掲示板に質問があったもので、それに対するレスです。



現在「ヘルニア」という病名はあまりにも頻繁に使われすぎていて、腰痛=ヘルニア、みたいな感じになってしまってます。

ところが実際は腰痛の中に占めるヘルニアの割合は驚くほど低く、ヘルニアと診断された方の8割以上は実はヘルニアではないようです。私の診た患者さんの中で本当のヘルニアだった人は数人しかおりません。

しかもこの数人の患者さんは腰痛の症状は軽く、そのかわり大腿部(ふとももの裏)や下腿部(ふくらはぎの周辺)に痺れがあり、その痺れは一日中変わることなく続き、痺れる場所は神経の支配域に一致してました。

ためしに治療してみましたがまったく効果がなく、こりゃおかしいと思って大きな病院を紹介しました。その後紆余曲折があったようですが、結局は手術をして完治したみたいですね

前にも述べましたがヘルニアという病名は独り歩きを始めてしまってます。その原因は髄核神経根を圧迫して痛みを引き起こす、という説明がとてもわかりやすいからだと思われます。

しかし腰が痛くて痺れがあればなんでもヘルニア、というのはいくらなんでもいきすぎではないでしょうか。
髄核が神経根を圧迫して痛みを引き起こすならば、その痛みは神経の支配域に完全に一致しなければなりませんし、圧迫された部分には感覚の異常や筋肉の萎縮も現れるはずです。

そうした神経症状もないのに、レントゲンで脊椎の間が狭くなっているだけで「ヘルニア」という診断を下すお医者さんの感覚はあまりに短絡的だと思います。
ヘルニアとの診断を下すためにはMRIなどで神経の圧迫が確認されることと、神経症状の確認が不可欠なのではないでしょうか。

さらには、ヘルニアと診断された患者さんに対し電気や温熱やマッサージなどの理学療法を指示されるお医者さんもまた多く、これは診断と矛盾しています。
ヘルニアの原因が神経の圧迫ならば、その治療は圧迫を取り除くことだと思います。

それなのにヘルニアの手術に二の足を踏むお医者さんが多い。
理由は「必ずしも治るわけではないから」・・・・ってなんじゃそりゃ!!
ヘルニアの痛みが圧迫を取り除いた後にもまだ残っているのなら、それは痛みの原因が神経の圧迫ではなかったということでしょう。
ろくな検査もせずに安易に診断し、その治療をするのに二の足を踏むのであれば、診断の仕方そのものを考え直すべきです。
自信を持って診断したなら堂々と手術をすればいいのに「治るかどうかわからない」のでは診断の意味がない。

ともかくも私はヘルニアという病名に対していまや嫌悪感を持っているといってもいい状態です。

非常に軽度のヘルニアを除きホネツギが治療して治るのならそれはヘルニアではありません。
本当にヘルニアであれば手術で完治するはずです。
少なくとも私は本当にヘルニアの疑いがあるなら大きな病院での詳しい検査を勧めてます。

患者さんも安易にヘルニアという病名を使うことなく、症状の把握と説明を心がけていただけるとこちらとしても治療しやすくなりますので、よろしくお願いします。





5d45a149.jpg
←クリックしたら大きくなります。








円背の矯正にはこのような運動を10秒から20秒で3セットくらいやることをオススメします。
当初は痛みも出て辛いかもしれませんが継続が大事ですね。
また、腹筋や背筋が弱っている事が考えられますのでお尻を後ろに突き出すような感じでやるスクワットが有効であると思われます。10回3セットくらいでやってみてください。