むちうちとは、

多くの場合、追突事故が発生機転となります。
それ以外では、頭部の外傷や打撲が原因で起こる場合もあります。
よそ見をして小走りしていて顔面に鉄パイプが激突して転倒してなったという例もあります。


軽度のむち打ちでは、疼痛は首のみにとどまり、首の可動域が減少する程度ですが、重篤な場合は、痛みが腕や背中、後頭部まで広がります。、さらに重症になると、脊髄や脳が障害され、吐き気やめまい、耳鳴り、手足の麻癖症状、言語障害などが起こることもあります。また、交通事故が原因の場合は、精神的なショックや不安が症状を悪化させたり、長引かせたりすることもあります。首に衝撃が加わったあとに首や肩、腕、背中の痛みや頭痛、肩こりなどの症状が現れるのが「鞭打ち症」です。
これらの症状は突然の衝撃で首がむちを打ったように、前後左右にしなったために、首の筋肉や靭帯などが極小単位で傷ついたことが原因で起こります。そのためにMRIやレントゲンで異常所見がなかなかみれないのです。


あくまでも私見ですが、物理療法がむちうちの痛みに対して特に効果があります。
しかし、受傷直後の強いマッサージやカイロプラクティクなどはリスクが高すぎ、逆効果を招くことがあるとわかってきました。適切な時期にマッサージを適切な術者にしてもらうようにしてください。時期については専門家の判断が必要になるかと思います。物理療法とは、電気刺激治療や温熱治療のことですし、マッサージも物理療法に入ります。
当院での施術がこれに相当するわけなのです。



まさる接骨院交通事故(自賠責保険)専門ページへGO!