化石の効果と・・


またまたローカル新聞に載っていました。
とくに、ブログ・・my earth my world じゅりあさんにとっては
耳寄りの話かも?・・あ、違うか!!(^^)!
赤枠のトコを御覧ください。
DSC_0260_edited-1
実は当地の某会社では昔から食肉用の屠畜場(屠場)から排出される骨を利用し
家畜用の粉末のカルシュウム(純度100%)を製造し販売しています。
しかし、どうしても製造の過程でコストが高く付くこで酪農生産者及び馬主(競争)にとっては
高価で、そう簡単に買える商品ではないと聞いています。

そんなこんなでか?・・・・
北海道では指折りの酪農地域・・・NTB=中頓別。
どなた様の発想なのかよく分かりませんが、なかなか良いトコに目を
付けたもんだと想い・・こうして記事に載せてみました。
ま、新生代第三紀や四紀の化石もいいけど・・
どうせなら白亜紀の・・しかも、N川の真白な化石なら
より純度が高く良いカルシュウムがパキ系から抽出されるのではと・・僕は単純に思った。!(^^)!



と、友達の会社から頂いた・・米袋20
これだけあれば女房と二人暮らしで何年もつだろう?
なんて想像してみた・・・米ならね。!(^^)!

実はこれ、畑の土壌改良に効果があるだろうと思っている米糠です。
先日、雪が降る前に一気に撒いても・・あれなんで(来春まで分解できないかも?)
取り敢えず5袋だけ撒いてみた。

DSC_0256_edited-1
あとは来春、様子を見てから。
それにしても、貰い過ぎたみたい・・(~_~;)
要するに、保管・・・保管の問題です。
下手なトコへ置くと、ネズミの温床になること間違いなし!
かといって漬物時期も終わったろうし・・
来年もお願いすれば貰えると思うので、とりあえず消費を考えると
魚の糠漬けにでも使うしかなさそうだ・・・
・・・・・

つかの間の・・

朝起きて・・・
IMG_1690
もう根雪かな?


一眼片手に出掛けて・・
IMG_1696
失敗作 


で、もたもたしていると吹雪に・・
IMG_1704IMG_1706
あぁぁ・・・
吹雪いてる様子は伝わっていると思うけど・・・

35枚撮って・・・ほとんど没!
なんで上達しないんだろう?・・・・
まだ、こんなんじゃバズーカなんて買ってもしょうがないか!

ちょつと親戚・・
なんか、こっぱずかしいけど行くしかないか!(笑)

http://westen.jp/about/

11月19日 朝 大雪です・・
IMG_1719


除雪の合間にパシャ!と。
IMG_1718
此の花・・このまま越冬するのか?

それにしても・・・
15:00現在 未だに降り続いています・・・

密漁は許さない!・・観点から。

昨日(15日)は朝から特に寒い日で
空を見ると、今にも雪が降ってきそうな鉛色・・・
こりゃ間違いなく降ってくるだろう・・と、あれから待つこと7時間・・・
とうとう降ってきた。(笑)
DSC_0253_edited-1
でも、今の所・・・積もる程の降りでもないが
もしかすると明日の朝は一面銀世界になっているかも?

そして今日(16日)の午後・・
IMGP9538
思っていた程・・積もらなかったが、明日(17日)はキンキン?いや!ガンガンに
冷え込みそうなので道路はテッカテカのツルンツルンのアイスバーン間違いなし。



さて、昨日のローカル新聞を見て・・・
DSC_0252_edited-2
稚内にも・・こういう掬いようのない族が居る事を知り・・
とても許せない気持ちだ。
で、冷静に考えてみると・・この確信犯はなんであの様な場所に捨てたのか?
そこで、鮭の供養・・・お前が言うな!と言われるかもしれないが
ちょつと考えてみることにした。

昔・・このクトネベツ川にイトウとかアメマスが生息していた・・
しかし、現在は水質等から・・その魚影すら見ることが出来なくなった。
そんなことから鮭が遡上する様な川ではない!
ただ・・鮭は真水が流れ込む海岸に岸寄りする習性があることと・・近年は港から幼魚の
放流事業が盛んなことから何千、何万匹と帰還する鮭の中には・・
一旦港内に戻っていながら・・海岸沿いの砂利場(産卵場)や真水を求めて彷徨う鮭もいる様だ。
そうなると、密漁者にとって絶好の狙い目となる訳だ。
しかし、此の度の犯行現場が、その川や河口だと想像すると、その地形等から・・
密漁者にとっては夜中であろうとリスクの高い場所としか思えないのだ。
しかも捨てられていた44匹の鮭は全てメスと書いたある。
そこで密漁の常套手段といえば引っ掛け、刺網、タモを使うことが多く
とくに刺網で捕獲した場合は網ごと一気に持ち帰ることも考えられる。
また河口や川で引っ掛けやタモで大量に捕獲した場合は・・てっとり早く筋子を抜いて身を
その現場の海や川へ捨てるという手口が多い。
よって今回の犯罪は夜中に近郊の港内で密漁(選別)したものを
帰宅の際に・・この場所でサバき筋子を抜き身を捨てて行ったものと推測する。
う〜ん・・・違うかな?
あとは・・警察にお任せ。



読売新聞
DSC_0253_edited-2DSC_0254
来年は・・少し期待出来そうです。

忘年会

此の土曜日(11日)に札幌で開催した鮭釣り仲間の反省会・・
残念ながら僕は遠慮させて頂きました。
にも関わらず・・その祭の画像をしっかりラインで送られてきた。

稚内から3名と札幌及び近郊から3名。
11
始め・・目にだけボカシを入れたが・・皆さん男前でハッキリクッキリなので
ボカシ効果なし。(爆)
なので、マスク(顔)全体にもボカシを入れ直した。

で、こうして送られてきた画像を拝見していると
釣り場ではこの様なマジ顔なんて見た事が無いぞと。!(^^)!
眉毛の細い人・・
口ヒゲのある人・・
ゴルゴの眉毛にそっくりな人・・
あきらかに昔ソリを入れていたと思われる人・・
おまけに高級なブレスレットやロレックスの時計をしているし・・・
しかも、暖が入ってる小部屋だというのに・・皆さん厚着
脱いだら、何か問題でもあるんでしょうか?
・・・・
僕は・・・・
こんなヤバそうな人達とお付き合いさせて頂いていたんだぁ・・と。

でも、皆さん優しい人ばかりです。

肝心の料理は・・・
15103935794091510393590519

・・・・・

151039359540615103936217461510393633397
・・・・
何がなんだか分りません。(笑)
とにかく肉!
肉!
肉!
肉づくし・・・
あれ?野菜は・・と思いきゃ漬物のみ!!
と、刺身とベーコンがチョツトだけ。

でも、楽しい時間を過ごせた様で・・・ちょつとだけ羨ましいデス。

で、気になった事といえば・・・
この後、何処へ行ったのか?
えっ、シュナックー・・・まさかでしょう。
噂によれば午前様された方も居たとか・・・

来年こそ僕も参加したいと思いますが、翌日に帰宅と思うと・・キツイなぁー。

三話続けて・・

海産物繋がり・・
昨夜頂いた、せっかくの真ダラ(2本)・・早速サバきたかったが家の中が生臭くなるので
とりあえず翌朝まで寒い物置に放置。
で、今朝・・休みだけは大企業並みに祭日及び週休二日制の
我社へ持ち込み「あずましく」手抜き(頭付)・・三枚おろしにしてきた。(笑)
時期的に・・コッコもタチも、まだまだ小さかったので捨てた。

一応、頭(出汁用)・・一個は持ち帰る。
IMGP9526

それを家に持ち帰り今度は切り身にし・・粕味噌漬け用、フライ用、鍋用に分けると・・
身の中から生魚には必ずといっていいほど寄生している・・・あの憎っき!アニサキスが
IMGP9522
う〜ん・・・・

よくよく観察すると・・
IMGP9527IMGP9525
赤印は確実に居る。
黄印はあやしい・・

あ、そうそう先日、近所の鮮魚店に並んでいたタラの切り身にも
サキスがクネクネと身の上を元気いっぱい動いていた。
やはり海水温が高いせいなのか?いっぱい居る・・
それとも、タラが獲れた海域のせいもあるのか?・・
IMGP9523

ま、いずれにしても見つけたら身から捕ってやればいい訳で
まさか生で食う訳でもないし熱を通して食べる訳だからまったく問題はない。
IMGP9528
・・・・・
あ!
人も・・・熊やキツネ・・いわゆる肉食動物の様にアレルギー反応を持ち合わせていなければ
アニサキスをメンラーの様にズルズル食っても異常が起きないのになぁ・・なんて思ったりして。(笑)
ま、中には稀にそういう人も居るそうですが・・

そこで僕なりの生魚に寄生しているサキスのベスト10を順に紹介してみょう。
1.タラ 2.ホッケ 3.アブラコ(アイナメ) 4.鮭 5.ブリ 6.黒ゾイ 7.ヒラメ 8.鰊 9.イワシ 10.イカ、

それでも僕は・・・
お正月に真鱈の身(昆布〆)を刺身で食いたいです!
ほんと美味いよー♪

真ダコと潮ダコって?・・

昨日の昼過ぎ・・会社の作業場に
トレーに入った茹でたての大きなタコのボッチが2個と足が8本置いてあった。
DSC_0252_edited-1
早速K氏に携帯を入れ御礼をする。

この画像は・・少し小さ目の方のタコで、K氏曰く真ダコだそうで
画像にはないが、これより少し大きい方が潮ダコ(♂)だと言う。
いずれにしても両方とも生で20kgはある大ダコだったそうで
コーヒ缶と比較するとその大きさがよく分ると思う。
でも、真ダコって北の海に生息していないと思うが?・・・
K氏の仲間内(漁船)ではそう呼び合っている様だ。
しかも、これより小さめの真ダコを茹でると足がポヨヨーーンと、まるまり・・
潮ダコ(♂)の場合はビローーンと足が下がったままになると言う。
しかし、画像の様な大きなタコになると足の重さから
両方ともビローンと伸びたままになると言う。

たしかし、タコに♂ダコと♀ダコは居ると思うが・・
北の海に生息しているのはミズダコかヤナギダコだと僕は思っているものの・・
そう言ってしまうと・・なんとなく情緒がなくなり、K氏らの領域を荒してしまう
様な気がして、納得しざるを得なかった。

で、一応・・念には念を入れ一旦冷凍したのを本日解凍し
食べてみると、僕は薄味系なので少し塩分が・・・
(K氏の場合・・潮ダコは塩を入れ茹でるらしい・・)
普通、タコを茹でる前に塩で揉み洗いするだけで、十分なんだけどね。
でも、流石に茹で具合は芯がみずみずしく申し分なかった♪

で、もう一つ・・言わせてもらうと・・
前浜でタコ獲り(密漁)をしている爺達の話だと「遊びダコ」ってのも居る様だ。
どうやら・・それは海保の取締りから逃れるための言訳らしいが・・
まったく、その意味が分からない。(笑)

高級なトバとガサイ石

昨日・・3ヶ月ぶりにバイトに来たK氏・・
ニヤニヤしなが車から降りてきた時に手に持っていた
今朝、獲り立てのノジュールが↓これ。
DSC_0247DSC_0246
珍しい事に・・よく割らないで御持ち帰りしてきたもんだ。
うん、もしかして・・・
その目的は〇〇マッチか?と聞くと
「よく分かったな!」
「中に手頃で良いモノが入ってるかもしれないぞー♪」と言うから
ちっこいのは別にして7,8cmモノは・・まず入ってないな!
このサイズのノジュールに・・もし、含まれているならノジュールの形成過程と
その後の保存過程から形跡が見られるはずだ!
よし!300円で買った!
「割る!」
足代を含め3,000円・・・
「割る!」
じゃ、割れ!
するとK氏・・何を思ったか?後生大事にロッカーに仕舞い込んだ。(爆)


そしてそして・・・
ようやく完成♪
見て、この色と艶♪
DSC_0248
超、高級なトバが完成した。
やはりメスでも沖回り(本州)なら・・まだ脂がのってるいるので
この様な仕上がりになるということですね。
ま、後にも先にも定置網モノでトバを作る人は居ないでしょうし
正直、こんなに脂がのっているなら・・塩焼きにしてみたかったです。

一方、もう一匹の方は・・
DSC_0249
同じトバでも作り方次第では・・こうも見た目が違うのか?
一切れ食ってみると・・あのダシが効いたのか?いい味出てた。(爆)

と、いうことで・・
とりあえずシートで包み此の状態の維持と殺菌効果を期待して
冷凍保存にした。

ちょつと後悔も・・

こんばんは。
此の三連休・・皆さん如何御過ごしでしたか?
こっちは寒かったこともあり僕はなんにもすることなく家に籠っていました。

さて先日・・
10年程前までアンモの仲間の一人だったA君に
これ使わなくなったので誰かに譲りたいので、
なんとかならないかと相談を受けた。

バギー 
たしか125ccだったかな?
バギーDSC_0207_edited-4

新ピンだと40万くらいと聞いていたので
半額以下の15万くらいなら僕が買ってもいいかなと内心・・思って
なんぼで手放す?と聞くと・・
「う〜ん・・15万ほしいと。」
やりぃー♪(正体不明の心の声)
金・・早い方が良いなら僕が立替えるわ!と商談成立。

昔・・・
A君所有の・・何故かピンク色のバキーで、山へよく行ったことを思い出した・・
悪路の林道には・・もってこい!
http://livedoor.blogimg.jp/masa7mt/imgs/2/b/2bbb5902.jpg

そんな思い出から来年は是非!あの産地へこれでトライしょうと思ったのも束の間・・
これを山へ積んで行く事を思うと最低・・軽トラを用意しないといけない。
チッ!
こういう事が分っていたなら2、3年前にデーラーから買った中古の軽トラ・・
売るんでなかった・・と、少し悔やむ。
http://livedoor.blogimg.jp/masa7mt/imgs/8/5/85797d3c.jpg

実はその軽トラ・・デーラーから買い得と勧められ
価格はともかく維持費も安いし、小回りという観点から会社に一台くらい
あれば何かと便利だろうし最悪は私的にも・・と想い購入。
しかし、想いが外れ・・まったく使う事もなく1年が過ぎ・・・
バッテリー等のトラブルで、即!売却。(ちょつと高い授業料でした)

と、いうことで・・いろいろ考えた挙句・・画像のバギーを売却。
で、今回はこれで良かったよ♪と、僕の天使(心)は言って居られましたが・・
一方、僕の悪魔(心)は来年・・あの産地へ行くんだったら・・
とりあえず、売らなきゃよかったべや!と。

さて、どうしたものか・・・!(^^)!

淡路アンカーと・・・ドク

一昨日送られてきた来年のためのアンカー
DSC_0251_edited-1

使い方はこうだ!

DSC_0242
今まで使って来たマッシュルームアンカーと違い引き上げるに時に
水の抵抗が掛からないので非常に楽らしい。
それと、図にも書いている様に海底で根掛かりした時に
汐上にボートを移動させると、巻いたアルミ線が外れ簡単に引き上げられるという利点がある。
値段も4,500円と御安い。
NESAさん参考にして下さい。

と、ジャストモーメント!!たった今、K氏からライン(画像)が送られてきた。
で、その画像を紹介しょうか?するまいか?・・・迷ったが
どうせ僕が作った僅かなトバへの当て付けだろうし
そういう魂胆ならと・・・あえて紹介することにした。(笑)


なんだぁーこれ!毒々しい色・・・口に入れるものとは思えない・・
15095191326721509519141711
ま、干せれば少しは見栄えするけど・・

そして、この量・・・
1509519137332

どうやら仕事の関係で台所の排気口のとこで、干しぱなしにしたようだけど・・
大丈夫か?
こんなに・・どうするんだろう?
まさか・・孫がいっぱい居るからって・・食わせる気だろうか?

で、携帯が入り「見たか、食うならヤルゾ!」って言うから・・・
速攻で、O157になりたくないからいらない!
「なんもだで、食えるで!ただ、ブナだから見栄え悪いだけだ」って。
いいや!いらない!
あんたが食えたからって、ぜんぜん安心出来ないから。
と丁寧に御断りしました。(爆)
まずは事件にならなければいいが・・・

3年ぶり?・・・

一週間ほど前に腹の抜いた♀鮭2本を手に入れていた・・
これは、なかなかの♀なので塩焼きやフライにしても美味しいだろうと思ったが
どうしてもトバという二文字が頭から離れず、とりあえず冷凍保存。

それで昨日、仕事が休みなので会社で一人あずましく・・
トバ作りをしてきた。
DSC_0242_edited-1
まずはウロコを綺麗に剥ぎ反り・・・
三枚おろしにし、ハラスも切り落とす。
DSC_0243_edited-2DSC_0246_edited-2
ハラスは・・三平汁用か塩干しにして焼いて食べるか?
の前に・・スマホ生臭!!(爆)

この後は・・身をカッターの刃で二通りのやり方でスライスにし
あらかじめ用にしておいた飽和食塩水に3回ジャブジャブ・・ジャブと簡単に濯ぎ
一気に干す。
DSC_0247_edited-5DSC_0250_edited-3
が、うっかり忘れていたことが・・・
画像で御分かりの様に・・干せやすい様に内側に空き缶で細工するのを
忘れていたため、急遽・・ペットボトルで細工した。
(本当は大きさ的にビールの缶がちょうどよろしい)
あとは直射日光に当てないで、1週間(身の厚さによる・・)ほど風に当てるようにして
置けば・・ほぼソフトトバの完成となる・・なるはず。

あと4.5本作りたいけど・・トバのために買う気もないし
かといって、もう〜タダで手に入りそうにない。!(^^)!

ちなみに・・
オスの特別価格 kg700円×4kg=2,800円
片腹(トバ)1,400円×2=2,800円
ハラスは焼いて食べるにしても・・・

同じくメス kg1,200×3.5kg=4,200円
生筋子(イクラ)を2000円で買ったと思えば
2,200円でトバが食える。
(筋子(イクラ)二腹で2000円では買えないと思う)ので
イクラとトバが好きな人は・・こっちの方が絶対に得かも。

勿論、加工費はサービス・・

ということで、一般に市販されているトバの値が高いのが分りますね。
僕なら絶対に買わない・・トバほとんど食わないし。(笑)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
Archives
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ