DSC09834DSC09837

 4月~5月に敢行した「GT-R44日間〈50〉日本一周!」という壮大な旅。
 続・日本一周として「GT-R12日間“西日本遠征”!」を立案。
 44都府県のうち気に入ったところをいくつかピックアップ。そうしたら“西日本”になった。
 東日本は埼玉と栃木がお気に入り。茨城も。
 すでに宇都宮はコペンで、大宮は新幹線に乗って、水戸は代車のスカイライン200GT-tを駆って日帰り旅行をやらかした。
 日本一周第二弾はコペンで!と一時は考えたが、「GT-Rの代替えじゃなくセカンドカーなんですよぉ~」と顔馴染みのホテル関係者に言い訳するのは潔くないしコペンにも失礼だ。そこでGT-Rを再度登場させた。

 大阪(大阪)、兵庫(神戸)、鳥取(米子)、福岡(福岡)、鹿児島(鹿児島)、大分(別府)、愛媛(松山)、和歌山(和歌山)の8府県。
  第一弾と同じホテルは米子全日空、ニューオータニ博多、城山観光、別府の白菊、松山全日空、グランヴィア和歌山。
 異なるのは天王寺都ホテル、神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ。
 前回狭い部屋に懲りたホテルはダブルルーム(博多はずっとツイン)を予約。快適なホテル滞在が約束される。
 だからホテルへの不満は出ないハズだ。

 7,200km走行した日本一周。今回はフェリーにも乗る。全国でなく西日本だから3,000kmくらいか?

 旅の疲れが癒えるとまたどこかを飛び回りたい。
 運転も、クルマも、良いホテルも、美味しいモノも、アソビも好き。
 第二弾は第一弾の最中に計画した。常に何かに挑んでいないと物足りない。
 それがオレの性分なのだ。

 今回の旅は再訪。2~3ヵ月ぶりに好きな所ばかりにイク。
 初顔合わせでない点が前回と趣を異にする。心構えもかなり違う。
 初対面のわくわく感はない反面、再会する安定し充実した喜びがある。安心感さえ漂う。
 “わくわく感” vs “安定感”。どちらがより嬉しいのか?
  再び逢う人々はオレの登場を歓迎してくれるだろうか?それとも無感激?
 “歓迎” vs “無感激”。ナイスガイ・マサだから前者の公算が強い。
 でも想像がつかない。
 やってみるまでわからないのが旅の魅力だ。(2015.7.2)