午前中、広島市西部の西区の団地2か所にマイク演説(吉村)、連呼、ビラ入れ。
2.午後は佐伯区の団地2か所、連呼。
3、隣接する廿日市の団地(山陽高速道を隔てて左右に分かれているので実質2か所)に連呼。

活動報告から(20日)
1、6:40から8:00 JR広島駅南口 泉候補と合同で挨拶、ビラ配布、8:25までマイク宣伝(泉、吉村)
2、広島市内中区、西区、南区の団地を連呼とマイク宣伝、移動中は時には伊藤のマイクによる連呼。
 吉村の演説後、聞き入っていた老人男性の「頑張れ」の声あり。団地でに吉村の演説合計7回に及ぶ。
3、17:00から20:00まで、JR横川駅前にて、泉候補と合同で演説3時間ロングランとビラまき。演説者は泉、吉村、伊藤。
 夕暮れにLED照明でアクリル板が裏から照らされ、スローガンや「比例区は労働者党へ」の文字がくっきり浮かぶ。

 吉村の演説をずっと聞いていた男性が「よかったよ」と泉候補に握手をもとめてきたり、 演説している伊藤候補は訪問介護をしているとビラ配布しながら話すと、自分も介護の仕事をしていると話してくれ、伊藤パンフも渡して投票依頼できた。安倍は「倒れてほしい」と話しかけてくる女性もいて一定の有権者の賛同・応援の声を直接聞けた有意義な選挙戦のフィナーレとなった。

  写真は演説する泉候補