タグ:郷田真隆

将棋王座戦

羽生善治王座が3勝2敗で防衛しました。


天彦君惜しかったね・・・


羽生と若手棋士との差はだいぶ縮まってきているのは間違いないんだけど最後のところで結果が出ないんだよね、今の若手棋士は。


渡辺も調子崩してるし、今の将棋界は羽生渡辺の2強って感じじゃないんだけど、他の棋士たちも星のつぶし合いをして疲労しちゃってるみたいな、ま〜そんな感じ。


今年の羽生はギリギリ30勝くらいかな?


さすがにここから毎年緩やかな下降線だと思う。


なんか色々書こうと思ったんですけど、ちょっと疲れたもんでこれにて失礼。。。
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

郷田新王将誕生!!!

地味な話題で申し訳ないのですが、


郷田真隆九段が勝って、4勝3敗で王将位を獲得しました。


ホントこの人は期待を裏切ってくれる人です(笑)


ファンとしては嬉しいですが♪


44歳での初戴冠は史上最高齢ということでして、これはこれで凄いことなのですが、


将棋界の世代交代は進みそうでなかなか進みませんね。。。
続きを読む
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

王将戦第七局

地味な話題でスミマセンが、

将棋界今年最後のタイトル戦、渡辺明王将VS郷田真隆九段の対決が始まりました。

ここまで3勝3敗。

郷田ファンの私としては王将位奪取を期待しているわけなのですが、


ここ一番での勝負弱さも知ってますんでね(笑)


花粉症と風邪のダブルパンチで弱り果てている私でございますが、熱戦を期待しています!
続きを読む
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

将棋界の一番長い日

本日未明までA級順位戦最終局の一斉対局が行われまして、


森内俊之九段が久保利明2冠(4勝5敗)に勝利し7勝2敗で羽生善治名人への挑戦権を獲得しました。


渡辺明竜王は丸山忠久九段(4勝5敗)に敗れ6勝3敗でした。


森内は3年ぶりの名人戦への登場。
18世名人VS19世名人という永世名人同士の戦いとなる。


今回は渡辺が挑戦者になると思っていたのだが、やはり煮え切らない。
今の将棋界で番勝負で羽生に勝てそうなのは渡辺くらいだと思うのだがこれじゃあね〜・・・


5年くらい前までは羽生も森内を苦手にしているような感じがあったが、今の森内では羽生相手は厳しいと思うのだが・・・鉄板流の意地を見せて盛り上げてほしいものだ。



「宿命のライバル」が争う七番勝負の第1局は4月7、8の両日、東京都文京区の椿山荘で行われる。


降級は三浦弘行八段(4勝5敗)と高橋道雄九段(5勝4敗)にそれぞれ敗れた藤井猛九段(3勝6敗)と木村一基八段(3勝6敗)の2人。


ともに私の好きな個性派の棋士だけに残念です。


しかし、この二人が加わる来期のB級1組はまた凄そうだね〜!
藤井・深浦・木村といった大関クラスがひしめき合うB1。
若手にとってはなんとも高いハードルである。


そして、50歳の最年長A級棋士の高橋さんの勝ち越しは立派。


それとは逆に谷川浩司九段(4勝5敗)は郷田真隆九段(5勝4敗)に敗れて、またしても通算1200勝はお預け。
羽生の方が先に1200勝達成したりして(笑)


いくらなんでもそんなことはさすがにないであろうが、谷川さんの全盛期を知る者にとってはここ数年の成績不振や覇気の無い指し回しはなんとも悲しいものである。





そういうわけで今日は寝不足です(苦笑)



別冊NHK将棋講座 NHK杯将棋トーナメント60周年記念 もう一度見たい! 伝説の名勝負 (教養・文化シリーズ)
別冊NHK将棋講座 NHK杯将棋トーナメント60周年記念 もう一度見たい! 伝説の名勝負 (教養・文化シリーズ)
クチコミを見る
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

将棋界の一番長い日〜第68期A級順位戦最終局〜

将棋界の一番長い日〜第68期A級順位戦最終局〜


衛星第2テレビで次は23時からだな(*・ω・)ノ


羽生名人への挑戦者は誰になるのか?


残り一人の降級は?


挑戦権はプレーオフ、陥落はシステムと予想しますがどうなるでしょうか???


早くTVで入らんかな〜待ち遠しいな〜


新 対局日誌〈第6集〉大山伝説
新 対局日誌〈第6集〉大山伝説
クチコミを見る
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

異例の処分ではあるが

寝坊遅刻の郷田9段にボランティアなどの処分

日本将棋連盟は27日、第23期竜王ランキング戦1組で、自らの不注意のため不戦敗となった郷田真隆9段に対する処分を発表した。処分は〈1〉対局料は規定により支払わない〈2〉竜王戦の月額手当て年額(約100万円)の2分の1を返納することを勧告〈3〉ボランティアでの指導対局などファンへの奉仕活動1日―の3点。郷田9段は21日に予定されていた森内俊之9段との対局を、寝坊のため遅刻していた。

 米長邦雄会長は「棋士にとって対局は命です。その対局を遅刻により不戦敗とするのは言語道断です。今後、このようなことが二度と起きないよう各棋士に対して注意をいたします」とのコメントを発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000175-sph-soci


厳しい処分ではあるが仕方あるまい!


観戦記は読売新聞に掲載される予定だったようだし、挑戦者の有力候補である郷田VS森内の実力者同士の一回戦からの対戦は私もとても楽しみにしていたし、注目していたファンも多かったと思うのだから・・・


前日はライバル森内との対戦のために興奮してか朝4時まで寝付けず、2つの目覚し時計にも気付かなかったとのこと・・・


謝罪文も提出しこの処分も受け入れるようで郷田も深く反省しているようだ。


竜王戦には敗者復活制度があるのでまだ可能性はある!
名人戦も挑戦者争いに絡んできた!


この失態は対局で返してほしいものである。


それが棋士の使命なのだから。

実戦の振り飛車破り
実戦の振り飛車破り
クチコミを見る
ホネツギマンmasa51501コメント(2)  
カテゴリ: 将棋 

渡辺竜王が2連勝

渡辺明竜王に森内俊之九段が挑戦する第22期竜王戦第2局は141手にて渡辺竜王の勝ちとなりました。消費時間は渡辺7時間53分、森内7時間57分。
この結果、七番勝負は渡辺竜王の2勝0敗となりました。
第3局は11月10・11日に京都府京都市の「東本願寺 渉成園」で行われます。
立会人は谷川浩司九段、解説は山崎隆之七段です。
http://live.shogi.or.jp/ryuou/


序盤から波乱含みの展開になる可能性もあったが、渡辺が回避し相矢倉の脇システムとなった本局。


駒損ながらも端を破り龍を作り、その後も細かく攻めを繋いだ渡辺。


52手目新手の△7三角から徹底的に受けに回り上部脱出を狙う森内。


実にらしい展開となったが、渡辺の的確なハードパンチが炸裂し本局を制した。


本局も大熱戦であったが終始渡辺がリードしていたように思える。
森内の中盤からの構想・大局観に問題があったのかもしれない。
しかし、私のレベルではわからない(笑)


これで今シリーズは渡辺が防衛に向けて視界が開けたわけだが、今後の森内の反撃に期待したい。


また、両対局者と関係者の方々は富山県に対して良い印象を持ってくれただろうか?


美味しいお寿司食べたかな???(笑)



九段 森内俊之扇子「随処楽」
九段 森内俊之扇子「随処楽」
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

第22期竜王戦七番勝負第2局

第22期竜王戦七番勝負第2局(10月28・29日)が始まりました。(http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/


地元である富山県高岡市のホテルニューオータニ高岡にて。


対局者の渡辺、森内の他に郷田、橋本など錚々たる棋士たちが来県。


将棋ファン(マニア?)の私としてはなんとしても観戦に行き、あの独特の空気を味わいたいところなのだが、


仕事だから断念・・・


ま〜ネット中継観戦するからいいのだ〜♪


明日の夜に結果・感想を報告したいと思います。


 【新品】ニンテンドーDSソフト 誰でもカンタン!渡辺明の詰め将棋【05P26Oct09】
 【新品】ニンテンドーDSソフト 誰でもカンタン!渡辺明の詰め将棋【05P26Oct09】
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

第67期名人戦第七局(速報)羽生名人防衛!

羽生善治名人VS郷田真隆九段の第67期名人戦七番勝負第七局は81手で羽生名人が勝利し4勝3敗で名人位を防衛しました。
http://3rd.geocities.jp/shogi_kifu/kifu/mj/67/67-7.html

ホネツギマンmasa51501コメント(0)  

第67期名人戦第六局(速報)羽生勝利・決着は最終局へ

羽生善治名人VS郷田真隆九段の第67期名人戦七番勝負第六局は131手で羽生名人が勝ちました。
対戦成績は3勝3敗のタイとなり名人位の行方は最終局の第七局で決まることとなりました。
http://3rd.geocities.jp/shogi_kifu/kifu/mj/67/67-6.html



郷田新名人の誕生を期待して観戦してたもので力が入って肩が凝りました(苦笑)
最後は芸術的な詰み手順だったな〜♪
さすが羽生!と思ってしまったがプロなら一目なのかな?
しかし、郷田はなぜ陽動振り飛車をチョイスしたのだろうか?
選択ミスな様な気もするが、ま〜全ては結果論ですからな・・・


流れは羽生に傾いたような気がしないでもないのだが、シリーズ全体の流れはやはり郷田に分があるか?
とにかく最終第七局で全てが決まるのだ!


大・大・大注目の第7局は6月23・24日(火・水)に愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」にて行われます。



名人に香車を引いた男
名人に香車を引いた男
ホネツギマンmasa51501コメント(4)  
カテゴリ: 将棋 

第67期名人戦第五局(速報)郷田九段が勝ち名人奪取に王手!

羽生善治名人VS郷田真隆九段の第67期名人戦七番勝負第五局は137手で郷田九段の勝利となりました。
対戦成績は郷田九段の3勝2敗となり悲願の名人位獲得にリーチをかけました。
http://3rd.geocities.jp/shogi_kifu/kifu/mj/67/67-5.html



秋田美人でお馴染みの秋田県での対局は(笑)、横歩取りとなった。
郷田が序盤早々の27手目に▲5五角という驚愕の一手を放ち角と飛車の交換の乱戦に誘い込んだのに対し、羽生がそれに強く応えたがどうやら郷田の研究に嵌ったようであり、1日目の段階で郷田が主導権を握ったようだ。

派手な1日目に対し2日目は渋い寝技の攻防が続いたが、郷田の2枚の馬が終始手厚く徹底抗戦・延命策を取る羽生相手に攻略には手数はかかったがゆとりある指し回しでの完勝であった。
羽生を相手にしてこれは見事であり立派である。

この第五局の勝利は非常に大きく、ついに郷田名人誕生が現実味を帯びてきたが、ここからの羽生のしぶとさと勝負強さは誰もが知るところ。
郷田は次で決めなければいけない!!

郷田ファンと将棋ファンの大注目の第6局は6月15日、16日に京都市下京区「東本願寺 渉成園」で行われます。

歴史的な日になるやも知れません。



九段 郷田真隆扇子【晩成】
九段 郷田真隆扇子【晩成】
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

第67期名人戦第四局(速報)郷田九段が勝利


羽生善治名人VS郷田真隆九段の第67期名人戦七番勝負第四局は86手で郷田九段が勝利し対戦成績は2勝2敗のタイになりました。
http://3rd.geocities.jp/shogi_kifu/kifu/mj/67/67-4.html



《平成の高野山の決戦》
後手番の郷田が【相掛かり後手8五飛車戦法】を採用したが、これは中田宏樹八段が得意にしている戦法のようだ。
これに独自のスパイスを加えてらしく仕上げてきたあたりに、郷田の本局に賭ける意気込みが実によく伝わる。

1日目から大長考の応酬があり、2日目の開始早々から大決戦の可能性もあったが羽生がそれを断念し回避した。
この時点で郷田の気持ちが勝ったのかもしれない。

お互いに居玉のままでのねじり合いが続いたが、微妙な手渡しを繰り返し曲線的な指し方をする羽生に対し、夕食休憩に食事も摂らずに考え続けた郷田が△60手目4五桂馬の強手から豪腕を発揮し、そのまま押し切った!

郷田玉が6一の地点に1回動いたのが本局での唯一の玉の動きであったというのも実に印象に残った好局であったと思う。

今期ここまで1勝7敗と信じられないような不振にあえいでいた郷田にとって本局のこの勝利は実に大きく、この勝利により逆に郷田ペースに今シリーズはなったと思う。

ただここまでの四局は昨今の流行の通り(?)全て後手番が勝利しているわけだが、この流れからすると先に先手番で勝利した方が本シリーズを制するのであろう!!
そういう意味では次の第五局が両対局者にとって非常に重要である。


大注目の第五局は6月2・3日(火・水)に秋田県秋田市「秋田キャッスルホテル」にて行われます。



ハチワンダイバーDS
ハチワンダイバーDS
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

第67期名人戦第三局(速報)羽生名人が勝ち2勝1敗となる

羽生善治名人VS郷田真隆九段の第67期名人戦七番勝負第三局は120手で後手番の羽生名人が勝ち、対戦成績は羽生名人の2勝1敗になりました。
http://3rd.geocities.jp/shogi_kifu/kifu/mj/67/67-3.html


広島県福山市 「福寿会館」で行われた本局の戦型は懐かしの(?)《横歩取り△8五飛車戦法》♪
羽生に秘策があったのか?

封じ手の局面では先手の郷田の方が模様が良い様に見えたが、
二日目に入り羽生の新手50手目△5六同馬からの54手目△5二玉、68手目△7六歩が絶妙っぽい(?)手渡しで、体を入れ替えた!

こういう曲線的なクリンチ攻撃はらしさが生きない展開であり郷田苦戦を思わせたが、そこから豪腕を発揮し猛然と追い上げたのはさすが!

微妙に形勢が揺れ動いたようで、私には逆転していたようにも思えたのだが107手目郷田の▲7八玉が敗着のようで最後の最後に羽生がうっちゃった格好となったようだ。(←多分・・・)

これでこの名人戦は俄然羽生有利となった。
郷田サイドからすると、本局のような名局を残すだけでなく次はなにがなんでも勝たなくてはいけない。善戦マンで終わってはいけないのだ!

もっとも、敗れたとはいえ持ち味は存分に発揮している郷田だけに結果を出してくれるとは思っているが・・・



注目の第四局は5月20日・21日(水・木)に和歌山県伊都郡高野町 「金剛峯寺」で行われます。
http://www.asahi.com/shougi/news/OSK200905080093.html


名人位扇子(羽生善治「一陽来復」)
名人位扇子(羽生善治「一陽来復」)
九段 郷田真隆扇子【晩成】
九段 郷田真隆扇子【晩成】
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

木村一基八段が棋聖戦挑戦者に名乗り!(速報)


稲葉四段の奮闘虚しく、126手で木村八段が勝ち羽生棋聖への挑戦権を獲得しました。
http://live3.shogi.or.jp/kisei/kifu/j_20090507.html


一手損角換わりから先手の稲葉が激しく猛攻を仕掛けたが、木村が《千駄ヶ谷の受け師》の本領を発揮し強靭に受けきった格好となった。

稲葉は最低段位四段での挑戦権獲得はならなかったが、ここまでの奮闘は将棋ファンの脳裏に強く焼きついた!
本当に近いうちにまたチャンスが来ると思う。

木村は最後に貫禄を見せ付けたのはさすが!
これで3回目のタイトル挑戦。
安定した高勝率を誇る棋士だけにそろそろタイトルを獲ってもいい頃合であろう。

《羽生VS木村》

これもまた実に楽しみである♪


八段 木村一基扇子「楽勝」
八段 木村一基扇子「楽勝」
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋 

第67期名人戦第二局(速報)郷田九段が勝ち1勝1敗となる

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
羽生善治名人VS郷田真隆九段の第67期名人戦七番勝負第2局は152手で挑戦者の郷田九段が勝ち、対戦成績は1勝1敗のタイになりました。
http://3rd.geocities.jp/shogi_kifu/index.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


注目の熊本城決戦の本局も本格的なこってりした相矢倉。
途中までは昨年の竜王戦第5局と同じ手順。
まー相矢倉ではよくある形ですが、これは先手が勝率の高い形のはず?
それをあえて後手番でチョイスするあたりが郷田らしい(笑)

どうしてもそういう目で見てしまうもので全体的に先手の羽生が有利に見えてしまっていたのだが郷田がしぶとく勝ち切った!

個人的には郷田が50手目△8六歩〜△9五歩〜△同香と忽然と仕掛けたのには驚かされた!!!
若干短兵急のきらいもあり、これが成立していたのかどうかは私の棋力ではわからないがなんとも郷田らしい手順である!
この踏み込みの良さが郷田の持ち味であり、この思い切りの良さが勝因の一つであったと思いたい。

これで今シリーズは1勝1敗の振り出しに戻った。
共に後手番で勝ったというのが現代将棋らしいところだが、展開的には面白くなった。

また、相矢倉ってのはなんかいいね♪
見ていて安心感があります。

次局も両者意地を張り相矢倉となるのか?
郷田がお得意の相掛かりを採用するのか?
そこら辺も見物である。


第三局は5月7日(木)・8日(金)に広島県福山市「福寿会館」で行われます。


熱戦を期待します( ゚∀゚)彡


第65期将棋名人戦七番勝負―森内俊之VS.郷田真隆
第65期将棋名人戦七番勝負―森内俊之VS.郷田真隆
クチコミを見る
ホネツギマンmasa51501コメント(0)  
カテゴリ: 将棋