2007年06月29日

天下為公

f9ea448e.JPG今朝もいつも通り7:30に出社。

8:00から連絡会議。

8:30から打合せおよび協議。

10:20に面会。
この際に、写真の色紙を頂く。来訪者の方がわざわざ小生のために麻生外務大臣にお願いして書して頂いたものです。麻生外務大臣とは何度かお会いしておりますし、いつお会いしても「最年少!」とか「何かあったら言ってこいよ!」と親しくお声がけ頂いております。嫌味のない方で尊敬する政治家の一人であります。

「天下為公(天下をもって公となす)」とは、古代中国の『礼記』の一節にある為政者の政治理念を説く言葉です。簡単に申し上げるならば、天下は為政者のものではなく、民のものであるということを意味します。小生の「町民本位の町政」に通ずるものがあると思います。
首長は様々な場面で政治的な決断を迫られます。
その決断のもととなるのは「菰野町民にとってどうか」「未来の菰野町にどのような影響があるのか」ということです。
時に厳しい状況に身をおくこともありますが、強い意志をもって、事由に当たって参りたいと思います。

その後、終日会議。

今夜は、地域のために様々な活動をしている皆さんとの会議があります。どんな会議になるか楽しみです。

masa141129 at 16:45│