DSC04324

 フランスに昔からある靴。キャンバス地で底は麻縄だ。わらじのような靴。
 まだ学生の頃、一度買ったことがある。裏はまさに麻縄だけでゴムが貼ってない。
 某デパートでエスカレーター近くのワゴンに山積みになっていた。中国製。確か500円くらい。カーキ色。
 雨の日に履いた。麻底から雨が容赦なく染み込み、重くグチャグチャになった。足もびちょびちょ。アタマに来て棄てた。
 以後、靴屋に行くと思い出しては探した。だが見つからない。すっかり忘れていた。

DSC04322

 H&MのHPをみた。
 「おっ!」
 エスパドリーユだ。2,490円と1,490円。
 一週間後に東京に行く用事がある。買うぞ。
 浅草方面で遊び、キャデラック・シボレー東京でキャディATSとエスカレードを試乗し、銀座ナイルレストランでインドのビールを呑んでムルギーランチを食い、八重洲のH&Mに来た。
 あったのは2,490円のオレンジ色とよくわかんない色。
 ダークブルーも黒もベージュもない。全色買おうと思っていた。
 1,490円の方がヒモなしでシンプルな良いデザインだ。
 博多店もそうだがH&Mは品揃えが悪い。これは!と狙って訪れてもないことが多い。
 オレンジだけを買おうとしたが、「あれも欲しかった」とあとで悔やんでも遅い。よくわかんない色も買った。 

  夏はハワイアナスのビーサンを履く。春と秋もだ。雪が降らなきゃ冬も履く。オレは寒さに強いのだ。
 うっすらと雪の積もった数年前の冬の日、近所のスーパーに入ろうとした。
 出てきた中年女がのけぞった。真冬/雪/ビーサン・スタイルに驚いたのだ。
 他人の服装をヘンな目で見るとはヘンなヒトだ。オレはヘンなヒトをまったく気にせず買い物を始めた。

DSC04325

 年に6回宿泊するホテルニューオータニ博多。
 ホテルバーで女とカクテルを嗜むのが好きだ。
 特にダイキリ、ギムレット、マンハッタン、マルガリータ、マタドール、アレキサンダーが好み。
 ここのバー、カステリアンルームは真夏でもサンダルお断り。
 数年前、トラブルになった。前年はOKなのにその時はNG。
 釈然としないので翌日、支配人に手紙を書いた。話合いが持たれ、バー側が落ち度を認め、償ってもらった。
 きちんと対処してくれたことでニューオータニ博多を気に入り、もう7年間42回も泊まっている。

DSC04321

 次回訪福にオレンジ色のエスパドリーユを持っていき、バーに履いてゆくのだ。
 ズボンは補色の青がイイ。薄いムラサキもイケるぞ。もちろん素足に履く。
 3月24日に買ったのにまだ袋から出していない。もう1ヵ月になる。
 モノによっては嬉しくて帰りの新幹線で覗いたりするのだが1ヵ月も放置プレーとは。
 何十年ぶりかに巡り逢ったエスパドリーユ。あまりに久々なので対面するのが恥ずかしいのかも知れない。

 訪福時にはちゃんと持っていくから安心しろ、エスパドリーユちゃん!(2013.4.24)