DSC02578

 2,750円 / ハンバーグ6個載せカレー / 1人

 5個載せは2回やった。今日は6個載せ。
 1個150gだから6個で900g。凄い量だ。だがご飯もカレーも少ない。なんとかいけるだろう。
 「しばらく!今日はカレーにハンバーグ6個載せよう~」
 「すごい!」
 水を呑んで待つ。
 「ハンバーグカレーに5個ですよね」
 「うん合計6個」

DSC02577

 「すいません勘違いしちゃって・・・もう1個すぐ持ってきます」
 「すぐ出る?写真撮りたいから」
 モノを目の前にしてオアズケを喰らう。従順な飼い犬の如く待つ。イラつく。
 「いったん下げていいですか。載るかな?」
 出た。5個の上に1個載っかっている。写真撮ると言ったのにこれじゃビジュアル的にダメだぜ。1個をずらす。

DSC02579

 激写。
 猛然と食い始める。ハンバーグ。うまいがいつもよりバターっぽい。
 ぐいぐい食う。4個でややハラ一杯。カレーとご飯も食べる。福神漬けも食べる。
 その時、カウンターの隣に常連らしき爺さんが無理やり割り込む。
 カウンターは3席しかない。オレが真ん中で股を広げて尋常な人間とは思えない猛烈な勢いでハンバーグ6個載せカレーと格闘しているのが見えないのだろうか。
 5個食った。6個目にかかった時、成功を確信。
 隣のじじぃがおもむろにタバコを出す。すかさず注意する。
 「食べ終わるまでタバコ吸わないでください」
 「いいですよ」
 いいですよぉ!? 
 タバコを吸う時は「よろしいですか?」と訊くのが礼儀だろ。しかも隣のヒト(俺)は食事中だ。
 そんな事がわからないとは、気取った長く伸ばした白髪のアゴひげが泣くぞ。いったい何年生きてるんだ。80年もそんな非常識のままやってきたのか。嘆かわしい輩だぜ。誰も注意するヒトがいなかったに違いない。

DSC02580

 ハラはかなりきついがラクに食べきった。しかも7分間。快挙だ。
 「もう食べたよ」
 「すごい!」
 こんな席から早く離れたい。
 会計。2,750円。
 「クルマ、お気をつけてお帰りください」

 ハンバーグを1個忘れたのは仕方ないが盛り付けは気に入らない。
 マナー欠如じじぃのタバコはもっとアタマに来た。
 次回の訪店が遠のきそうだ。(2012.7.15)