BLOG PHOTO GALLERY PROFILE  

2006年03月31日

KOBE.TV開局?開設?開始?

 フットボールを通じて学んだコアビリティートレーニングを基本とした女性向けのトレーニングを「コア・シェイプ」と命名してkobe.tvで公開が始まる。4月1日から毎週4本ずつ新しいメニューを公開していく。シェイプアップ体操は数あるがコアシェィプは楽ではない。簡単ではあるが決して楽ではない。といっても血反吐が出るほどしんどいと言う事もないので・・・。まぁこのブログをいったい何人の女性が見てるか知らないが・・まぁ一度暇つぶしで覗いてみてください。無料ですし・・・。  

Posted by masa_52 at 20:18Comments(25)TrackBack(0)

2006年03月26日

木下凄い。

 NFLEのアムステルダムで頑張ってる木下君、キッキングでリターンTDをしたらしい。凄すぎる。NFLやNFLEをよく見られてる方はご存知だと思うがそうそうあるものではない。日本のリーグのように上位校と下位校の力の差が激しい状態ではちょくちょく見られるが、力の均衡しているリーグでリターンTDはそうそうお目にかかれない。もっと皆に事の重大さを理解して欲しい。とにかく凄い。  
Posted by masa_52 at 01:46Comments(23)TrackBack(0)

2006年03月23日

WBC楽しそう。

 ホンマに選手達楽しんでやっていたように見えた。イチロー選手の今までとのメディアに対する変貌ぶりに週刊誌なんかでは松井選手の人気が上がってきたからあせってとか書いてあったが、純粋に楽しかったんちゃうかな?全くレベルの違う話だが日本代表としてアメフトのワールドカップ(知らない人のほうが多いだろうが・・)でイタリア遠征に行ったときもむちゃくちゃ楽しかったように記憶している。常日頃自分の感情に対して理由付けを求めたがる性分なのだが当時は異常なまでの楽しさの理由が結局分からずじまいだった。
 今回のWBCの日本選手を見ていて思ったのだが非常に高いレベルにある選手が自分と同等もしくは自分以上の能力を持った選手の集団に入る中で自分自身の成長を感じるとともに高いレベルでのあうんの呼吸を体感できたりするからじゃないだろうか?トップ選手に付きまとう産みの苦しみというものから一時的に開放されて少年のように野球を楽しめたのではないだろうか?
 「楽しそうにしてんねんからいちいち理由付けすんな」という声が聞こえてきそうだが・・・。  
Posted by masa_52 at 15:42Comments(14)TrackBack(0)

2006年03月18日

ホームランやろ・・。

 またやらかしおった。ここまであからさまなミスジャッジすると色々疑ってしまうな・・。想像力豊かな人は色々考えるから・・。メディアでの取り上げられ方がイマイチやからわざと誤審をしているとか、審判がラスベガスのスポーツベッティングに1財産かけてるとか・・・・。俺はそうは思っていないで、でもそんなアホみたいな事を考えてしまうくらいあからさまな誤審じゃないか?「人間やからミスもする」という範囲を超えてないか?
 現場の選手の気持ちを考えるとむしゃくしゃする。  
Posted by masa_52 at 02:09Comments(18)TrackBack(0)

WBCでは世界一は決まらない。

優勝チームが決まる前に書かないといちゃもんつけみたいなので今書くが、野球というスポーツの特性を考えると一発勝負、短期決戦で優劣を決めるのはあまりにも無理がないか?3割の強打者でも7割は失敗するということである。1チームに一試合10安打以上出ても各回に散らばっていれば一点も入らないということもあるだろう。逆に2安打でも一点取るということもある。長いシーズンを通して3割5分を打っている選手が3試合くらいの間ノーヒットなんていうことは珍しくも何ともない。野球には野球なりの緻密な戦術があるのは承知だがすべての戦術がピッチャー対バッターの大きくても3割(投手側からすれば7割)という確率の上で成り立ってるというなんとも不確定な要素が多いということである。たとえばアメリカンフットボールで戦術通りにノーマークになった選手にパスを通すという行為にほとんど失敗はない(NFLの場合)、もちろんあるにはあるが間違いなく90パーセント以上の確率で通すだろう。
 もちろん不確定要素が多いというのも野球の魅力ではあるが・・・。  
Posted by masa_52 at 01:19Comments(13)TrackBack(0)
Copyright (C) 1996-2005 livedoor Co.,Ltd. All rights reserved.