DSC02100

 “アツモノに懲りてナマスを吹く”
 好きな諺だ。いかにも人間のサガを言い当てて興味深い。
  冬に明太子スパゲティをやった。チンして柔らかくなったバター。
 意気揚々と明太子に混ぜ始めた。
 台所の寒さで固まってしまった。
 それに懲りてもう5月なのにバターではなくマヨネーズにした。
 人間の悲しいサガだ(?)
 マヨネーズは明太子と合うしスパゲティとも仲が良い。だからうまいハズだ。
 でも明太子バターと比べてどうだろう。楽しみだぜ。

DSC02097

 作り方は簡単。
 茹でた超アルデンテなスパゲティに混ぜるだけ。オレの好きなブイトーニ。
 1kg入り。半分の500gを使う。1.6mmスパゲッティーニは標準ゆで時間8分。6分で仕上げる。
 博多柳橋連合市場の中弥で買ったでかい明太子。1腹2本を使う。約175g。
 包丁で切れ目を入れ皮から中身を出す。ちょっと身の付いた皮だけを食う。変わった食感だ。

DSC02098

 にょろにょろにょろっとキューピーマヨネーズをたくさん出す。明太子を載せる。

DSC02099

 ぐいぐい混ぜた。すぐに明太子がマヨネーズと一体化。
 味見。凄くうまい。塩は必要ない。
 あっ、明太子マヨネーズって製品があった。うまいのは当たり前か。

DSC02101

 茹でた!混ぜた!食った!
 「うまい」
 明太子の相棒にマヨネーズもなかなかだ。
 バターよりうまさが一気に来る。奥深さは弱い。
 やはり絶妙な香りと滑らかな舌触り、独特の旨味に秀でるバターには敵わない。
 マヨネーズは舌に分厚く載ってしまう。くどいのだ。酸味は良いカンジ。
 黒コショーやレモン汁やハラペニョソースを合わせるべきだった。
  麺はサイコ~。最初の超アルデンテ、最後までアルデンテ。

DSC02102

 次回は工夫してマヨネーズの名誉を回復しよう。(2012.5.6)