タグ:羽生善治

藤井聡太雑感

将棋好きの私としては藤井四段のことで将棋のことが取り上げられるのがとても嬉しいです。


やはりいいニュースじゃないとね!


神谷八段の28連勝に並びましたが、


30年前の神谷さんは勢いと気合で勝っている気がしましたが、


藤井さんの場合は淡々と勝つべくして勝っている感じなのが凄い。


普通こんなに勝つ場合は1〜2回は奇跡的な大逆転勝ちがあるものなのですが、


藤井さんはそれがなく普通に勝っている。


ということはまだまだノビシロがあるなと私は思うわけです。


次もかなりの強敵だけど、ここまで来たのですから新記録を期待しています♪


ただ羽生さんを超えれるかどうかはチョットわからないですね。


私なんかは羽生善治の凄さをリアルタイムでまざまざと見せ付けられてきた世代なものですから、


もう一度同じようなこととか、それを超えるようなことが起こるとはどうしても思えない。


それほど羽生善治というのは偉大な棋士なのです。


ま〜無理やりまとめますけど、早く羽生さんを含めたトップ棋士達との真剣勝負を見たいというのが今の思いです。


とても楽しみです。
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

不屈の棋士



『将棋ソフトとプロ棋士』についての内容だが、


とても面白く手が止まらなくなりあっという間に読めてしまいました。


多くの棋士がソフトの方が強いと認めているのも興味深かったし、現在は羽生善治でも勝てないのでは???という捉え方をするのが冷静な形成判断なんだと思う。


第2期叡王戦では羽生さんも勝ち上がっているし、来年は羽生VSコンピューターが見られるかもしれませんが、


本当は羽生善治の全盛期に対戦させてあげたかった・・・


将棋連盟の興行下手がホント悔やんでも悔やみきれない。
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋  ショッピング 

将棋の渡辺くん



これも最近お気に入りのマンガ♪

天才棋士の日常がコメディタッチにわかりやすく描かれていて愛妻にも好評です♥


さすがにドラマ化は難しいか???(笑)
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: ショッピング  将棋 

将棋王座戦

羽生善治王座が3勝2敗で防衛しました。


天彦君惜しかったね・・・


羽生と若手棋士との差はだいぶ縮まってきているのは間違いないんだけど最後のところで結果が出ないんだよね、今の若手棋士は。


渡辺も調子崩してるし、今の将棋界は羽生渡辺の2強って感じじゃないんだけど、他の棋士たちも星のつぶし合いをして疲労しちゃってるみたいな、ま〜そんな感じ。


今年の羽生はギリギリ30勝くらいかな?


さすがにここから毎年緩やかな下降線だと思う。


なんか色々書こうと思ったんですけど、ちょっと疲れたもんでこれにて失礼。。。
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

郷田新王将誕生!!!

地味な話題で申し訳ないのですが、


郷田真隆九段が勝って、4勝3敗で王将位を獲得しました。


ホントこの人は期待を裏切ってくれる人です(笑)


ファンとしては嬉しいですが♪


44歳での初戴冠は史上最高齢ということでして、これはこれで凄いことなのですが、


将棋界の世代交代は進みそうでなかなか進みませんね。。。
続きを読む
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

玲瓏

・今週になってようやく患者さんの流れも良くなり喜んでいたのですが、今日は盛り上がらない1日でした。


まだまだ本調子ではありませんな。


・体重は62〜63キロをキープ。


これはこの調子で。


・昨年の終わりごろから色々と公私において問題を抱えていたのですが、少しずつマズマズといった感じで解決していっています。


これもこんなもんでしょう。




トータルでは65点くらいかな?


性格的にチャワチャワしていて落ち着きがなくじっとしていられないダメな男なんですけど、


今晩は大好きなガルネリウスと大滝詠一さんを聴きながら羽生さんの本でも読んで心を穏やかに過ごしたいと思います。

ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 備忘録 

電王戦第四局

今回は持将棋(引き分け)。


これで人間側の1勝2敗1引き分けということで勝ち越しはなくなりました。


最終の三浦八段対GPS将棋がプロのメンツをかけた戦いとなる。


しかし、相入玉という特殊な将棋の内容になった今回の勝負は凄かった!


終盤はハッキリ言って塚田の負け。


私の力でも勝てるほどの野球でいったら15対0くらいの大差だったのだが、


執念で引き分けに持ち込んだ!!


コンピュータ側に相入玉の点数計算が適切にプログラミングされていなかったためにこういうことが起きてしまったわけだが、


最後まで塚田九段は投げませんでしたし、投げようとも思わなかった。


内容的にはボロボロの中身だったかもしれませんが、『魂の名局』だったと私は思う。


この『心』こそがコンピューターにはないが人間のみが持っているものであり、強みにもなれば弱みにもなるものである。
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

1215

ふと最近気付いたのだが、


通算勝数で羽生(42歳)が谷川(50歳)を抜いてしまった!!!


羽生善治三冠1215勝462敗・・・谷川浩司九段1214勝726敗


いつかは・・・とは思っていたが、こんなに早くしかも今年のうちにとは夢にも思わなかった!


ここ数年はめっきり勝てなくなった谷川だけどこの成績は歴代でもかなり良い方の部類のはずなのだが、やはり羽生が凄いとしか言えないか。


羽生のアオリを最も受けたのは実は谷川なんだろうね。


羽生はあと5〜6年で故・大山康晴15世名人の不滅の大記録1433勝(歴代1位)に到達するものと思われる。


ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

最近の将棋指しは面白い



将棋バーを経営するハッシーのNHKでの対局前のインタビュー♪







元ネタはコチラ♪


2人は大の仲良しなんだけど、以前話題になった佐藤紳哉6段のインタビューを、ハッシーこと橋本崇載8段が見事に再現


だいぶ家で練習したんだろうね(笑)


ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

将棋世界

498d013a.jpg

将棋世界8月号が最近の愛読書の虹たんです


特に渡辺明竜王がお気に入りのようでTVに竜王が出てきても目線が釘付けです♪


やはり髪型にシンパシーを感じてるのかな?(笑)


将来は天童で将棋の駒作りの職人になりそうな予感がします・・・
ホネツギマンmasa51501コメント(2)  
カテゴリ: 将棋  出産・子育て 

1300勝〜無事是名馬〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<将棋>加藤一二三九段が1300勝を達成 史上3人目

将棋の加藤一二三九段(71)が1日、東京・将棋会館で行われた名人戦C級1組で片上大輔六段(30)に勝ち、公式戦通算1300勝(1074敗)を達成した。大山康晴十五世名人の1433勝、中原誠十六世名人(64)の1308勝に次ぐ史上3人目で、現役棋士では最多。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111102-00000000-mai-soci

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

偉大な棋士、神武以来の大天才ヒフミンがまた偉大な記録を達成した!


14歳で四段プロデビューしてから57年3カ月、71歳10カ月での到達。


丈夫で長持ちとはよく言ったものだが、それには体だけでなく心も含まれる。


凡人には同じ道で60年近くは情熱を維持して頑張れまい・・・俺は無理だ・・・


しかし、素晴らしすぎる大記録であることは間違いはないが、


今41歳の羽生善治は1160勝


あと3〜4年で1300勝を超えて40代のうちに大山康晴の不滅の大記録に挑むこととなる。


羽生の法則 2 (将棋連盟文庫) (単行本・ムック) / 羽生善治/著
羽生の法則 2 (将棋連盟文庫) (単行本・ムック) / 羽生善治/著



ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

将棋・谷川浩司九段、史上最年少の1200勝

将棋の谷川浩司九段(48)が10日、大阪市の関西将棋会館で行われた第24期竜王戦予選2組の対局で中川大輔八段(42)を破り、公式戦通算1200勝(698敗)を史上最年少で達成した。
これまでの1200勝達成棋士は、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、加藤一二三九段の3人。プロ棋士(四段)になってから34年2か月での達成は、中原十六世名人の33年8か月に次ぐ記録。
谷川は昨年12月に1199勝目を挙げてから8連敗していた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110311-OYT1T00001.htm





ようやく決めましたね!


産みの苦しみとはよく言いますが、本当に難産だったと思います。


おめでとうございます。


しかし、最年少での達成だけど中原より長い期間を要しているんだね〜。


ちなみに、羽生善治はもうすでに1132勝。


あと2年ほどで1200勝に到達し、この記録を塗り替えることとなる!


また、加藤一二三九段は通算1300勝まであと8勝まできている。


大山康晴15世名人の不滅の大記録1433勝にどこまで迫れるだろうか?


九段 谷川浩司 小振り扇子「光速」
九段 谷川浩司 小振り扇子「光速」
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

将棋界の一番長い日

本日未明までA級順位戦最終局の一斉対局が行われまして、


森内俊之九段が久保利明2冠(4勝5敗)に勝利し7勝2敗で羽生善治名人への挑戦権を獲得しました。


渡辺明竜王は丸山忠久九段(4勝5敗)に敗れ6勝3敗でした。


森内は3年ぶりの名人戦への登場。
18世名人VS19世名人という永世名人同士の戦いとなる。


今回は渡辺が挑戦者になると思っていたのだが、やはり煮え切らない。
今の将棋界で番勝負で羽生に勝てそうなのは渡辺くらいだと思うのだがこれじゃあね〜・・・


5年くらい前までは羽生も森内を苦手にしているような感じがあったが、今の森内では羽生相手は厳しいと思うのだが・・・鉄板流の意地を見せて盛り上げてほしいものだ。



「宿命のライバル」が争う七番勝負の第1局は4月7、8の両日、東京都文京区の椿山荘で行われる。


降級は三浦弘行八段(4勝5敗)と高橋道雄九段(5勝4敗)にそれぞれ敗れた藤井猛九段(3勝6敗)と木村一基八段(3勝6敗)の2人。


ともに私の好きな個性派の棋士だけに残念です。


しかし、この二人が加わる来期のB級1組はまた凄そうだね〜!
藤井・深浦・木村といった大関クラスがひしめき合うB1。
若手にとってはなんとも高いハードルである。


そして、50歳の最年長A級棋士の高橋さんの勝ち越しは立派。


それとは逆に谷川浩司九段(4勝5敗)は郷田真隆九段(5勝4敗)に敗れて、またしても通算1200勝はお預け。
羽生の方が先に1200勝達成したりして(笑)


いくらなんでもそんなことはさすがにないであろうが、谷川さんの全盛期を知る者にとってはここ数年の成績不振や覇気の無い指し回しはなんとも悲しいものである。





そういうわけで今日は寝不足です(苦笑)



別冊NHK将棋講座 NHK杯将棋トーナメント60周年記念 もう一度見たい! 伝説の名勝負 (教養・文化シリーズ)
別冊NHK将棋講座 NHK杯将棋トーナメント60周年記念 もう一度見たい! 伝説の名勝負 (教養・文化シリーズ)
クチコミを見る
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

渡辺竜王が防衛!

第23期竜王戦第5局は146手で渡辺竜王の勝ちとなりました。
その結果、4勝2敗で渡辺竜王が防衛を果たし7連覇(!)を達成しました。
http://live.shogi.or.jp/ryuou/


う〜ん、渡辺は強〜〜〜〜い!!!!
羽生相手に横綱相撲で勝ち切ってしまった。


羽生はまたしても永世7冠はお預け・・・
なんかもう無理なのでは?


静かに、そして少しずつ時代が変わろうとしている。
ホネツギマンmasa51501コメント(2)  
カテゴリ: 将棋 

渡辺竜王が防衛に王手!

第23期竜王戦第5局は155手で渡辺竜王の勝ちとなりました。
http://live.shogi.or.jp/ryuou/



最後はうっかりか?


劣勢の将棋を頑強な抵抗で逆転したのに羽生にとっては本当に痛恨の敗戦です。


第6局は12月14・15日(火・水)に岐阜県高山市「ホテルアソシア高山リゾート 」で行われます。


渡辺が決める予感・・・
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋