DSC05263DSC05264

 最近のマサ料理は味噌汁がスランプ。味噌の量が決まらないのだ。
 前回多かったから今日は少なく、とやると薄すぎる味。
 昨日弱いから本日は味噌を強く、は濃くてしょっぱい。
 具によって前日煮干し5尾を浸す水の量を加減する。水量に対する味噌の見極めに狂いが生じている。由々しき事態。
 今日は味噌汁を作りたくない。そこで素麺。晩夏なのに暑い。冷たい素麺に適した日。

DSC05258DSC05260
DSC05261DSC05262

 極小粒納豆1包3パック、長芋、ねぎ2本。納豆ととろろはいつものようにやる。
 おいしい揖保乃糸300gをかたく茹でる。氷水で締める。
 28cm白磁深皿に麵と氷、納豆、とろろ、ねぎ、卵、醤油、七味、白ごま。
 あっ、とろろは醤油とカツブシを使わず白いままがよかった。

DSC05266

 まずはとろろ素麺、次に納豆素麺、そして卵素麺。
 「うまい!」

DSC05267

 個々を味わったらずべてを攪拌。よーく混ぜる。ガバッとイク。
 「うまい!」
 渾然一体の素晴らしさ。
 それも束の間。中盤からは別の感想。
 強い納豆の粘りにとろろと卵が補強してすごいモノに。箸で持ち上げるのにパワーリフター並みの力が要る。
 味にも飽きてきた。納豆も、とろろも、生卵も単品で熱々ご飯と合わせるとサイコ~の味わいなのに。
 かた茹で素麺がうまい。ステキな歯触り。さすが揖保乃糸。素麺はこれに限る。
 三輪素麺が未経験。いつか食べなきゃ。熊本には極細素麺があるらしい。興味津々。
 嬉しい冷え冷え。氷のおかげ。

 食べきれない。残ったブツはキレイじゃないから撮影できない。
 各面々に申し訳ない。単独ならとても美味しいのに調子づいてオーケストラを編成したオレが悪い。

DSC05265

 味噌汁がダメで麵も巧くいかない。どうしたらいいんだ?
 サンドイッチでも作るか。
 途方に暮れるボクだった。(2019.9.1)