2013年03月23日

リトルバスターズ!24話感想

リトルバスターズ!24話感想


食堂で謙吾のトンカツを真人が盗み食いするたびにこっそり自分のトンカツを謙吾のお皿に分け与える小毬ちゃんマジあったけぇ〜
小毬ちゃんはリトルバスターズの癒しやで


今回のミッションは子どもたちのために人形劇をやることに
来ヶ谷さんや真人の考えた劇はどう考えても子供向きではないわな
西園さんの人形劇がノリノリで面白かった


消灯の時間にありほとんど作業が進まないまま解散することに
三枝さんと和解したとはいえ公私混同せず校則に厳しい二木さん、だがそこがいい


鈴の部屋に小毬ちゃんが来て二人で頑張ることに
やっぱりこの二人の組み合わせはいつみてもかわいいし微笑ましくて最高だな
鈴が寝落ちしてから一人で人形作り終えるとは小毬ちゃんみたいな嫁が欲しい


小毬ちゃんの手助けもあって人形劇は大成功
一方なんで人形劇をやる展開になるのか先に書いてあったミッションの手紙に疑問を持つ直枝
小毬ちゃんに見せてもらった願い事を叶えてもらった8人の小人達が消えていくという話にも見覚えがあるらしいし世界の秘密=時間がループしてることで確定かな?


消えていく小人というのは直枝と鈴以外のリトルバスターズのメンバーかな?何人かのメンバーは既に時々いなくなっては戻ってきてるが、劇中の中でもう何回かループしてるっぽい
直枝が倒れてしまうのがループの合図かな?
小毬ちゃんにお礼を言おうとした鈴が小毬を見つけられなかった時はもう消えてしまったのではと思って泣きそうになったわ


ここにきて世界の秘密関連で一気に物語に引きつけられてきた
エンジェルビーツと世界観が結構似てる気もするだけにここからは切ない展開になりそうだ

mas0403 at 23:22│Comments(0)TrackBack(0) アニメ | 2013冬アニメ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字