DSC04449DSC04448

 先日スパゲティナポリタンで使った鎌倉ハムのニュルンベルガー。細挽ポークソーゼージだ。
 うまかった。ぐっと来る強い味が好き。うま味がぐいぐい押し寄せる。
 良いモノを発見したら他料理に流用したくなる。
 チャーハンがパッと閃いた。後日釜飯にも派生するぞ。

DSC04446DSC04447

 ソーセージ3本205g、ねぎ細め1本、青森六片にんにく残り1片、卵3個。
 ねぎを切る。目が痛い。あふれる涙。止めどなく流れる。細めのねぎは辛み成分が強いのか。
 ニュルンベルガーを切っていたらスコッチが呑みたくなる。ホワイトホース12年。食べては呑む。サイコ~。羊腸も良い感触。ぜんぶ食べたい衝動に駆られる。ガマンだ。
 冷や飯2合をチンする7分間、36cm北京鍋を強火で焼く。
 サラダ油、サッと溶いただけの卵、じゃ~~~~~っ。
 間髪を入れず熱々ご飯。お玉で混ぜる。ダマは重い鉄製お玉でどんどんっと叩いてほぐす。
 両手で持って煽る。巧い。空間高く舞い上がる。20回。
 もうぷ~んと卵の良い香り。ねぎのタイミング。
 ご飯に塩コショー、鍋肌にねぎとにんにく。少し焼いてご飯と混ぜ混ぜ。煽り20回。
 ソーセージを鍋肌。熱くして混ぜる、煽る20回。
 さぁ仕上げだ。醤油をご飯に。鍋肌に醤油では焦げちゃうから。すぐ混ぜる、煽る、20回。計80回の煽り。ご飯1粒1粒の間に空気を含んでパラパラになったはず。
 34cm青磁皿に。するっと滑らせる。うまそう。

DSC04451

 「うまい!」
 香りも味もニュルンベルガー色。ステキなポークソーゼージ。

DSC04452

 どこを掘ってもニュルンベルガー。嬉しい。

DSC04453

 主役のご飯はもちろんパラッパラ。
 ご飯1粒1粒が油と卵でコーティング。
 大成功のチャーハン。

DSC04454

 甘くて辛いにんにくも功労者。たった1片と少量もよかったかも。
 キリッとシャープなギャバンブラックペッパーも効いてる。

DSC04455

 美味しいと食べ終わってもまだ空腹。

DSC04450

 実力者ニュルンベルガー。近日中に釜飯だ!

DSC04456

 数時間後、きゅうりの塩漬け。一昨日5本漬けた。塩を得て緑が鮮やかに。
 「うまい!」
 ちょうど良い塩加減、水分の出具合。
  バリバリぼりぼり喰らう。ナマとは違ったうまさ。イケる。(2019.6.9)