変形性膝関節症 (へんけいせい しつかんせつしょう)



私達の生活の中で、膝は平地を歩いているときで体重の約3倍、階段の上り下りでは約7倍、そして走っているときには約10倍もの荷重が掛かっていると言われています。
そのため毎日酷使されている膝関節には様々な障害があらわれてきます。


そのなかでも、変形性膝関節症・慢性関節リウマチ・半月板損傷はとくに起こりやすい症状で、”ヒザの3大病”と呼ばれています。



変形性膝関節症というのは、膝の関節にある軟骨がすり減ってしまい、関節が変形することにより「痛み」や「炎症」を引き起してしまうものです。


膝の関節軟骨がすり減ってしまうと膝の内側の骨が直接ぶつかり合い、それが刺激となって関節面が硬くなってしまったり、骨の縁に棘のような突起や出っ張り(骨棘)ができてきます。また、これらが原因で関節を守っている関節包の中の滑膜に炎症が起こり、膝の腫れ(関節水腫)も起きてきます。



変形性膝関節症は、「原因がはっきりしていないもの」と「原因がはっきりしているもの」に分けられ、多くの場合は原因がはっきりしているものとなっています。


原因がはっきりしているもので一番多いのが「筋肉の衰え」で、様々な理由から膝の筋肉の老化が進み、膝関節を支えている筋肉の力が低下し、重みを受ける部位が不安定になり関節の内側に負担が集中し始め、その結果として負担が集中している部分の軟骨の磨耗が加齢とともに早まり、痛みや炎症を起こしてしまうものです。
また中高年になると、運動不足や過食で皮下脂肪がつきやすく、体重が増加してきます。そして、その体重が増加した分、余計に膝の関節に負担が掛かりやすくなってきます。
特に50才以上の女性は、ホルモンなどの関係で骨が弱く(骨粗鬆症)、男性よりも比較的この障害にかかりやすいといわれています。
日本人に多い「O脚」も膝の内側が離れて開くので、膝の内側に体重が掛かりやすくなり、関節軟骨の内側がすり減り症状を助長するとされています。



その他、「半月板損傷」や「靭帯損傷」なども膝関節を痛めてしまい変形性膝関節症の原因になります。


治療としては大きく分けて保存療法手術療法の2つがあります。
大部分はリハビリテーション・装具療法・薬物療法といった保存療法の組み合わせを第一選択とします。
特に関節可動域訓練・筋力訓練は特に大事で自転車や水中歩行等による大腿四頭筋と中殿筋の強化が有効です。

また、関節水腫(膝に水が溜まる)に対して注射で排出するのも有効ではありますが所謂『癖になる』と言う状態になるため、やりすぎると水の溜まるスピード・頻度が上がっていきます。
当院では包帯やサポーター等による圧迫と手技療法を併用し水腫を吸収させる手段をとっており良好な成績を残しております。


保存療法でよくならなかった重度のものに対しては関節鏡視下手術・高位脛骨骨切り術・人工関節置換術といった手術療法の検討ということになりますが、最終手段と思ってください。


変形性膝関節症は加齢による関節の変化が主因でありますので関節の機能を維持しようとする患者さん自身の気持ちと頑張りがとても大切です。


ソルボ楽らくひざガード

ソルボ楽らくひざガード